そこへ行きたい

Date : 2010年03月

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.03[水] ルハン動物園

ブエノスアイレス郊外にある動物園へ行ってきた。
日本では絶対にできない経験ができるという評判の動物園。

しかし、なんだか微妙な雰囲気。正直きれいとは言えない。
1re15040.jpg
なぜか中古のトラクターがズラリと並んでいる。
別に説明書もあるわけではなく意味不明。


ライオンやトラ、ピューマといったネコ科の肉食獣がやたらいる。
ケージが狭くて清掃見てて可愛そうになってしまう。
飼育環境は決して良いとは言えない。

敷地にはラマ?やらアヒルのような鳥やらが放し飼いになっていて、
人懐っこく寄ってくる。餌が目当てだろうけど。
2re15039.jpg
子ブタ。産まれて間もない?
3re15045.jpg
犬とライオンの珍しいショット。
この動物園ではトラやライオンを犬に育てさせるらしい。
4re15043.jpg
トラの子と対面!
警戒心は全くなく、日陰で気持ち良さそうに寝ている。
5re150441.jpg
子供と言えどこの手の大きさ!ずっしりと重い。
本気でけんかしたら敵わないかも。

そして次は大人のトラのケージへ。
本当に大丈夫なの?正直不安だ。
この動物園の動物の管理がいい加減に感じるから余計だ。
6re115041.jpg
でもこれはすごい経験。
お尻を撫でても全く嫌がらない。

7re15042.jpg
ミルクを手であげてみる。
手ごとバクっ!やられそうそうだが大丈夫。
こりゃネコだ、完全に。

このミルクをあげたトラは台の上に乗っている。
最後にこいつと写真を撮ろうと思ったら、
他のトラがやってきて台の上にいるトラに向って
「ウーッーーー」と低い声で唸り始めた。

やばっ(汗)

と、その直後、台の上に飛び乗ってもともといたトラをどけた。
大きなトラが自分の方へ飛びかかってきた感じになったので、
思わず後ろへ後ずさり。
でも急な動きは禁物、できる限りゆっくりと動いた。

冷っとした瞬間だった。
8re15046.jpg
記念撮影。


確かに日本ではできない貴重な体験。
でもでも素直に喜べないのは、
この動物園が動物を大切にしているように思えないからだろう。
ケージの中で専属カメラマンが平気でタバコ吸ってたりするし。
実はトラに鎮静剤かなんか飲ませてんじゃないか?
なんて疑いを持ってしまう。
微妙な感じで動物園を後にした。

この日も宿でステーキを食べて一日終了。

この記事は自動投稿なので、UPされている頃には
もうウシュアイアに着いているはず。
気温は最低5℃、最高10℃。
荷物を軽くするために防寒グッズは処分しちまった...

いつになるかわかりませんが、
次はウシュアイアでの記事をUPしまーす!
スポンサーサイト

2010.03.08[月] パタゴニア地方 ウシュアイアへ

ブエノスアイレスの宿を出たのは午前2時過ぎ。
寝ずに出発。安い便の宿命です...
カラファテ経由の時間がかかる便だったが、
ずっと寝ていたのでウシュアイアはすぐだった。

ウシュアイアは天気が悪く、暴風。
風に吹かれると体温がみるみる奪われる。
空はどんよりとしてるし、
なんだか寂しいところへ来ちまったなぁという感じ。


翌日は晴天!気分も晴れる。
日が照れば暖かく、空気が凛としていて爽やかだ。
2re15075
これが今回の宿泊先、上野山荘。
山小屋風の作りで落ち着く。

今は亡き釣り好きの上野氏が、
大きなマスを求めてここへたどり着いた。
宿ではなかったが宿泊に困った日本の旅人を泊めるようになり、
現在では快適な日本人宿として旅人の間では有名だ。

ここでの生活が楽しい。
夕ご飯は相変わらずこれ。
3re15053
ステーキ!
ステーキの焼き方はまだまだ改善の余地あり。
ここで絶対習得しよう。

ときどき、皆でシェア飯。
4re15057
この日は15人で鳥鍋。
鶏がらと白菜の組み合わせが堪らない!
みんなでうまい!うまい!と日本の味に大はしゃぎ。
旅の話で盛り上がりながらみんなで食べる飯はまた格別。

