そこへ行きたい

Date : 2009年11月

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.02[月] ヴォルタ川で釣り

釣りの許可証を取るのにエネルギーを費やしすぎた。
さらに苦労して調べてわかったトラウト爆釣の清流は
ルアーではこの時期禁止ということがわかり、
一気にテンションが下がった。

ルアーで狙えるプラハ近郊のポイントを探そうと思ったがなかなか見つからず、
もう市内を流れるボルタ川でやってみるか...と最後はグダグダの決断。

許可証取得でお世話になったPavel氏(名前公開OKだそうです!)に
メールで相談すると、長いメールをすぐにくれた。

ボルタ川のポイントを緯度、経度で正確に教えてくれ、
それぞれのエントリー方法まで地図に書き込んで添付してくれた。
一体どこまで親切なんだ!!!!
そして多忙にもかかわらず、なんで瞬時にあれだけの
情報を素晴らしくわかりやすくまとめられるのだろう?
親切だけでなく、非常にできる男なのだ、きっと。

Pavel氏とのやり取りを見ていたもなかが、
彼を世界一親切な人に認定した(笑)


さて、早速、大都市プラハを流れる清流とは程遠い、
まぁしかしドブ川というのは失礼というレベルの
ボルタ川でルアーを投げてみた。
最初に行ったのはPavel氏一押しのポイント。


大きな堰。魚道はあるが、ここで多くの魚が足止めされるはず。
遠くにプラハ城が見える。

異国の街並みを見ながらキャストをするのも結構ワクワクする。
どんなヤツが食っちゃうんだろう?

しかし、流芯近くにはチェストハイウェイダー(ゴム長)がいる。
当然、持っていない。
岸から届く範囲では結果が出ず。
気合入れて水着で川へ入ろうかと考えていたが、
朝のあまりの寒さに断念。
BGresize0872.jpg
半ズボンなのは、少し浅いところに入ってみたから。
10秒で体がガタガタと震えてくる。
水着でつかるなんてとんでもない。

このポイントは諦めて、
川沿いを歩きながらポイント探し。
Cresize0869.jpg
カレル橋と街並み。
この辺には観光客がウジャウジャいて、
当然誰も釣竿持っていない(笑)

釣竿片手にサンダルで歩いている東洋人を
みんなジロジロ見る。

前から気になっていた小さな支流に着く。
橋の上から30cmほどの魚がたくさん見えた。
狙いはでかい虹鱒かパイクだったが、
とりあえず魚の顔が見たいという誘惑に負けた。
小さいスピナーを投げてみる。
一投目からヒット!
Dresize0868.jpg
コイ科の魚。
まぁこっちでは日本のウグイ的な存在で外道。
でもなかなかのファイターで面白い。
Eresize0874.jpg
おー!!!これは一度見てみたかったパイク!!
大きくなる魚で1m以上、20kgにもなる。
これは40cm弱の1歳魚だが。
ヨーロッパでは人気の淡水魚。
Fresize0871.jpg

でっぷりと太ったレンボー(虹鱒)

観光客が橋の上から釣りの様子を覗き込み、
魚を見てワーワーと騒いでいる。
こんな街中の小さな川に虹鱒やパイクがいる。

正直、パーミッションや許可証などめんどくさいと思ったが、
そうやって規制しているからこそ魚が守られるのであろう。

魚がいることを確認し俄然やる気になり、
本流の瀬や瀬の出口をミノーで探る。
しかし日没までバイトすらなし。
翌日もダメ、最後にまた支流で小魚と遊び、
プラハの釣りを終了。

初めての魚種に出会えたのは良い経験だった。
しかし、きちんと準備をしてまたチェコでの釣りにチャレンジしたい。
朱点が鮮やかなブラウントラウト、
メーターオーバーのパイク。
釣ってみてぇなぁー......

****************** 釣 情 報 **********************

◎ヴォルタ川でのパーミッション

Uzemni svaz mista Prahy
Address: U Sovovych mlynu 1/134
118 00 Praha 1 - Mala strana

Telefon: 222 248 109 - 10

Fax: 222 248 108
E-mail: info@rybaripraha.cz

www: http://www.rybaripraha.cz/

1日券=300KC(≒1500円)
2日券=400KC(≒2000円)
1週間=忘れた...たぶん1000KCぐらい

土日はやっていないので注意。
平日もやっている時間が短いので午前中に行くのが無難。
場所は中心街方面からカレル橋を渡って階段で左へ降りる。
5分ほど歩くと芝生のある公園がある。
その敷地内、川沿いに現代美術館がある。
でっかい赤ん坊のモニュメントが目印。
その上流がわに二階建ての建物があり、
その2階。1階はレストラン。
門が閉まっているが、インターホンを押して名乗れば開けてくれる。

