そこへ行きたい

Date : 2011年09月

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.05[月] みんな、逃げろ!!!!

13時過ぎだった。
お腹が空いたので図書館を出てスーパーまで弁当を買いに歩いていた時のこと。

「ゴーバリバリバリッ!!!!」

すごい爆音に空を見上げると自衛隊の戦闘機が低空飛行。
しかも立て続けに2機、ヘリもやってきて低空飛行で島の様子を偵察しているよう。

何事だ?また中国やら北朝鮮の関係?

気味が悪いなぁと思っていると突然サイレンが!!!!

「ただいま、沖縄本島で大規模な地震が発生しました。
 津波警報が発令されましので、直ちに高台へ避難して下さい!」


まじっすかぁ

スピーカーをつけた役場の白いバンが

「直ちに避難してください!!!!」

緊迫した声で呼びかけながら道路を突っ走る。

うん、こりゃ本当らしい。やべぇー!逃げなきゃ!
高台っつてもここは海に近いし走ったって間に合わないよな。
よし、一度図書館に戻って車で急ごう!

図書館まで公園を小走りで抜ける。
全速力ではなかった理由はあまりに周りの人が冷静だからだ。

ベンチで休む人、おしゃべりをする若者。
確かに津波なんて確実に来るとは限らない。
どちらかというと来ないことの方が多いだろう。

「どうせまた来ないんだろ?」

なんてのんびり思っているに違いない。
沖縄の人は特にのんびりしているし。
でもこんなとき、そういう人が一番危ないんだよ!
この前の震災で君達は何を学んだんだ!!!

と思いつつも自分だけ必死になるのも恥ずかしく、
全速力で走りたい気持ちをぐっとこらえて「小走り」で我慢したのだ。

「恥ずかしい」という感情は人命に関わる状況でさえ、
その人の行動を制限してしまうものだということを知る。
自分は他人と違うことをするのが平気な方である。

しかしそんな自分でさえ全速力で走り、
「みんな、危ないからはやく避難してー!」
と大声で叫びたい気持ちはあったが、
迷ったあげく、実行するこができなかった。
そういえば、旅でもこの感情のせいで失敗したことがあったな。

まぁここまで読めば大抵の方がお気づきでしょうが、一応オチを。
図書館に入る前にアナウンスが...

「ただいまのは避難訓練です......」

いやー危ない、危ない!!
もうちょっとで世紀の大恥をかいていたことになる。
公園や図書館内で1人で必死になって
「津波だぁ!逃げろぉーーー!」
と大騒ぎしていたところだった。

避難訓練をするなんて情報は全く知らなかったので、
石垣市をあげてドッキリを仕掛けられた感じだ。
相変わらずおっちょこちょいです....



ついでにおっちょこちょいネタをもう1つ。

無線の勉強に集中できなかったので、
1時間ほど釣りでリフレッシュをすることに。
1re17383.jpg
1匹釣ったところで異変が...
2re17379.jpg
湿った冷たい突風が吹いてきた。
大雨のふるサインだ!

急いで車に戻り、乗り込んだ瞬間に
「ドザーっ!」と雨が。
セーフ!1匹釣ったし雨だし帰って勉強すんべ。
と車を切り替えそうとバックした時。

「ドゴーン!!!!!」
という音ともにすごい衝撃が.....

なんじゃ?ここは砂浜。
ぶつかるものなんてないはずだが....
降りてチェックすると..
3re17380.jpg
唖然。
こんなとこに切り株???

バックミラーにもサイドミラーにも写らないんだこれが...
車が切り株に乗り上げてしまい動かなくなっちまった。
大雨の中、ジャッキアップしてタイヤの下の砂を掻き出し、
近くにあった木の板を入れ込んでなんとか脱出。
大雨の中、大粒の白っぽい砂での作業、
全身砂まみれで「あとは揚げるだけ」の状態。
しかも車はボコボコ。
リフレッシュどころか余計にストレスを溜める..

そういえば、自動車教習所で、
乗車の前に車の前後確認を毎回やらされてたよなぁ。
これからはやります、ハイ..




そんな感じで勉強の合間にもトラブル続出の毎日でしたが、
休みの間になんとか参考書終わらせました!
5re17382.jpg
問題集がちょっとボロボロになった感じに自己満足。
まぁでもまだ出題される単元ごとに2回ずつやっただけなので、
全部正解できるまで繰り返しやらなきゃいけませんが。


ここで皆さんに「法規」の問題から1題。


問:無線電話で緊急呼び出しをするときに呼び出し事項の前に送信しなければならない略語は次のどれか。

1:メーデー  2:パン パン   3:情報  4:非常


さぁ、わかります?