この宿で忘れてはいけない存在はこいつ。
5re15077.jpg
犬のトゥルーチャ。
夜になると誰かのベットに寝に来る。
人間が大好きで、賢く静か。みなの人気者だ。

宿から20分ほど歩くと、ウシュアイアの町の中心。
6re15066
町を囲む山々が美しい。
7re15052
くちばしの赤いカモメ。

天気の良い日にマルティアル氷河を見に行った。
中心地のはずれでバス降り、
9re15058
海を背に坂道を登る。次第に人家がなくなり、
r1e15059
氷河のあるマルティア山脈が徐々に大きく見えてくる。

しかし、こんなに天気が良かったのに、
突然空が曇って雨が降ってきた。
仕方なく、下山。
まだここにはしばらくいるのでチャンスはある。

r2e15065
のんびりとしたウシュアイアの町でまたゆっくりしよう。
とりあえず、自分は釣りに行きます!
次回は釣りネタをUPします!

****************** 旅 情 報 **********************

●交通

ブエノスアイレス→カラファテ→ウシュアイア

飛行機 LAN航空 

6時10分発11時30分着 所要時間5時間20分
US170$/1人(≒15000円)

カラファテ経由だが乗り換える必要はない。
3週間前にネットで予約。


●宿泊

ウシュアイア

上野山荘


住所 :Ayelen 126 Barrio Los Morros
TEL :424661
HP :www.geocities.co.jp/NatureLand/7335

ドミトリー、トイレバス共同、キッチン

30ペソ/1人(≒700円)


おすすめ度★★★★☆

写真
中心部からは東へ向うBラインのローカルバスで10分弱。
山小屋風の作りで落ち着いた雰囲気。
五右衛門風呂が気持ちいい。テレビではNHKが見られる。
家の中で飼っているトゥルーチャが人懐っこくてかわいい。

2010.03.09[火] パタゴニアでトラウト!

ティエラ・デル・フエゴ国立公園へ釣りに行くことにした。
パーミッションも安いし、
宿から1時間ほどで行けるのでお手軽だからだ。
そんなお手軽ポイントでは簡単に釣れないだろうが、
様子を見るにはいいだろう。

前日は釣りの準備に充てる。
町でパーミッションを購入したり、
釣具店を回って情報収集したり。
ウェイダーが欲しかったが日本並みの値段だったので、
スニーカーで挑むことにした。

いよいよ当日。
他に国立公園に行く2人とタクシーを相乗り、朝6時出発。

トレッキングに行く2人と別れ、
まずはロカ湖で開始。
1re15063
うーむ、湖というのは変化がなくどこを攻めてよいかわからない。
やはり不発。

湖から流れ出る川へ移動。
いかにもというポイントは多いが全く反応なし。
やっぱり超有名ポイント。そう簡単には釣らせてくれない。

1時間ほどして、川が絞れて流れの速いところへ。
そこから下流は川幅が広くなり、浅い瀬となる。
いるならここだ。

ミノーにガツンというバイト!
ロッドが曲がり、ラインの先でトラウトがジャンプ。
が、その後すぐにポロリ。

心臓がドクドクと鼓動するのがわかる。
そのすぐ下流でまたもやミノーにバイト!
しかしルアーのある辺りで水面がモコッともりあがるだけで乗らない。

ミノーではなかなか乗らない...
仕方ない、最終手段、スピナー。
1投目でゴツッ!というバイト。
今度はフッキングが決まり、難なくあがってきた。
2re15060
30cmほどだが、パタゴニアの初トラウト。嬉しい!
それから4連荘。悔しいけど、スピナー釣れる..
サイズは大きくて35cmほど。

思ったより釣れるぞ、ここは。
数は釣ったのであとはサイズだ。
できればプラグで釣りたい!

下流に移動。
しばらくは浅い瀬なので歩いて下りながら、
気になるポイントだけ打つことにした。

浅い20cmほどの瀬に流れが変化するちょっとした深場を見つける。
と言っても深さは4~50cmほどだろう。
一応、たたいててみようと軽い気持ちでキャスティング。
ミノーでは届かないので、軽めのシンキングペンシルをチョイス。

上流に投げ、水面直下をトゥウィッチング。
ルアーが深場にさしかかったところで出た!!!!
ルアーは水面直下だったのでバイトした魚体がはっきりと見えた。
赤茶色の魚体。
反転した時に尾びれが水面からニョキッ!!
明らかに今までよりいいサイズ。

一度目は乗らず、さらにもう一度出る!
しかし、結局乗らなかった。

やばい!アドレナリンが大分泌で体が火照ってくる!