スポンサーサイト

2009.11.04[水] プラハで9泊

結局プラハには9日間滞在していた。

◎散歩

釣りの準備や釣りをしていない時は、
プラハ市街やプラハ城を散歩。
Aresize0863.jpg
ペトシーニ公園から見るプラハ城。
Bresize0864.jpg
これは市街地のビル内にあるちょっとショッキングな像。
馬の口から舌が出ているのがリアル。

夜のプラハも散歩してみた。
Cresize0859.jpg
丘の上にボーっと光って浮かぶプラハ城はなかなか幻想的。
Dresize0867.jpg
これはナショナルシアター。
こうやって夜はライトアップしている建物が多い。



◎食事

昼食は安いランチを狙って外食、
夕食はスーパーで野菜とハムを買い、
毎日サンドイッチ。
ハムが安くてうまいので飽きなかった。

スーパーには20種類近くのビールが売っている。
500mlビンで価格は20円~100円。(ビン代15円が別にかかる)
自分は毎日違う種類を飲み、全種類達成。

つまみはサラミ。
皿が見えないぐらい敷き詰めたほどの量で50円前後。
これも何種類もありどれもうまい。

ビールはどれがうまいか飲み比べたのだが、
結果わかったのは、

高いのがうまい!


というとてもつまらない結果だった。


最終日の夜はちょっと贅沢なレストラン。
これもPavelに教えてもらった。
現地人の情報がもっとも確かだ。
Fresize0860.jpg
本格的なチェコ料理。白いのはチェコ名物蒸しパン。
まぁこれはいわゆる蒸しパンで特にうまいわけではない。
肉も柔らかく、ソースも贅沢なこってりとした味付けで
ビールが進む。最後の夜にふさわしいご飯だった。


◎出会い

これだけ長くいると多くの出会いもあった。
日本人の旅人も多かった。

イギリスでボランティアをしていたT君。
とても感じのよい青年で、
もうすぐ日本に帰るというので、
粉末味噌汁をくれた!!!!
本当にうれしかった。ありがとう!
ここぞというときにいただきます。

ハンガリーに留学しているKさん。
芸術に興味があり美術館めぐりをしていた。
ハンガリーを訪れた際は学食へ案内してくれるとのこと。
海外の学食。マニアックでいいですな。楽しみです。

自分達と同じ年代で、しかも同じ時期に出発したT&Y夫婦。
Yさんの旅の体験談がとても面白く、
久々に腹がよじれるほど笑った。
なんと彼らも旅立つ前は島暮らしをしていた!
しかも夫のTさんは釣好きでそのために移住したとか!
おいしそうなマダイやシマアジの写真を見せてくれた。
共通点も多く、南米でまた会う約束をする。
彼らは今頃もう南米にいるはずだ。

そして、釣り許可証でお世話になったPavel。
ずーっと世話になりっぱなしなので、
ご馳走させて欲しいと夕食に誘った。

ここのレストランも彼お薦めの場所で、
地元の人で賑わっている。
豚肉のステーキが絶品。ピザもうまい。

彼とは釣りの話をはじめ、互いの国のことなどいろんな話をした。
自分より3歳若いが何ヶ国語も操り、
魚だけでなく歴史や文化などにも詳しい。

日本人が麺類を食べるときにズルズルと音を立てること、
日本語の文法(語順)、風呂の入り方など興味深く聞き、
メモしていた(笑)

彼の名前をひらがな、カタカナ、漢字(当て字)で書くと
「これを拡大コピーして貼っとくよ!」
と大喜びしていた。
Eresize0866.jpg
またチェコを訪れ、今度は彼と一緒に釣りに行きたいものだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


あまり観光はしなかったけど思い出深いプラハ滞在だった。

トラム、地下鉄の乗り方を覚え、安いスーパーを見つけ、
値段の相場もわかってきて、釣りもして、友達もできた。

がんがん観光する旅より自分達には
こんな生活するようなスタイルが合っている気がする。

また居心地の良い場所が見つかれば長居をしよう。

プラハを去るときは少し寂しかった。
これはポーランド、クラクフに向かう列車の中で書いている。
クラクフでは、アウシュビッツを訪れる予定だ。

2009.11.05[木] ポーランド、クラクフへ

寒い!

