そこへ行きたい

Date : 2011年08月

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.05[金] 天気が良い日は釣りに行け!

お久しぶりです!
今、石垣島付近に台風が通過中。
ということでボチボチ更新していきますね。

1re17350.jpg
出港前に朝焼けを楽しむ。

パヤオ(浮漁礁)でお客さんのポッパーにマグロらしき魚が出た!
なんなく寄ってきたのでタモを用意する。
が、水面下3メートルほどのところで猛烈なダッシュで下へ突っ込む。

しばらくして無事ランディングしたのはこれ。
2re17351.jpg
特大カツオ!!!!
おそらく10kgは超えている。
このアングルからではそこまで大きく見えないが、体の幅が半端ない。
3re17352.jpg
特に尾の筋肉がすごい!

おそらくキハダやメバチのこのサイズなら取り込みにこんな苦労することはないだろう。
マグロ狙いの時にカツオが釣れると、
「なーんだカツオだぁ。まぁおいしいからいいか...」的な扱いであったが、
同じサイズならカツオのパワーは圧倒的であることがわかった。

カツオ君、見直しましたぜ!!!




最近はオフシーズンのため釣りの予約は少なめ。
休みの日にはコバのポイント開拓の手伝いで操船をしたり、
ダイビングショップのヘルプでシュノーケルのガイドを頼まれたり。

何もない休みの日に、
4re17363.jpg
この勉強を始めようと机に向う。
船の無線を使うために必要な資格だ。


Q、無線従事者が氏名変更を生じたため免許証の訂正を受けようとする場合は、
  免許証にどのようなものを添えて申請しなければならないか?


そんなもん、必要なときになって調べればよくねぇ?
名前が変わることなんてそう頻繁にはないやろが!!

と思いません?
天気がいい。試験はまだ先だ。
もうすぐ台風がくれば宿に缶詰。
そんときに頑張ればいいじゃん!!

やめた、やめた!釣りでぃ!釣りでぃ!!!
5re17353.jpg
6re17354.jpg
開拓ポイントで順調にジャックを釣り上げる。
こりゃあ天国だぞ!と、歩いて川の奥へ。
7re17355.jpg
雰囲気はムンムンだが、全く釣れず...

さぁ帰ろうと海岸まで出ると、
ちょうどその川に真っ黒な60cmくらいの魚の群れが入ってくるのが見えた。

なんだろう?

そして、その群れが小魚の群れに突進。
ザザー!!!ジュボッ!!
目の前で小魚の捕食を始めた!

すかさずルアーをナブラに打ち込むと、一発でザパーン!!!

8re17356.jpg
正体はオニヒラアジ、60cmオーバー!

ロッドはジャック用に買った安竿、depsのSIDEWINDER ENTRYMODEL。
4.11ftの子供用のバスロッドだったのでスリリングだった。
ロッドが短いので腕の延長のようでファイトは意外と楽だったけどね。

かなり弱ってしまったので〆て血抜きをしてキープ。
9re17367.jpg
こうなりました。
ヒラアジ類のフライは激うまなのだ!!!

この日の教訓

「天気が良い日には釣りに行け!!」



数日後。

天気が良いので教訓通り釣りに出かける。
おそらくその翌日からは大荒れの天気になるはずだし。

シュノーケルのガイドをした時、潮流れの早い砂地の浅瀬で良型のタマン(ハマフエフキ)を見かけた。
この時期は浅場に寄るのだろうか?

よっしゃ、これを狙いにいこう!
ということで同じような条件のポイントを探しにいく。

車で海岸線を走りながらチェック、良さそうなポイントを見つける。
いつもはトップ中心に攻めるが、この日はタマン狙いということでミノーで通してみた。
10re17340.jpg
うん、あのタマンポイントにもこのクチナジ(イソフエフキ)はいたぞ。
ポイント選択は間違っていない!ターゲットに近づいている!

しかし...
11re17342.jpg
12re17341.jpg
13re17343.jpg
本命登場ならず。
外道はたくさん釣れたけどね。

気付くとあたりは真っ暗。
夜道を車で帰っていると....

ここで運命的な出会いが!!!!
続きはブログで!

ってこれブログか..
続きは次の記事で!!
スポンサーサイト

2011.08.06[土] 30年ぶりの奮闘

さて、前回の記事の続き...

釣りからの帰り、街灯もない真っ暗な田舎道を車で走っていると、
道の真ん中で子猫ががひかれていた。

横を通り過ぎる時に速度を落としてよく見ると.....
ひかれた子猫の横にもう一匹同じ柄の子猫がいるではないか!

