そこへ行きたい

Category : エクアドル

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.13[日] イグアナとカニ道楽の街 グアヤキル

リマをバスで出てから外の景色はずーっと砂漠。
日が暮れて寝て、夜が明けて目が覚めてもまだ砂漠。
ペルーの北がこんなだとは意外だった。

少しずつ人家が増え、時々町も通るようになった。
1re16342.jpg
そして国境。
エクアドルに入ったとたん、
人の数が増え、露天商がひしめきあっていた。
また新たな国へ入ったことを実感する。

しばらく走るとまた人が少なくなり、
2re16341.jpg
今度はどこまでも、どこまでもバナナ畑。
そういえば、日本で売っているバナナにも
エクアドル産って書いてあったっけ。

グアヤキルには夕方に着。
あの生き物の宝庫、ガラパゴス諸島への拠点となる町。
今回は行かないけど...

そんなイメージがあるので
緑の溢れる素朴な町と勝手なイメージを抱いていたが、
車がひっきりなしにクラクションを鳴らし、
人ごみがぞろぞろとうごめく賑やかな都会だった。

翌日、朝早く起きて動物園へ。

バス停に行く途中に寄ったのがセミナリオ公園。
別名、イグアナ公園。
なんとイグアナが何十匹も公園内に放し飼いになっているという。
しかし、探せど探せどイグアナはいない。
3re16339.jpg
木の上にいるのかと探すといるのは猫のみ...
あきらめてめて動物園へ向う。

のちに、そこはセミナリオ公園ではなく、
セメントリオ公園であることが発覚。
紛らわしいんじゃい!またもや自分の早とちり...

動物園に到着。
思ったより小さな動物園で、なんと客は自分達だけ。
無料のガイドが案内してくれる。スペイン語だけど...
4re16350.jpg
いきなりゾウガメ!かわいいのぉー。90才だって!
いつかガラパゴスで野生のものを見たいものだ。
5re16340.jpg
ここはネコ科の動物が充実している。

動物もあまり人間を警戒していなくて、
しかも檻ぎりぎりまで近づけるので動物との距離が近い。
金網の目が粗いのでちょっと手をだしたら動物に触れてしまう。
もちろん禁止だけど。
6re16338.jpg
すんごい顔の鳥。
日本の動物園ではなかなか見られない動物がたくさんいる。
客が少ないからだろうか?
ケージは狭いが動物の状態が良く毛並みがいい。
なかなか良い動物園だった。

町に戻って昼飯。目的はこれ。
7qre16334.jpg
カニ!マングローブの泥地で獲れるここの名産。
前日の夜に地元の人で一杯だったレストランだ。
今日水揚げされたのだろう。まだ生きている。
当然カニを注文。1匹US2$。
そうそう、エクアドルの通貨は米ドルなんです。

その動いている活きがいいのを茹でてくれるのかと思いきや、
冷蔵庫からすでに茹でてあるやつを出してきた。
7re16347.jpg
うーん、味はいいのだが身がパサついている。
夜の回転がいい時に来なきゃ新鮮なのは食べられないのか?

お腹も一杯になり、本当のイグアナ公園、セミナリオ公園へ。
8re16349.jpg
パッと見はどこにでもある綺麗な公園。
こんなところに本当に....
9re16332.jpg
いたっ!
10re16320.jpg
あそこにも!
11re16321.jpg
本当に公園中にイグアナがいてのんびりしてる。
なんだここは....
12re16326.jpg
もう地元の人はイグアナにまったく関心がない様子。
それほど当たり前の風景になっているようです。
日本の公園のベンチにイグアナが座ってたら大騒ぎでしょ?ふつう。
13re16330.jpg
触っても嫌がらない。
イグアナも人の存在が日常になっている。
14re16317.jpg
こいつはなでられて気持ち良さそう。
15re16318.jpg
子供達も大はしゃぎ。されるがままのイグアナ。
自分がもし小学生くらいの頃にここに来たら大興奮で一日中いるだろうな。
16re16345.jpg
かこいいねぇ、この恐竜的な感じ。
17re16324.jpg
見つめあうハトとイグアナ。
ハトもイグアナを怖がらない。
18re16331.jpg
イグアナを存分に満喫した。
19re16337.jpg
池にはワニガメのようなイカツイ亀がウジャウジャ。
この公園、生き物好きには堪りません!