こりゃないだろうと思わず笑ってしまった2番が答え。
問題集の間違いじゃないだろうかと疑っちゃいました!

だって緊急事態に、「ぱんぱん」ですよ?
自分が聞き手だったら「ふざけないで下さい。」って怒りますよ。
Wikiってみるとフランス語のパヌpanneが語源で緊急という意味だった。

まぁこうやって法規は覚えればいいですけどね。
無線工学は自分の苦手な物理分野なんで苦労しました。
トランジスタの仕組みが未だによくわかりません....

一級船舶の試験もそうだったが、
独学での受験はどの程度やるべきかが見えてこない。
選択問題なので意味がわからなくても丸暗記すればいいのだろうけど、
自分はそれじゃ気持ち悪い。
わからない単語を片っ端から調べたりするんで、時間がかかるんですわ。
問題の問われ方が変わっても答えられる状態にしたいので。


昨日は久しぶりの仕事でした。
やっぱりクーラーの効いた図書館よりも、
風が気持ちよい洋上にいるほうが楽しいですな。

次の休みには釣りにでも行きます!
では、また!!
スポンサーサイト

2011.09.14[水] やってしまった........

無線の勉強がひと段落したので釣りに出かけた。

狙いはタマンことハマフエフキ。
1re17384.jpg
見晴らしのいい場所からポイントを探す。

藪こぎしてやっとこさ着いたある場所。
岸際にはベイトがびっしり!
こりゃいいかも!思った直後にこんなものが視界に。
2re17391.jpg
オニヒトデ!
猛毒の棘を持つので踏んだらシャレにならん。
刺されたショックで亡くなった人がいるほど。
砂地でしかも水深が30cmのとこに何でコイツが??!!!
しかもよく見ると結構いるではないか...

注意深く砂地を歩き、岩場にくると..
3re17392.jpg
うじゃうじゃいる...

さすがに危険なので撤収。
はだしで晩秋の栗林をダッシュで駆け抜けるのより恐ろしい。


次のポイント。
とにかくランガンで投げまくる!
10re17390.jpg
11re17386.jpg
おもちゃみたいっしょ?

本命の親戚、フエダイ系は結構釣れる。
5re17389.jpg
6re17387.jpg
イソフエフキは一番釣れた。
小さくても根に入ったら出てこない。
リーダー交換が大変。
7re17388.jpg
キツネフエフキの小学生。
8re17385.jpg
9re17393.jpg
こいつはアミメフエダイ。
通称アメリカ、模様が国旗みたいだから。
一番岸寄りについてるので、
足元から攻めるとまずはコイツってパターンが多い。

ってな訳でまたしても本命登場ならず。
次回こそ....


そして数日後の今日。
宿から歩いて3分の場所で毎日のようにボイルがあるとの情報を聞いた。
朝6時に起床、窓から海を見ると確かに小魚が追われている。
早速準備して、目覚めてから10分後には竿を振っていた(笑)
海辺の生活はいいね♪

ほとんどがダツや手のひらサイズのメッキのボイルだが、
時々50cmを越えるヒラアジが体を見せて「バコーン!!!」
と捕食している。
12re17395.jpg
叩かれているせいか簡単には食ってくれない。
手のひらサイズを数匹釣り、
スレないように明らかに大きい魚のボイルだけに絞る。
13re17396.jpg
なんとか口を使ってくれたのは手尺で40cmジャスト。
GTってヤマメカラー似合わないっすね(笑)
14re17398.jpg
その後はボイルもなくなり、小魚達に遊んでもらう。

その時に事件は起きた...

水面を動かしているルアーにサギがアタック!
15re17397.jpg
釣ってしまった..

しかしこれからが大変。
足に刺さった針を取ろうとすると激しく抵抗。
腕をつつかれてかなり痛い...
つつかれないように首を掴もうかとも思ったが、
あまりに細い首は折れそうで怖い。

そんなことをしているうちに急にサギが翼を羽ばたかせ手からすり抜けた。

プチッ

糸が切れ、足にルアーをつけたままサギは竹富島の空へ消えていった。
時々足に釣り糸をつけたままの鳥を見かけるとかわいそうに思うが、
自分がその犯人になってしまったのだ..
本当にごめんなさい....
無事にとれてくれればいいのだが...

こんなことは滅多にないだろうが、
今度は自分がつつかれて傷だらけになってでも針を取ってやらねば!!