車から降りて近づくと...

その子は生きていて、ひかれてしまった兄弟にぴったりと寄り添って
ペロペロと傷を舐めていた..
ひかれてしまった子は頭がぺちゃんこに潰されていた。
即死だろう。
そんな兄弟を一生懸命に舐めてあげているその姿に心を打たれ、目頭が熱くなる。
二匹とも手のひらに乗ってしまうほど小さな猫だ。
まだ親離れしていない子達だろう。


すると自分を母親だと思ったのか?
自分の顔を見て高い声で「ミー」と鳴き、
近寄ってきて、自分の足に寄りかかるようにしてちょこんと座った。

やっやばい、情がうつりそうだ

「もうその子は死んでしまってるよ。お母さんはどうしたんだい?」

ガリガリに痩せているせいもあるが、目が大きくまん丸だ。
その目で自分を見ながらかすれた声で「ミー」と鳴いた。

とにかく危ないので二匹を路肩に移動させる。
ひかれた子はまだ温かかった。
死んでから、まだ時間が経っていないようだ。
その子はまた兄弟をペロペロと舐め始めた。

情がうつる前に去らねば!

「頑張って生き延びるんだぞ!」

そう言って足早に車に向う。
5mほど歩いた時、右足のかかとの辺りから「ミー」と聞こえた。
今までで一番大きな鳴き声だった。
まさか...

振り返るとこんな目で自分を見ている。(これは後で撮った写真)
1re17358.jpg
「なんでいっちゃうの?」

結構早い速度で歩いたのに、頑張って走ってついてきたようだ。
立ち止まってしゃがむと、また自分の足に寄りかかるようにちょこんと座った。

だめだー!ほっとけねぇー!!
こいつをここに置き去りにすることはできねぇ!!
なんだこの映画の台本のようなシチュエーション!!
くそー!!(笑)



とりあえず車に乗せた。
2re17344.jpg


さぁどうするか。
連れて帰ったとしても宿住まいの自分は飼う事ができない。
飼ってくれる人がいないか石垣の知り合いに連絡してみる。
もちろん、そんな人はすぐに見つかるはずもなかった。

獣医のもなかにも相談してみる。
状況を説明すると
「それは運命だから飼うしかないよ。」
と言われる。
うん、やっぱりそうだよなぁ。

「とにかく連れて帰って動物病院で健康診断してもらって、
 迷い猫を保護してくれる団体がないか聞いてみれば?」

なるほど。


しばらく車でどうするべきか考える。

子犬や子猫を拾うということは大きな責任を負うということだ。
自分は小学生の時、よく猫や犬を拾ってきては大変な思いをした。
任せるなら責任を持って大切に飼ってくれる人でなければならない。
そんな飼い主はそう間単に見つかるものではない。

それともう1つ。
飼い主を見つけることがその動物にとって本当に幸せかということだ。
飼われるということは餌や病気の心配がなくなるが、
その分自由を奪われることも事実。
やりたいことをやって生きてきた自分は、
もし犬や猫だったら野良の道を選んでいるかもしれない...
苦労して飼い主を探したところでそれはエゴなんじゃないか?

だから今までは親からはぐれたであろう子猫や子犬に遭遇しても、
「頑張れよ!」と声をかけるだけで深く関わらないようにしていた。
だけど、今回ばかりは....あまりに状況が状況なのである。

もうすぐ台風が来る。
こんなにガリガリに痩せているということは母親ともはぐれたのだろう。
まだヨチヨチ歩きのこの子がこの台風を越せるとは思えない。
いや、台風を乗り切ったとしても
一人で餌を獲って生き延びていくのは難しいだろう。
手を差し伸べなければこの子が生きることができる可能性は低い。


こんな妄想もしてしまう........

.........................................
...もう母さんが戻ってこなくなってから5日目になる。
母さんに絶対ここから動いちゃだめだよ!と言われたけど..
お腹が空いたよー!もう限界だ。
兄ちゃんとご飯を探しにいくことにした。
道路を渡るとき、すごい音の大きな物が襲ってきた。
兄ちゃんは道の真ん中で動かなくなっちゃった。
兄ちゃん、はやく行こうよー。ここは危ないよ。
お腹も空いたよー

あれ?だれ来た?母さんかな?人間かな?
たぶん、母さんだ。だってお顔にも毛がもじゃもじゃ生えてるもん....
.................




すでに船は陸に揚げていて、しばらく仕事は休み。
時間はある.....
3re17345.jpg
自分のお腹の上ですっかり安心してくつろぐ。


よし、飼い主探してみるか!
どうしても見つからなければ引っ越してでも自分が飼う覚悟で!