クラクフに着いたときは夜だったが、
バックパックとデイパックでサンドイッチされていて、
寒さがよくわからなかった。

翌日に外へ出ると、快晴だったがとにかく寒い!
自分はいつものことだが何も考えないで
こんな時に限って暖かいフリースを洗濯してしまったのである。

まずはポーランド料理で腹ごしらえ。
AAresize0876.jpg
ポーランド料理を聞いてそれを注文した。
名前は知らない。
手前のはキャベツに飯が包んであり、
マッシュルームソース。
奥のは野菜とソーセージなどの肉類の酸っぱいシチュー。
両者とも初めて食べる不思議な味だが、
なかなかおいしかった。
結構雰囲気のある店だが一品600~700円とリーズナブル。


ガタガタと震えながら町を散歩。
公園を通って町の中心へ向かう。
Aresize0877.jpg
紅葉した葉はほとんど落ちてしまい、
公園中が黄色のじゅうたん。
もう冬が始まろうとしている。
そりゃ寒いよ。

ハトの群れを見つけたので、
ちょっといたずら、ではなく、
動物行動学の実験をしてみる。

地図コーン状に丸め、そこにあたかもマメがあるように
手を突っ込み、マメを撒くようなジェスチャーをする。
Bresize0881.jpg
「マメでぃ!マメでぃ!!」
頭をすばやく前後させながら
凄い勢いでハトが寄ってきた。

ゴメンよ。
今度は本当にうまいマメ買ってくるからな。

Cresize0882.jpg
町の中心の広場。
Dresize0883.jpg
観光用の馬車。
Fresize0875.jpg
ここにもハトがやたらたくさんいる。
そしてやたらヒトに慣れている。

まだ宿を出て数時間だが、
寒さに弱いもなかがギブアップしたので宿に帰る。

明日はアウシュビッツ収容所の見学。
寒さ対策をしっかりしなくては。

その記事はまたUPしまーす。

****************** 旅 情 報 **********************

●交通

プラハ→クラクフ

鉄道 
14:09発21:46着(所要時間7時間37分)

500CZK/1人(≒2500円)

下記サイトにて予約。
http://www.cd.cz/static/eng/

夜行は高いし治安が良くないらしいし、
バスはあったがなぜか列車より高い。
窓際のテーブルのある席を指定したし、
座席は広くてきれいで快適だった。


●宿泊

クラクフ

Zodiakus Hostel

住所 : ul. Augusia?ska 4, Krakow, Poland, 31-064, Poland
TEL : +48 12 431 16 76

10ベッドドミトリー、トイレバス共同、キッチン、Wifiフリー
朝食付き

21PLN/1人(≒650円)

おすすめ度★★★☆☆

部屋は3部屋しかなく、かなりこじんまりした宿。
共同スペースでは欧米人がいつもたむろっている。
夜に「みんなウォッカの時間だよー!」
と宿の人がウォッカを配ってくれる。
ホテルブッカーズの評価が良いのはそういうところだろう。
欧米人はみんなでワイワイを宿に求める傾向にあるらしい。
確かに交流は楽しいが、ほっと落ち着ける感じではないので
評価が分かれるところ。
宿のスタッフはかなり感じが良く親切に対応してくれる。

2009.11.06[金] アウシュビッツ

アウシュビッツ、ビルケナウ強制収容所へ行った。
一部残っている収容所の施設が今は博物館となっているのだ。
例によって自分はこういうことに関しては本当に無知なので、
強制収容所はドイツにあるものだとばかり思っていた。

強制収容所はクラクフからバスで1時間30分、
オシフィエンチム市にある。

到着するが入り口付近のすごい人、
そのほとんどが修学旅行らしい若い学生。
Aresize0890.jpg
まずはゲート。
「働けば自由になる。」と書いてある。


博物館に入っても人垣で展示物が見づらく
ギャーギャーと話し声がうるさいので、
先にビルケナウ強制収容所へ行くことにした。

アウシュツビッツから無料のバスで数分で着く。
ここは収容者増加のため、
アウシュビッツ収容所の後に作られた広大な収容所。
BAresize0886.jpg
列車のレールがそのまま敷地内へと入っている。
ヨーロッパ各国からのユダヤ人をはじめとする収容者たちは、
列車でそのまま施設に運ばれていたのだ。
Bresize0888.jpg
高圧電流の流れていた有刺鉄線が敷地を囲み、
その外側には100mほどおきに監視塔のようなものがある。
その当時から60年以上経った今でも、
敷地内にいるだけで威圧感を感じた。
Cresize0885.jpg
収容者達の宿舎。
建物は隙間だらけで冷たい風が吹き抜ける。
しかし今はまだ11月初め。本当に寒くなるのはこれからだ。
三段ベッドにマットレスでなくワラがひかれていたそうだ。
まともな食事を与えられず、毎日重労働、
そして寝床の劣悪な環境。
これでは生きているほうが不思議だ。