自分は自然が好きで、生き物が好きで、特に魚が大好きで、
だから釣りをやるんだけど、時に釣りは自然を壊してしまう。

でもだからといって釣りはやめられない。
自分にとって一番大切なものだから。
せめて出来るだけ環境に影響を与えないようにベスト尽くすしかない。

いろいろと考えさせられた釣行でした。

2011.09.20[火] 釣りモード全開

台風が近づいたので船は陸に揚げてしまった。
タイミング悪く石垣に来てしまった常連客のMさんと
コバと3人でショア釣りへ。

コバが言ってみよう!と向ったポイントにはミジュン(ニシンの仲間)
が接岸していて雰囲気ムンムン。

レッドペッパーを投げていたコバが「なんか出た!」
自分もコバのそばへ駆け寄ってキャスト。
本当に出た!
1re17426.jpg
やったー!
横取りターポン(笑)

パシフィックターポンにしてはなかなかのサイズ。
ジャンプの感じはアトランティックターポンと変わらない。

その後、自分に明らかに大きなサイズ(80cm超え?)が
体を全部見せての派手なバイト、しかしフッキングでポロリ...
コバも中型をヒットさせるも数回目のジャンプでポロリ..

メキシコに続き(1人釣り合宿)、ここでもターポンの口の堅さに惨敗...

でもターポンの派手なバイト、ジャンプやっぱりかっこいいっす!


その翌日。
朝の同じ潮に3人で再びターポンに挑む。

が、ノーバイト..

そしてコバが、「フラットボートをチャーターしよう!」
という気まぐれな提案。
Mさんも自分も異議なし!

と言うわけで午後2時から出船。
2re17422.jpg
船はリトルターンさん。

小さな船での釣りは初めて。
遠いところへはいけないけど、
大きな船が行けないドシャローにも入っていけるのが魅力だ。

開始からしばらくはバイトがあるものの乗らない。
半分冗談でsuper spookを投げてみると、
ドッカーン!と水柱。
3re17424.jpg
カスミアジ!
シャローにいる魚はルアーの食いっぷりがすごい!
やる気満々なのだ。
4re17425.jpg
5re17431.jpg
コバもトップでフエダイ系を次々と。

そして反応が鈍ったので、またHEDONのsuper spookに変えてみると...
6re17430.jpg
イソフエフキ
7re17423.jpg
ムネアカクチビ

と絶好調。
2軍の補欠だったsuper spook選手、この日から1軍先発へと昇格です!

その後、コバに明らかにいいサイズのアジが出るも
ドシャローでPE1号ではなす術なし....
一発大物狙いのMさんにもドカン!とが出るも残念ながらフックアウト。

初めて乗ったフラットボート。
みんなでワイワイいいながらかなり楽しかったっす!
自分もフラットボート欲しくなった....
船の借金を返し終わったらご褒美に買うぞ!
っていつの話だよ...?

で、またまたその翌日。
Mさんが帰る前日。
自分がショアで見つけたとっておきのポイントに2人を案内。

8re17420.jpg
早速Mさんが良型のミーバイをゲット!
9re17418.jpg
自分も一軍入りしたsuper spook Jr.でフエダイ捕獲!
10re17419.jpg
良型のクチナジも!

その後、正体不明の良型に根に走られブレーク...
ぐやじい...
浅いリーフでデカイのかけると何も出来ない...

少し離れた所で黙々とキャスティングしていたコバは、
後に聞くとなんと30バイト以上。
何匹釣ったかわからないほど。
さすがだね。

やっぱりここは魚影が濃い。
釣友が石垣に遊びにきたらここに案内しますぜぃ!
ってあと1ヵ月しかいないけど...

そんな感じで3人で3日間、怒涛の釣り三昧でした。
ちょっと遊びすぎたので、
その後しばらくは真面目に勉強してましたよ(汗)

明日はまたフラットボートに乗ってきます!
その結果また報告しまーす!!

2011.09.24[土] 久しぶりのオフショアでガチ釣り

どもー!
久しぶりの仕事で疲れて眠いので短めにいきます!

この前乗ったフラットボートはAngler's highさん。

コバの船の常連でもあるSさんが予約していたところに、
相乗りさせてください!と乱入した。


まずはコバが特大バラクーダ!
re17432.jpg
次は自分が本命のGT!!
re17433.jpg

ルアーはヤンバルアートクラフトのハリアー。
丸呑みです。
次はコバのルアーに派手に出た!
re17434.jpg
re17435.jpg
良型GT!!!

最後に自分がスマガツオを追加し、終了。

あれ?
最初に予約していたSさんは??

何度もルアーに食って来たがフッキングに至らず。
なんだかSさんついていない..

船長のアラヤさんに2人ともKYと言われる(笑)
KYでもなんでも、とにかく楽しかったからヨシとしよう!

ではまたー!

プロフィール

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。