でもしっかりとした柵があるわけではないのに。なんで逃げないのか?
ここにイグアナを放し飼いにしようと思ったエクアドル人がすごい。

夜ご飯はちょっと贅沢してホテルにあるエクアドル料理店へ。
地元民にも人気で賑わっていたが自分達の舌には合わなかった。
まだお腹に余裕があったので、昼に行ったカニの店にリベンジへ!
20re16336.jpg
やはり地元民でいっぱい。
21re16333.jpg
ドロガニだけじゃなく、ワタリガニもあったので食べてみた。
後ろに見えるハンマーで割って食べる。
うまい!やはりこの店、夜はカニが新鮮で瑞々しい。

ハンマーで割って二人とも無言でむさぼる。
客がみんなハンマーでカニを割って食べているので、
目をつぶると「ガン!ガン!」とハンマーで叩く音が店に響く。
レストランではなく何かの工場という感じ。
この作業がまた楽しい。お代わりまでしてしまった。
22re16335.jpg
カニチャーハン用にカニをほぐすおばちゃん達。

そんな感じでグアヤキルを満喫。
次は首都、キトへ向います!

****************** 旅 情 報 **********************

●交通

①リマ→グアヤキル(エクアドル)

国際バス  ORMENO社

15:00発翌17時頃着(所要時間約26時間)

US70$/1人(≒6500円)

バスは古いが中は広く快適。予定より2時間早く着いた。
出発日の夜、翌日の朝、昼に食事が出る。
夜と昼はできたての温かい食事を出してくれる。味もおいしい。
朝はサンドイッチと飴とチョコ。

リマはバスターミナルがないのでいくつかの会社の値段を調べて選ぶ
ということが難しい。他に安い国際バスはあるかもしれないが、
歩き方に載っているこのバスにした。


②グアヤキル→パンタナール動物園

1、セントロ→バスターミナル

所要時間15分 US0.25$/1人
 
キト通りの「PARADA DE BUS」という
青い看板のあるバス乗り場(数百mごとにある)から、
TERMINALと表示のあるバスに乗る。


2、バスターミナル→パンタナール動物園

所要時間25~30分 US1.20$/1人(ターミナル使用料込み)

ターミナル内、カウンター103番でチケット購入。
後で気づいたが、DAULEまでを買ってしまったので
動物園までならもっと安いかも知れない。
帰りは反対車線で待って赤いバスを拾う。
US0.5$/1人で行けた。

動物園入場料はUS4$/1人。


●宿泊

グアヤキル

HOTE MILENIO

住所 :Aguirre 1203
TEL :2513134

ダブル、トイレシャワー付、冷房付き

US12$/1室(≒1120円)

おすすめ度★★★☆☆

ホットシャワーがあるとの情報を得てここにしたが、
水シャワーだった。電気の温水器はついているので
以前はホットシャワーだったのかもしれない。

部屋によって設備や広さがまちまちなので
いくつか部屋を見せてもらったほうが良い。
窓付きと指定して見せてもらい101号に決めた。
ソファーや机があって広く、まぁまぁの部屋。
冷蔵庫付きの部屋もあるらしい。
同じビルにカラオケバー
スポンサーサイト

2010.06.14[月] エクアドルの首都 キトへ

グアヤキルからキトへ向けて出発。
1re16374.jpg
食事休憩の時にジャンボバッタ発見!
自分顔が長いからあまり大きく見えないが、
笑っちゃうくらいでかかった!

山道を登ってキトの町が見えてきた。
キトは首都だがグアヤキルと比べると大きなビルもないし、
人気もなくてなんだか寂しい町。
宿に着いたころには日がドップリと暮れていた。

翌日。
2re16371.jpg
ホテルの窓からの景色。
ここは旧市街でかつてはインカ帝国北の首都だったらしい。
なかなか綺麗な街並みではないか。
3re16368.jpg
早朝に宿を出て、町を歩く。
4re16370.jpg
緑の山々に囲まれているのもキトの特徴。

それから向った先は赤道記念碑。
5re16366.jpg
もなかの右足が北半球、左足が南半球!
といいたいところだが、実はこの赤道の位置は200mくらいずれているらしい。
きちんと確認せずこんなでかい碑を作ってしまうところが、
すごいぞエクアドル人。

