そこへ行きたい

Date : 2011年06月

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.05[日] 与那国で泳がせ初挑戦

a.jpg
与那国へいざ出発!
b.jpg
八重山の島々、さんご礁に見入っていると、
一瞬で着陸態勢に入る。
所要時間たった30分なのだ。

夕方に到着したKさんとポポコさんと落ち合う。
みんなで翌日からお世話になる瑞宝丸船長のハーリーの練習を見学。
c.jpg
すごい気迫。
この時期、島民はハーリーのことで頭がいっぱいだ。
いつものんびりと穏やかな島民だが、
このときだけはハーリーでの勝ちにとことんこだわり、
血の滲むような練習を毎日繰り返す。
d.jpg
その横でロッドを曲げてニヤニヤするふたり。
人のことは言えないが、この2人もかなりの中毒患者です。


1日目


餌のムロアジを取っていざ開始。
すぐにムロアジが暴れだす。(=捕食者に狙われいる)
お~この緊張感堪んない!!!

しかしなんだかおかしい。
こいつの猛攻に合う.....
d2.jpg
クロタチカマス!!
与那国ではンガーと呼ばれている。

これが厄介でハリスを傷つける。
かなりの量がいるようで投入するとすぐにクロタチカマス
がムロアジをかじり散らす....
ハリスもボロボロ、一流しごとにハリスを交換。

みんながンガーに苦しむ中、
e_20110605002253.jpg
Kさんに待望ヒット!
f.jpg
いいサイズ!
g.jpg
ぽぽこさんも続く!

と、みんなは調子づいてきたが、
自分はひたすらンガー.....

唯一カンパチらしきあたりがあるも、
リフティング中にポロリ(汗)

結局自分だけカンパチ無し......
kさんは3本も上げているというのに...

帰りに港の近くでフカセ釣りをすると、
i.jpg
Kさんにヒット!
力強いファイトで重い走りをがっちり受け止め、
j.jpg
上がってきたのは良型GT!

Kさん絶好調!

自分はその時ジギングをしてたのだが、
良型のイソマグロに歯切れでブレイクされる...

しばらくあたりもなくなったんで、
中乗りのD君にやってみる?と道具を渡す。
いきなりヒット、5kgほどのイソマグロを釣り上げる。

もう何やってもうまくいかない...
このトンネルからはやく抜け出したい!!!




2日目

この日はムロ獲りに苦戦し、さらに二枚潮で厳しい状況。

そんな中でもKさんは確実にカンパチを釣っていく。
さすがだなぁ..

自分はまたしてもリフティング中にポロリをやってしまう....
ジギングの時より激しくフッキングしているつもりだが、
それでもまだ足りのかもしれない...

最後のポイント。
ようやく...
k.jpg
良型ゲット!
やっとトンネルから抜けた!
苦しんだだけに本当に嬉しい一匹だったなぁ。
l.jpg
3人揃って魚を揚げたところでカンパチは終了。


そして昨日に続き、島周りでフカセ。
m.jpg
ポポコさんが巨大アオチビキをゲット!!!
このサイズを平気な顔してあげちゃうんですよ、この女子。おかしいです。

港に戻って片づけをしすると6時過ぎ。
まだ明るい。そうか、ここは日本の最西端。
日本で最も日の入りが遅いところなのだ。

では、釣りに行こう!
シーバスタックルを持って前から目をつけていたポイントへ。
n.jpg
いやー今日は出来すぎ!

でも次にポッパー出たヤツは明らかに大きなサイズ。
地形の荒いこのポイントではなす術なし。
ブレイク...
今度はもう少しデカイタックル持ってショアからやってみっか...



3日目

o.jpg
この日はカジキ狙い。自分は見学。
日本一カジキを釣らせる瑞宝丸の技術を勉強するいいチャンスだ。
p.jpg
カジキ、マグロ狙いの最高峰リール、
マツケン..じゃなくてケンマツことKen Matsuura。
ある地方のマグロ漁師はみんなこれだとか。
そこでは漁協で買えるらしい。
これぞまさしく機能美。かっこいいっす!
q.jpg
昼ごはんは...
r.jpg
獲れたてのカツオ!
プリップリでキラッキラ。
これより鮮度の良いカツオはどんな高級店でも食べられません。うまい!!

昼を過ぎてからカジキの活性が上がる。
最初の二回は無念のフックアウト。
三度目の正直、またしてもKさんが仕留める!
s.jpg
死んだ直後は鮮やかな美しいブルーのラインが現れる。
まさしくブルーマーリンだ!
t.jpg
カジキに添い寝。

体全部を見せてジャンプするその姿はしっかりと脳裏に焼きついた。
かっこよかったなぁ~

カジキ捕獲までの一部始終を見て、かなり勉強になった。
来月はカジキ釣り大会に参加する予定なので、
それに少しでも生かすぞ!