もう一度同じコースを通す。
なんとまた出た!しかも何回も!
でも乗らない......

さらにもう1投。
今度は乗った!!ロッドに重みが伝わる。
すかさずフッキング!!
が、そのフッキングでポロリ.....
悔しい!!天を仰いで、しばし呆然。

パタゴニアのすごさを思い知らされる。
トップ同然のルアーに何度も水面を割って出るトラウト。
こんなアグレッシブなトラウトを自分は知らない。

あー獲りたかったなぁ.....
こんなチャンスそうは来ないだろう。

ダメもとで今度は少し上流のコースを流してみる。
と、またトラウトが水面を割る!!!
はじかれたルアーが水面に落ちた瞬間、またバイト!

これはきっちりフッキング。
しかし、さっきばらしたヤツより明らかに軽い。
3re15070
それでもかなり嬉しい!
やっぱりスピナーで釣るより楽しいっす。

さすがにもういないだろうと思いきや、
最初のコースを通してみるとまた出ちゃいました!
今度はばらしたヤツと同じぐらいの重み。

何度もジャンプを繰り返し、暴れまくる。
もう胸が破裂してしまいそうなほどに興奮。
流れにいるやつはパワーが違う!
4re15072
無事、ランディング。
やったー!最高っす!!!!
綺麗な魚体です。
5re15073
三脚忘れて写真がうまく撮れない...
6re15069
シンキングペンシルの水面直下トゥウィッチングに
異常なまでの反応を見せたトラウト。

ルアーはUZUのビバノン、ウェイトなしタイプ。
ミノーとは違う不規則なぶりぶりとした大きな動きが
やつらのツボだったのだろうか?
うーん、日本でも瀬に出たヤマメとかで試してみたいなぁ。
7re15062
写真を撮っていると観光客がワラワラと集まってきて、
写真を撮られる。
フラッシュを浴びてちょっといい気になる。
8re15061
その後も同じパターンで同サイズを上げ、
下流の流れが絞れたポイントでも小さいながら数匹追加。
計9匹と、思った以上の釣果。

しかし、釣具屋にあった写真を見ると、
まだまだデカイヤツがいる。
できればこれぞパタゴニアというサイズを釣ってみたいものだ。

その夜はキープしたブラウントラウトを刺身でいただく。
9re15056.jpg
うまい!!久しぶりの刺身。
身が赤く、ほぼサーモンです。
みんなにも少しだがおすそ分けした。
日本を離れて長い旅人達が大喜びしてくれた。
最高の1日でした!!

今度は車を借りて遠出して、
さらにデカイサイズを狙ってみよう。
また報告します!

****************** 釣 情 報 **********************

●パーミッション

Asociacion de Caza y Pescca de Ushuaia

住所 :Av.Maipu 822
TEL : (02901)423168
Email: cazapescush@infovia.com.ar

外国人料金

1日券    75ペソ (≒1750円)
1週間券   250ペソ(≒5800円)
1シーズン券 350ペソ(≒8000円)

高い!
というのはアルゼンチン人は1日券が10ペソだからだ。
場所は近距離バスターミナルから西へ2ブロック、海側。
魚のマークのある小さな建物。要パスポート。

河川、湖によっては上記料金と、
さらに以下の金額を払わなければならない。

○Rio Grand & Menendez

1日券    300ペソ (≒7000円)
1週間券   600ペソ(≒14000円)
1シーズン券 1000ペソ(≒23000円)

○Rio Ewan, San Pablo, Rio lrigyoen & Lago Fagnano

1日券    100ペソ(≒2300円)
1週間券   300ペソ(≒6900円)
1シーズン券 400ペソ(≒9200円)

2010.03.13[土] 上野山荘での日々

上野山荘での生活で毎晩楽しみなのが、夕飯。
1re15083.jpg
これはアサード!
しかも牛肉ではなく、子羊。
この辺では子羊を使ったアサードが食べられる。
これが全く臭みがなく、羊の苦手なもなかも
うまいうまいと止まらない。
2re15081.jpg
これはから揚げ。
ビールが進む!進む!
アルゼンチンでは牛肉も安いが鳥はもっと安い!