で、本当の赤道は北へ200m行ったところ。
6re16365.jpg
ここには博物館があり、赤道ならではの実験を見せてくれる。

例えば、水槽などから排水するときの水の渦巻き。
実はこれは地球の自転による力「コリオリの力」が作用していて、
北半球と南半球では渦巻く方向が逆になるという。
上の写真の赤い線が赤道。
7re16364.jpg
向って右の北半球でする場合と、
左の南半球でした時の渦巻きが確かに逆だ!
たった数mしか違わないのに。
そして驚いたのが赤道上でやった時。
これが全く渦巻かないのだ!

でもこの実験にはからくりがあるなんて人もいる。
本当にこんなことが起こるのか?
確かにドデカイ地球を考えたとき、
この数mの差が本当に意味のあるものなのか疑問に感じる。

他にもいろいろな実験をした。
8re16363.jpg
例えば赤道上を目をつぶってまっすぐ前に進むのが難しいとか。
これは赤道上では(地球の自転の遠心力ので?)重力が他より弱いせいだとか。
本当かどうか知らないけど、確かに他のところと比べると歩きにくい気がする。
洗脳されているだけなのかなぁ?

これが日本の博物館だったら信じるんだけど、
エクアドルだからなぁ。テキトウなことやってそうな気がして、
どうも疑心暗鬼になってしまう.....

博物館の敷地でハチドリ発見!
9re16367.jpg
でもガイドはノータッチ。
ハチドリってこっちではたいして珍しいもんじゃないのかもね。
10re16369.jpg
町に戻る途中のバスの車窓から。大道芸人?

グアヤキルの失敗に懲りずエクアドル料理レストランに入ってみる。
11re16373.jpg
うむ。
豚肉、バナナ、ジャガイモがとにかく揚げてあって、
なぜかポップコーンとジャンボ揚げ餃子のような南米名物エンパナーダ。
これれが皿に雑に盛ってある。以上。
一応料理名はあるが(忘れた...)、
これはエクアドル料理というより、
エクアドル的盛り合わせというべきでは?

エクアドルの食はグアヤキルでカニを食べていれば
それで十分な気がします。

翌日はコロンビアへ移動します。移動続きで大変です。
国際バスが通ってないのでバスを乗り継ぎしまくっての国境越え。
16日にカルタヘナからの飛行機を取ってあるんで急がなきゃ。
あと4日で辿りつけるんだろうか?

忙しいので更新遅れるかもしれません。
ではまた!

****************** 旅 情 報 **********************

●交通

グアヤキル→キト

バス  Panamericana社

9時過ぎ発18頃着(所要時間約9時間)

US8.2$/1人(≒760円、ターミナル使用料US0.2$込み))

グアヤキルバスターミナルの70番カウンター。
チケットカウンターにあったバスの写真が綺麗なので
ここにしたが実際来たのはボロバス。
でもみんなこんなもんかも。

キトには一年前に新しいバスターミナルができているので注意。
しかも北と南に2箇所ある。
地球の歩き方に乗っているセントロのバスターミナルではない。
宿スクレまではかなり遠く、タクシーで値切ってもUS6$だった。


●宿泊

キト

SUCRE

住所 :Boliviear 615y Cuenca
TEL :295-4025

ダブル、トイレシャワー別、キッチン

US3$/1人(≒280円)

おすすめ度★★☆☆☆

有名な日本人御用達の安宿。歩き方にも載っている。
建物は古く綺麗とはいえないが安さが魅力。
シャワーはガスで熱いお湯がガンガンにでる。

Wifiが使えるという情報を聞いたが、
自分たちが行ったときにはなかった。(故障中?)
日本語が使えるPCが設置してある(有料)。情報ノートあり。
二階の6号室はバルコニー付きで旧市街の眺めが良かった。
宿のおじさんが陽気で親切。

でも宿の雰囲気は暗く、宿泊客も独特な感じで
居心地が良くて有名というのが自分達にはピンとこない。

盗難も多いと有名な宿。
宿で渡される南京錠は安物で、なんと他の鍵でも開いてしまう。
自前の南京錠を使用し、持っていればパックセーフなどで
部屋内に荷物を固定するなど防犯はしっかりと

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。