翌日はフライトの時間まで与那国を観光。
u.jpg
ゆきちゃん。
かわいいけど、自分の好物ヤギそばのスープと全く同じ香りがする(笑)

v.jpg
立神岩
w.jpg
与那国馬は結構人懐っこい。


いやー楽しかったなぁ。
釣行に混ぜていただいたKさんとぽぽこさんに感謝、感謝。
ありがとうございました!!!

明日はいよいよハーリー。
コバの鬼漕ぎを見に行ってきます。
そして夜にはもなかが遊びに来ます。

その模様は次回に。
ではまた!
スポンサーサイト

2011.06.10[金] ハーリー

6月5日はハーリーだった。
1re17202.jpg
石垣中の人が結集。
2re17210.jpg
皆綺麗な衣装を纏い、踊りやらダンスやら。
それが終わるといよいよレースとなる。
3re17204.jpg
これがハーリーで使われる爬竜船。
コバいる西組はカツオの絵、対する東はカツオが大好物なカジキ。
西組大丈夫か?
4re17205.jpg
スタート!!!

すごい歓声だ!
選手達の気迫と応援の凄まじさ。
島人のハーリーにかける思いに感動して、
なんだか涙がでてきた。
相変わらず泣き虫ですなぁ(笑)
5re17206.jpg
滅多に見れないコバのマジ顔。
あまりに真剣な顔でコバの顔知ってる人もどれがコバかわかんないはず(笑)

そしてトップを走っていた中組を西組が抜かした!
6re17209.jpg
やったー1位!!!

みんなが興奮している様子を見ていると、
カメラを構えている自分があまりに冷静で、
何かに自分のエネルギーをぶつけたい衝動に駆られる。

当然...
7re17200.jpg
8re17201.jpg
こうなりますわな。

60cmほどのレディーフィッシュをかけるも、
リーダーがズタズタになって切れた...
根に入られたわけではないので
レディーフィッシュって歯が鋭いのだろうか?
次回はリーダーフロロでやってみっか。

その後、空港にもなかを迎えに行く。
次回はその記事を!

2011.06.11[土] 旅の続き?

ハーリーが終わると梅雨が明け夏が来ると言われている。
まさしくその通りになった。

ハーリーが終わったその日から、週間天気予報には晴れマークがずらり。
もなかは最高のタイミングで石垣にやってきた。


翌日
一度スタンダップパドルでお世話になったAPNEAさんところにシーカヤックに。
1re17212.jpg
事務所にいるこのワンコが堪らなくかわいい。
しっとりとした性格。
こういう子は賢い子が多い。
2re17235.jpg
いざ出発。

リーフエッジまで漕いでから
風に流されながらのシュノーケリング。
3re17236.jpg
4re17237.jpg
久しぶりのシュノーケリングは楽しい!
5re17238.jpg
6re17241.jpg
石垣島の海を堪能しながら青の洞窟へ。
7re17239.jpg
8re17240.jpg
洞窟の中を探検した後はカヤックで戻る。

いやー海遊びしたあとのこの体の気だるい感じ、いいですなぁ。
当然お腹が減ってくる。
ご飯は...



9re17213.jpg
石垣牛焼肉!!!!
超人気店「やまもと」を予約していたのだ!

うまい!
でも最近魚ばかり食べていたからか?
思ったより量が食べられなかった。
肉の消化能力が落ちている???


2日目

十分に寝て、のんびりと準備してたらお昼に。
今日のお昼は「来夏世」の八重山そば
1re17214.jpg
そばのスープもジューシー(炊き込みご飯)も限りなくやさしい味。
まったく尖ったところがなく、薄味でいながら旨みが深い。
もなかが「これならずっと食べ続けられる」と言ったが、
まさにそんな味。毎日通いたくなります。

そして石垣と言えばここ。
2re17215.jpg
具志堅用高記念館。
ぶっちゃけ展示内容はちょっちゅねって感じだ(笑)
でも貸しきり状態でゆっくり見れた。
受付のおじいはどうやら具志堅用高のお父さんらしい。

それから竹富島へ。
3re17216.jpg
まぁコテコテの観光だが、牛車で島を周る。
これまた貸切だった。
島のゆっくりとした時間と水牛のゆったりとした歩調、
牛車の揺れが心地よく、のんびりと島を満喫できた。
4re17218.jpg
これが今回の頑張ってくれた「しま君」。
5re17217.jpg
こいつが甘えん坊でガイドさんにスリスリ。
水牛ってもっと気性の荒い動物だと思っていた...