3re15079.jpg
ウシュアイアの天気はコロコロ変わる。
雨の後にできた虹。
屋久島で虹はたくさん見たけど、
こんなに濃い色の虹は初めて。

この時期は毎年天気の悪い日が多いらしいが、
幸運にも天気には恵まれた。
4re15084.jpg
トゥルーチャも庭で日向ぼっこ。


また釣りに出かけた。
手軽に行けて思ったより釣れたので、
場所は前回と同じ国立公園。

ウェーダー(ゴム長)を持っていく。
荷物になるので悩んだが、
思い切って町の釣具屋で購入。
これで探れる範囲がグッと広がる!

今回は運び屋さんと一緒に。
時々ここにコメントを書いてくれていて、
いつも魚ネタで盛り上がっていた。
そして南の果てウシュアイアで出会うことができた!
5re15086.jpg
彼はイメージと違う大男で、
世界で一番飛行機に乗っていて(アメリカの航空会社公認)、
なんと世界140ヶ国に行ったことがあるという豪快な人だ。

今回は風が強く前日の雨でやや雑炊、じゃなくて増水。
前回と状況が違うので不安だ。

やはり前回より厳しい。
横風が強く、シンキングペンシルが使えない。
6re15105.jpg
でもやっと魚が溜まっている場所を見つけて連チャン!

この近くの川の中心近くで小魚が追われているのを発見!
キャストできる範囲まで近づこうと川に入っていくと、
突然足に凍るような冷たさを感じる。

いつの間にかももまでのウェーダーより
深い水深に入り、水が浸入してきたのだ...
7re15085.jpg
ズボンがびしょ濡れ。寒すぎる!!
しかも小魚が追われていると思ったが、
よく見るとただの水しぶき。
大バカですな。

下流に下るが魚が少ない。たまにチェイスがあるだけ。
疲れて川辺で休んでいると、
杭の上にヤマセミの仲間を発見!
5mほどまで近づいたが全く逃げず。
時折水に飛び込んで魚を捕まえ、
またもとの場所に戻る。
7re15095.jpg
「あなたも魚獲りですかぁ。私もなんです」

下流には魚が少ないと判断、上流の瀬へ戻る。
風が止んでいたので、シンキングペンシルで攻める。
初めてすぐ、1匹追加。やっぱこれ釣れる!
8re15087.jpg
トラウトはスズキと違って噛み付き型の捕食なのだろう。
だいたいテール(後ろの)フックが口にかかっている。

この後、丹念に攻めるがチェイスが数回あっただけ。
変化のある良さそうな場所はすでに叩いてしまった後だから仕方ないか..

中州の上流側にその浅い瀬が淵にぶつかる場所がある。
おいしそうなポイントだ。
頑張ってウェイダーぎりぎりの水深を歩き、
そこに届く距離まで立ちこむ。

シンキングペンシル1投目。
ルアーがその場所へ差し掛かった瞬間、水面が割れた!
体がはっきりと見えた!

障害物が多いのでやや強引に安全な場所へ。
ジャンプを繰り返し、激しく暴れる。
大興奮です!!
9re15090.jpg
やったー!前回のよりサイズアップ!
10re15088.jpg
これもやはり、テールフックがかかってる。
いかつい顔です。

帰ると皆が寿司の準備をしていてくれた。
11re15082.jpg
しかも寿司屋で働いていたAさんが握ってくれた。
みんなでうまいうまいと一瞬でたいらげる。
これだけおいしく食べれば成仏できることだろう。
釣れただけで楽しいのに、
皆が喜んでくれて嬉しさも倍増!

いやーパタゴニアのトラウトは楽しい!
ブラジルではガイド代などが高く、
なかなか思うような釣りができなかったので喜びも大きい。

プレッシャーが高いと言われる国立公園でこれですから。
次回はレンタカー借りて少し遠出してみます。

2010.03.17[水] パタゴニアのトラウトはすごい!

上野山荘にはいろんな旅人に出会えて楽しい。
こんな所まで来る人はエネルギーに溢れた人が多いのだろう。

自分達より少し長くここにいる美容師のT君もその1人。
1re15116.jpg
もなかがカットをしてもらった!
海外ではなかなか安心して切れるところがなかったので、
とても助かった。T君ありがとう!!