ということで連れて帰ることにした。
その決断を下すまでに1時間以上もかかった(笑)


スーパーに寄って子猫用の餌を買い、ダンボールももらう。
宿には置けないのでダンボールに入れて車で夜を明かしてもらうつもりだ。

餌をあげると気が狂ったようにむさぼった。
相当お腹が減っていたのだろう。
このくらいの子供は食べるとすぐに便をするそうだが、
肛門を刺激しても便をしなかった。
体はガリガリだがお腹だけがパンパンな状態。
少し心配だ。

子猫をダンボールに入れて車に置く。
窓を少し開けて風通しを良くする。
バタンとドアを閉めると行かないでー!と言わんばかりに、
「ミー、ミー、ミー」と鳴き続ける。
そばにいてやりたい気持ちをぐっとこらえて部屋に戻る。
明日は朝から動物病院にいくぞ。


翌日

猫が気になってあまり眠れなかった。
朝6時半に様子を見に行く。
ダンボールから脱出しており、車の背もたれの上にのぼり、丸くなっていた。
おしっこはしているようだが、まだ便はでていない。
餌は良く食べた。

動物病院が始まるまでにまだしばらく時間がある。
しばらく車の中で猫と遊ぶ。
4re17346.jpg
お腹の上で両手をモミモミ。
おっぱいが欲しいようだ。
6re17349.jpg
乳が出ないとわかると諦めて気持ち良さそうに眠る。
父は乳がでないのだよ...
5re17348.jpg
遊び疲れて手の甲を枕にして寝てしまうの図。


動物病院に連れて行き、健康診断をしてもらう。
痩せているが特に問題はないとのこと。
ノミ取りのフロントラインをつけてもらい、
虫下しの薬も飲ませてもらった。


よし、飼い主探しだ!

心当たりが何人かいる。
そこを訪れてこの子を見てもらえば....

しかし、すべて撃沈....
やはりそう簡単には見つからない。

町を車で走っている時、手入れのされた猫を肩に乗せて歩いている方を見かける。
この方なら大切にしてくれそうだ!
ダメもとで聞いてみるみる。

もう今飼っている子で手一杯だとのこと。
やはり...
一応名刺を渡す。
飼いたい猫好きの人がいたら連絡をしてもらうようにお願いした。


さぁ、これは長期戦を覚悟しなければならない。

しばらく車で飼う事になりそうだ。
向った先は100円ショップ、ダイソー。

トイレ用の砂、ペット用の吸水シート、おもちゃ、なんでも揃ってる!
すげーよダイソー!
金属の網とタイラップでゲージも作れるし。
自分の生活費でさえ節約しているこの状況ではとても頼りになる。
7re17347.jpg
なかなかっしょ?子猫の家。
全部あわせて1500円也。
自分の家もダイソーで作れないかなぁ?

大き目のタッパーにトイレ用の砂を入れてトイレを作る。
するとすぐに自分からトイレに入って用を足し始めるではないか!!
なんておりこうなんだ!

立派なウンコをしてくれた!

そうか、便をしなかったのは砂がなかったからなんだな。
ごめんよー...



さぁ次はビラ作りだ!

人の集まるスーパーなどに片っ端から張る作戦。
まずは一眼レフで撮影会。
顔をダイソーで買ったお尻ふきできれいにする。
いかに可愛く撮るかが重要。
8re17361.jpg
9re17362.jpg
うーん、違うなぁー
10re17360.jpg
11re17358.jpg
これでいこう!

部屋に戻ってワードでビラの原稿を作る。
USBメモリにデータを入れて、まずはコンビニのコピー機へ。
そのコピー機ではデータが読み取れないと表示されたので、
少し値は張るが印刷屋へ。



思えば動物の里親探しは30年ぶりである。
その頃は子犬を抱いて歩き回り、
興味を持ってくれた人にお願いしてみるということしか出来なかった。

その時と比べると、ここ30年の科学技術の進歩、
それと自分の成長(笑)も感じるのだった。
いや、結局同じことしてるんだから成長してないのかもしれない(笑)

12re17364.jpg
ビラが出来上がった!
印刷屋の方が動物好きだったので、値引してくれた上に多めに刷ってくれた。
感謝、感謝。

自分でいうのもなんだがなかなかの行動力である。
自分、すげーな!といい気になりそうだったが...

よく見ると誤字脱字だらけ。
20枚すべてをボールペンで修正するは羽目に...
やること早いけど雑。この性格は子供の頃から直らない。
やっぱり成長してないよ..