この子なんてもっとすごい。
6re17219.jpg
ハイビスカスの花飾りしてウィンクですよ!!!!
7re17220.jpg
カフェで一休み。
竹富島はまったいらなのでどこにても風が気持ちよい。

その夜は石垣に戻って夕ご飯。
「森の賢者」で島の食材を使った創作料理を楽しむ。
8re17222.jpg
オオタニワタリの天ぷら、屋久島でもやってみよう!

3日目

1re17243.jpg
いつもは沖から眺めているウガン崎から海を眺めて、やいま村へ。
八重山の自然や生活を紹介するテーマパーク。
ここも貸切!
2re17223.jpg
民族衣装を着てみたり、
3re17224.jpg
泡盛の一升瓶を頭にのせておどるおばあ。
三味線の生演奏に踊り。
演者3人に対して観客2人という贅沢。
4re17225.jpg
さらに難易度の高い業!
5re17227.jpg
試しにやってみるとこれが思った以上に難しい。

そしてリスざるの森。
ここに来たのはこれが目的と言ってもいい。
広大な敷地の中にリスざるが放し飼いになっているのだ。
6re17230.jpg
おーいるいる!
7re17229.jpg
これは!
8re17228.jpg
セマルハコガメ。
これは飼っているのではなく、野生のものらしい。

なんだかリスざるたちがソワソワしているなぁと思ったら、
9re17231.jpg
餌の時間だったのだ!
飼育しているお姉さんが餌の入ったバットを持たしてくれた。
10re17232.jpg
11re17233.jpg
こんなことになる。

お姉さんにいろんな話を伺った。
この敷地には36匹+1匹〔赤ん坊〕のボリビアリスザルがいて、
彼女はすべて個体識別が出来ているそうだ。

動物園の狭い檻と違い、ここではサル達が自由に遊んでいて幸せそうだ。
たまに柵の外に逃げることがあるが、
居心地の良い柵の中にまた戻ってくるそうだ。


最終日

1re17244.jpg
この日も快晴
2re17234.jpg
街中にあるイタリアン「iyu」でパスタを食べた後、
3re17245.jpg
宮良川でカヌー。
マングローブの林の中に響くあまり聞いたことがない鳥の鳴き声。
なんだろう?


4re17246.jpg
おっ!!!あれは!!!

5re17249.jpg
そう、アカショウビン。
なんとこの日は3羽ものアカショウビンと出会えた。
ラッキーっす!



そんな感じでおいしい物食べて、いろんな動物に出会って、自然を堪能するのんびりな時間。
これって世界一周旅行の続き?2人で行動すると結局こういうパターンになるようだ。

もなかを空港に送り、もなかが乗った飛行機が飛んでいくのその真下で、
6re17247.jpg
竿を振る(笑)


さぁしっかり充電したし仕事頑張るぞ!

と思った矢先に船が故障.....

今日予約していたお客さん、
自分がカヌーフィッシングでガイドしてお茶を濁す...
7re17250
しばらくは修理で仕事なし...
まぁ船の修理も勉強、頑張ります!

2011.06.16[木] 小魚三昧

まだ船の修理が始まらない。
打ち合わせの段階なので自分は仕事がない....

仕方がない?釣りにでも行くか..
ってことでここ数日、島中を走り回り、
とことん小物釣りやってみました。

やってみて思ったこと。

自分にとって、釣りは釣った魚の大小だけでなく、
そのシチュエーションが大切である。
いくら大きくてもドブ川で釣った臭い魚より、
小さくても大自然のなかで釣った小さなメッキの方が満足できるのだ。

そいういう意味で小物釣りにはジレンマがある。
他の釣りにも当てはまるかもしれない。

それは、「人が多く汚い水ほど釣れる」ということだ。
人家がある近くの海は富栄養化でプランクトンが多かったり、
漁港ではさばいた後の魚の肉などがばら撒かれるからだろう。

でも釣れるし近いからついついやってしまう。
1re17268.jpg
コトヒキもでっぷりと太ってて引きが強い!
2re17257.jpg
バラクーダもヤマメ用のロッドでは十分に楽しめるサイズ。
3re17256.jpg
メッキも河口よりアベレージが大きい。

かなりの確率で魚と出会える!