レンタカーを借りて遠出した。
もなか、運び屋さん、Rさんの4人で出発。
2re15119.jpg
自分は1人途中の川で落としてもらい、釣り開始!
みんなは斜めの木へ向う。
2sre15118.jpg
これが斜めの木。年中同じ方向から風が吹いているので、
こんな感じになるらしい。
これだけではなく、同じような木がたくさんあるそうだ。

皆がドライブしている間、
自分は鼻息を荒くしながらキャストを繰り返す。
その川は水深があったのでミノーをメインに使う。
3qre15109.jpg
こんなロケーション、釣り人なら鼻息荒くりますはな。
初めて20分、早速レインボー(ニジマス)を釣り上げる。
3re15107.jpg
ミノーをチェイス、食わせ切れなかったやつをスピナーで拾った。

その周辺のポイントで今度は良型ブラウントラウトが連発!
ブラウンはミノーに良く反応した。
前回の国立公園で釣った最大サイズと同じかそれ以上のサイズばかり!
パタゴニアすごすぎ!

そしてクライマックスはこいつ。
4re15106.jpg
丸々と太ったブラウントラウト!
目指していたパタゴニアサイズ。
長さはないが、重さがすごい!
体の幅が15cmはあった。
スピードはないが重さとトルクで竿をひん曲げてくれた。

ここでの釣りはレギュレーションがあって持ち帰れるのは1匹のみ。
この日はこいつを持ち帰ることにし、プールで生かしておいた。

が、釣りが終わって見に行くと生け簀から逃げていた!!
流木の下の砂をかき分けてトンネルを掘って脱走したらしい。
完敗である。
宿には刺身を楽しみにしている人がいるというのに..

恐らく顔つきからメスの個体だろうと思われる。
残念だが、早く元気になって卵をたくさん産んでもらうことにしよう。
またいつかここへ来たときに、魚がたくさんいる川であって欲しいし。

翌日は朝6時に出発。運び屋さんと2人でさらに遠くへ。
5re15117.jpg
Fagnano湖を左に見ながら北上。
6re15113.jpg
どこまでもまっすぐなパタゴニアらしい道。

さらに林道に入って川を探すが良い川がなかなかない。
水量が少なすぎる。
7re15110.jpg
グアナコの群れはそこら中にいた。
大西洋側にでると、砂浜に座礁船を発見。
8re15114.jpg
かなり大きな船。
誰もいない広大な砂浜。
南の果てにやってきたんだなと実感。
空が広く、青く、冷たい空気をいっぱい吸い込むと、
なんだかうれしくなってきた。

結局、良い川は見つからず、
ウシュアイア方面へ戻りながら探すことにした。

水量がそこそこある川を見つけてやってみる。

開始15分ほどで40cmを軽く超えるブラウンを釣る!
川を少し上ると今度は50cmオーバーのブラウン。
やっぱりpatagoniaすげー!
国道からほんのちょっと入ったところなのに。

そして最後にこいつ!
9re15112.jpg
ついに60cmオーバーに出会う!
昨日のより体重はないが、長さは長い。
10re15111.jpg
立派なオス。顔がもうサケのよう。
倒木が多く、ヒヤヒヤしたがなんとか浅い瀬に誘導できた。

今日はこれをキープ。
それでもう満足して宿へ向った。

ここにはいつか必ず、また来よう。
その時はワンシーズンのパーミッションを買って、
車も手に入れて、釣具も完璧に揃えて1ヶ月は滞在したい。
河口や湖を攻めればまだまだ大きなヤツはいるだろう。

こうやってまた来たい場所ができるのはうれしい。
もっとそんなところをこれからも増やしていきたいものだ。

最近、ウシュアイアは日に日に寒くなり、
山にも雪が多く見えるようになってきた。
寒さが厳しくなる前に、北へ向わなければ。

来週の初めにチリのプンタアレーナスに向います。
チリから来た旅人に聞くと、南は地震の被害もほとんどなく、
治安も問題ないということなのでご安心を。
その模様は次回に!

****************** 旅 情 報 **********************

●レンタカー

ウシュアイア

5 Estrellas RENT A CAR

住所 :Sucursal en 9 de julio 128
TEL :02901-436709
HP :www.5estrellasrentacar.com.ar


3ドア4人乗り 200ペソ/1日(≒4600円)
(2日レンタルで値引交渉後。)

走行距離は1日200kmまで。
オーバーすると0.2ペソ/1km。

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。