さぁそこからビラ張り大作戦!
地図を広げて戦略を立てる。
石垣市の一番西と東にあるコンビニは抑えよう。
それと一番大きなスーパー、マックスバリュー3件とかねひでは絶対だ。
動物病院も攻めるぞ。
地図に丸をつけてルートを決める。

猫が見たいとメールをくれた動物好きの友達Tさんも手伝ってくれた。
何軒かは断られたが、ほとんどの店が快く貼らせてくれた。
さぁ、あとは町の外れのコンビニだけ。


そこに向う途中、電話が...

昨日、電話したが繋がらなかったKさんだ。
郊外の山に囲まれた草原に工場と家があり、夫婦で犬を可愛がっている。
船修理の仕事を手伝わせてもらった上司でもある。
とても信頼できる方なので、もし飼ってもらえるならベストだなと思っていた方だ。

「実は子猫飼わないかなぁと思って....」

と切り出すと猫に興味をもったらしく、年齢や性別を聞いてきた。
ん?今までとは違う展開。
話を聞くとどうやら猫を飼いたいと奥さんと話をしていたところらしい。

まじっすか

とにかく猫を見て欲しいのでKさんの家に向った。
猫を見せるとやっぱり気に入ってくれた。
ここぞとばかりに売り込む。

「まだ痩せてるけどもっと太ったらさらにかわいくなりますよ。
 もうトイレもきちんとできるし、今ならゲージ、トイレ砂、餌、全部ついてますよ!」

しばらく奥さんと相談し......




「では責任を持って飼わせていただきます!」

そんなにすぐに返事をいただけるとは思わなかったので、
その言葉に耳を疑った。

やったー!!!!!!!!!!
よろしくお願いしますとご夫婦と固い握手。

実はビラを貼ったはいいけど、
連絡してくれた人があまり信用できない人だったら断るつもりでいた。
先に連絡をくれている人がいると嘘をついて。

だからよく知っている信頼できる人が飼ってくれることほど嬉しいことはない!
最高だ。これが縁ってやつかもね。
自分とkさん、そして子猫の出会いが繋がったのである。

そして最後に、協力してくれた皆にもお礼を言いたい。
いろんな人にメールして飼い主を探してくれたコバやTさん、
ビラを快く貼ってくれたお店の方々。
自分は子猫の扱い方など全くわからないので、もなかには頻繁に電話してアドバイスをもらった。
連れて帰ろうと決心できたのはもなかの後押しのおかげだ。

みんなありがとう!


今、台風接近で外は暴風が吹き荒れている。
あれ?そういえば台風中にすべきことがあったような....
そう、海上特殊無線技士の勉強である。

猫騒動とブログ書くのですっかり放置してしまった。
大きな出来事だったので書き残しておきたかったし。

猫を預けてから2晩が明けた。
この記事を書きながらいろいろ思い出して、またあいつに会いたくなった。
名前はついたのだろうか?
犬とはうまくいってるだろうか?

これから勉強頑張って、息抜きに会いに行ってみよう...

2011.08.26[金] 忙しかったぁー

お久しぶりです!

しばらく忙しい日々が続いておりました。
1re17374
毎日朝焼けと夕焼けをみた。

ポイント移動中に海を眺めていると、
船首波に乗ってくるイルカ達、悠々と泳ぐジンベイザメ。
やっぱり自分には海仕事が天職なんだなぁ。

で、仕事の釣りの方はというとなかなか厳しい状況。
潮が全く流れないことが多く、さすがのコバも苦戦していた。

でも経費度外視で八重山中の海を走り回って、
豊富な経験とセンスでなんとか見せ場を作るコバのガイド。
学ぶことが多いです!
2re17373
自分が釣ったかのようなドヤ顔..
3re17375
猛獣のような犬歯。かっこええ!!
4re17376
やっぱりコイツのトルクはすごいね。


仕事が一段落し、猫にも会ってきました。
5re17377
これがあげてから3日後に会いに行った時の写真。

そしてこれがつい先日...






6re17378
たった20日ほどでこの成長!
顔がシュッとしてなかなかの美猫になってました。
名前はムサシ。
犬とも仲良くやっているようです。

写真を見比べると前の写真は極端にヒゲが短い。
ヒゲを切られて捨てられたのかもしれない。
ヒゲを切ると家に戻ってこないという迷信があるらしいのだ。


しばらくは台風もくるし、コバが遠征に行くので仕事はお休み。
この機会に無線勉強終わらせるぞ!!

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。