一方、誰もいない河口などの砂浜はシチュエーションはいいのだけど、
5re17251.jpg
これを釣るのに結構苦労することもある。
6re17259.jpg
こいつもあるポイントでの唯一の獲物。
岩の穴に入って出てこなくなったから、
ジャブジャブと海に入って手で引っこ抜いた(笑)
7re17255.jpg
カヌーで川を上って釣ったマングローブ・ミッツ、
じゃなくて、マングローブジャックことゴマフエダイ。
トップで釣るにはピンポイントキャストが必要なのでゲーム性が高い。
自分の場合、釣りしている時間よりマングローブに絡んだルアーをはずしている時間の方が長い(笑)
8re17264.jpg
4駆でもないのに悪路を走り、そこから磯をしばらく歩いて
9re17263.jpg
いかにも!って所に来たけど,,,ここではボウズ。
12re17261.jpg
次はだれーもいない綺麗な砂浜。
シチュエーションは素晴らしいのだけど、
30分キャストしても反応なし。

やっぱり街中の港みたいにはいかないよなぁ。

なんて思っていると、

突然水柱が立った!

静かな砂浜にドラグ音が響く。
うーん、幸せ!
PE0.8号なので時間がかかった。


13re17260.jpg
50cmクラスのオニヒラアジ。
こんなシチュエーションでこんな魚が釣れれば大満足です!
やっぱり心を満たしてくれるのは、こんな大自然の中なんですね。



そういえばここんとこ釣行の度に道具の調子が悪くなる。
もう6、7年も使い続けているものばかりだからなぁ。

一度はロッドのトップガイドのSICリングが外れていることに気付き、
まぁ魚が小さいから大丈夫だろうと思った直後に、ちょっとデカイ魚。
しばらくロッドをまっすぐにして恐々とファイトするも、
テンションがかけられなくてフックアウト。

リールに至ってはファイト中に逆転したり、
突然ハンドルが固着して動かなくなったり、ローターがグラグラになったり。
最近は車に工具を積んで1つのポイントごとに修理している状態(笑)

例えばこれ。
14re17269.jpg
旧セルテートのローターを留めるナット。
ひびが入ってるではないか!なんと2500番、3000番両方ともだ。
こいつらは世界一周にも連れてってるから仕方ない気もするが、
よく見るとこれプラスチックじゃね?
ダイワさん困りますよ、こんなに負荷のかかるところに!!

釣具屋で部品注文したら1ヶ月もかかるとのこと。
離島の宿命.....
15re17270.jpg
とりあえず針金ぐるぐる巻きでなんとかなってます(笑)

旧ルビアスは
16re17271.jpg
オシュレーションの動きを誘導する金属の棒がグラグラ。
これはボディーが割れているため修理は高価になるので
17re17272.jpg
これも針金(笑)

今んとこ問題なしです。



~オマケ~~~~~~~~~~~
18re17266.jpg
移動中に見つけた看板。
注意しろって言われても.....
19re17267.jpg
これは港で見つけた変な船。
近くにいたおっちゃんに聞いてみると、
なんと全部手作りの船でフィリピンからやってきたとか!
どうやってこの前の台風を乗り切ったんだろ?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日から仕事始まりました。
ファイバーの作業、防護服来て炎天下でサウナスーツ状態。
無茶きつい!ゴーヤ食べて乗り切ります!

2011.06.25[土] 陸仕事

最近は勉強がてらいろんな船の修理や整備の手伝いをやらせてもらってます。
エンジンオイルの交換からFRPの成型、キングストンバルブの補修....
勉強になるし、体を動かすのは好きなんだけど....
1re17273.jpg

とにかく暑い!!!!

〇ナウェーブ研究所(古い?)の方々が着ているような真っ白な防護服を着なきゃなんない。
これはファイバーの粉から体を守るためのものだから通気性ほぼなし!
動くとジャバジャバいうほど袖に汗がたまるのだ。

こりゃぶっ倒れるぞ!ということで暑さ対策として毎日ゴーヤを食べてます。
暑い夏が旬のゴーヤには暑さに強い成分が含まれているはず!!
と思い込んで頑張ってます!


夕方に仕事が終わると帰りがけにライトタックルで気分転換。
2re17274.jpg
これで7時半。八時まで釣りが出来る明るさなのだ。
3re17275.jpg
ある日も竿を振りながら水平線に沈む夕日をながめ、
今日はたくさん釣れたしボチボチ帰るかぁと車に向う。

腹減ったぁー。。何食おうかなぁ..
と出発してすぐ、
4re17276.jpg
砂浜にスタック。

脱出に1時間かかり、あたりは真っ暗。

まぁそんな平凡な毎日を送っておりました。


昨日は台風で宿に缶詰。
リールの分解、メンテナンスして逆に壊してしまったり
カレーを作ってみたり、それからこんなことも。
5re17277.jpg
友達に送ってもらったファルトボート(折りたたみ式カヌー)組み立て練習。

やりかた忘れててネット見ながら汗だくになって奮闘、
やっと出来るようになった。

次の休みにはこれでマングローブジャックに会いに行くぞ!!!
月末からは与那国に行って、カジキ釣り大会に参加してきます!
ではまた!

プロフィール

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。