同じ宿のメキシコ人が、
「まるでケンタッキーのブロイラーのような扱いだ。」
なんて言っていた。
しかしブロイラーの方が餌を十分に与えられるだけましかもしれない。
何の罪も犯していない同じ人間に対しての扱いとは思えない。
Dresize0889.jpg
ここはガス室があった跡。
労働力にならないと判断された子供、女性、老人などが大量に虐殺された。
裸にされ、ガス室へ強引に誘導される収容者の写真があった。
まともに見られない。

そして奥の広場では死体が焼かれていたそうだ。
死体をゴミのように扱っている写真がある。
あまりに卑劣だ。

そして敷地の一番奥の建物。
ここは収容者がまず連れてこられるところ。
消毒され、所持品をすべて没収される。
Eresize0887.jpg
おそらく没収された所持品の写真だろう。
強制収容所での犠牲者は数十万人とも数百万人とも言われる。
数字で言われてもなかなか実感として湧かない。

しかし、これらの写真を見て胸が張り裂けそうになった。

収容者の大切な思い出なのだろう。
スキーをしている写真、
楽しそうなパーティーの一場面、
家族との写真。

その個々の幸せで素晴らしい人生が、
ナチスの馬鹿げた思想によって消されてしまったのだ。
本当にやりきれない。
怒りが込み上げてくる。



再びアウシュビッツに戻る。
先ほどあれだけいた人がほとんどいなくなっていた。
建物の中は薄暗く、2人でいても心細い。

展示によるとこの政策に対して反対運動をした人も多くいたようだ。
しかし、それらの人々は捕らえれ、見せしめに処刑された。
収容所でも同じで、脱走を図った者、反抗した者は
収容者達の前で厳しい体罰や処刑をされた。
そうやって収容者や市民を
精神的にコントロールしていったのだろう。

ここを訪れる前に下調べをしている時、
印象に残る報告があった。

この収容所で最後まで生き残ったほんのわずかな人達。
その人達はどんな人間だったのかを心理学者が調べたことがあるらしい。

どんな状況でも夕日など美しいものに感動できる人、
自分が自由になったらこんなことをするんだ!と夢を持ち続けた人、
病人や子供などの弱者に自分の食事を分け与えるなど思いやりのある人。

こんな人たちが生き残ったそうだ。


気がつくともうあたりは薄暗くなっていた。
日の入りが早いというのもあるが。

まだ全ての展示を見ていない。
今日は頑張って早起き、9時過ぎにはバスに乗ったのに....
ここをじっくり見ようと思ったら1日じゃ足りない。

いろいろと考えさせられた。
そして、なぜこのような過ちが起こってしまったのか。
その背景をもっと知りたいと思った。

一日中歩き回り疲れた。
帰りのバスでは2人とも爆睡。
明日はゆっくりしよう。

2009.11.10[火] ポーランド飯!

ポーランドでの嬉しい誤算。
それはご飯が安くておいしいということだ。
ポーランドのご飯は全ておいしいとは言い切れないが、
少なくともクラクフで行ったレストランは2つとも当たり。
resize0894.jpg
ここは宿の人におすすめを教えてもらって行ったところ。
いつも地元民で賑わっている。

手前は豚肉のフライ、奥はピエロギ。
豚肉はとても柔らかく脂身は少ないが豚の旨味がよくわかる。
付け合せのサワークラフトの酸味が肉とよく合う。
サワークラフトは酸っぱいキャベツの煮物的な付け合せ。

ピエロギは皮の分厚い餃子のようなもの。
ポーランドの代表料理。
肉汁がたまらない。

しかもこのレストランの一番高いメニューでも430円ほど。
だいたい300円台で食べられる。

考えもしなかったけど、
ポーランドごはんを食べ歩く旅も面白そうだ。

観光はアウシュビッツ以外あまりしなかった。
唯一行ったのは美術館。

ここは日本大好きなあるポーランド人が収集したコレクション。
北斎や歌麿の日本画中心に展示してある。

カフェでは日本人がポーランド人に日本語のレッスンをしていた。
ポーランドでは日本語がブームだとか。
これだけ多くの人が日本に興味を持ってくれていることはとても嬉しい。

美術館を出たのは5時頃だが、もう真っ暗。
日の入りが早い。
resize0893.jpg
闇夜に浮かぶバベル城は綺麗だ。
resize0891.jpg
観光用?のバルーンが怪しくビスワ川に浮かぶ。


クラクフはは思いのほか物価が安かった。
食費、宿泊費すべて入れても1人1日1800円也。

もっと滞在して毎日お気に入りのレストランに通いたい!
そんな気持ちをグッとこらえて、ハンガリーはブタペストに移動。
シェンゲン協定によりEU内には半年で合計90日しかいられない。
思ったよりヨーロッパで長居している。
早く脱出しなければ!

プロフィール

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。