そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.20[水] もっと食べたい!飲みたい!ブリュッセル!

ブリュッセルの北駅にバスが着いたのは8時過ぎ。
でもまだ暗い。リヨンから北西へ何百キロも来たからだろう。

地下鉄に乗ってホテルに到着。

チェックインしようとすると、受付のおばちゃんが

「あなたたちは昨日来るべきだったわよ。
(予約日時が記載してある文書を見せながら)ほら、
予約は昨日になってるじゃない。ちゃんと昨日の宿泊費払ってね。
今日は満室で泊まれないわよ。仕方ないわ、あなたが間違ったんだもの。」

まぁじっすかーーーーー!!!
頭が真っ白になる。
ネットで調べた時、すでに安宿は満室だった。
しかなく、少々高いが個室にしては安いここを選んだのだ。
きっと安宿はどこも一杯で高い宿しか空いていないはず。

予約をぶっちぎったここの宿代だけでなく、
おそらく高いであろう今日の宿代まで払わなきゃならない。
しかもこれからの宿探しは大変だろう。

やっちまった。
昔から直らない、自分のケアレスミス。
夜行バスの移動があるので予約の日付を間違えないようにしようと、
何度も確認して予約したはずなのに.....
ネットで予約したので入力間違いだろうか?

その宿に紹介してもらった宿へ行ってみる。
やはり高い。朝ごはんなしで75€と言われる。

さぁ、どおする?

こんな時に頼りになるのがマクドナルド。
朝早くから夜遅くまでやっていて、安くて、しかもWifi可能!
Wifiができない宿に泊まった時は、
コペンハーゲン、アンカラなど世界各国でお世話になっている。

たまたますぐそばにマクドナルドがあった。
朝マックをほおばりながらノートパソコンを開く。
ネットでホテル情報を収集するのだ。

あんだけ何度も確認したのに何で日付間違えたんだ?
納得いかないので、まずは予約確認メールをチェック。

あれ?合ってるじゃん!

間違いなく、その日の夜に予約している。
ってことは、おばちゃんが誰かと勘違いしてんじゃないだろうか?
そういえば、予約日時が書いてある用紙の日付は確認したが、
名前まではきちんと見てなかった。
そうだ!おばちゃんの間違いだ!

マクドナルドに荷物ともなかを置いたまま、
ノートパソコンを持ってもう一度宿へ。

ガク「あなたが私を誰かと間違っているんじゃない?」
おばちゃん「そんなことはないわよ!ほら見てみなさい!」
さっきの用紙を見せられる。
名前を見る。
「●△■×・リー」という中国系の名前が書いてある。

やっぱり!これ自分じゃないよ!

どうやらおばちゃんは東洋人で朝早く来たというだけで、
昨夜予約をぶっちぎた中国系の人と思いこんだらしい。

勘弁してよ~!!

自分はケアレスミスが多いので自分が信じられなかった。
間違ってるといわれると、「あーまたやっちまった!」
と自分でやったに違いないと思い込んでしまったのだ。

おばちゃんと自分と双方で思い込んでしまった結果だった...

しかし、朝9時過ぎにもかかわらず、部屋に入れたし、
トイレバス共同にしたはずが、トイレバス付だったので、
まぁよしとしよう。

少し休んでから宿の周辺を散策。
Aresize1397.jpg
しかし...生憎の雨。でもグランプラスには観光客が多い。
この時期のヨーロッパは雨を覚悟しなければならない。

雨が強くなってきたのでホテルへ一旦戻る。

そして夕方5時にこのブリュッセル滞在で
最も楽しみにしているある目的地へ向け出発。

そうです、レストランです。
地元でおいしいと評判のレストラン。

この情報、ガイドブックでもネットでもありません。
ブリュッセル在住の日本人の知り合いNさんから
聞いた情報なのです!
しかもNさんはおいしいもの大好き!
(だと思います...)

こんな確かな情報なかなかありません!
おいしいレストランを見つけるのって難しい。

宿の人に聞いても、商売のつながりのある店を紹介されたり、
その人がおいしい物に興味がなければあまり知らないし。
ガイドブックは打率が低いし。

残念ながらNさんはポルトガルへ旅行中でお会いすることはできませんでしたが、
メールで本当にたくさんの情報をいただきました。
本当にありがとうございました!


地下鉄の乗換えを間違えたり、乗り場がどちらか迷ったり、
結局1時間くらいかかってようやく店に着いた。
慣れないとブリュッセルの地下鉄はわかりにくい..

メニューはフランス語のみなので、
お店のおすすめを教えてもらってそれを頼む。

まずは飲み物。楽しみにしていたビール。
Bresize1398.jpg
これは修道院で作っているORVAL。
このオレンジに近い色が特徴。

いやぁうまい!!!
芳醇な香り、コクがすごい。
味が濃いけど後味はすっきり!

世界で修道院で作られているビールは7種あって、
そのうち6種類をベルギーで作ってるらしい。
今回の滞在で修道院ビールを4種飲んだけど、
これが一番気に入った。

「ベルギーはビールが世界一うまい説」
本当かも知れない...

そして前菜。
Cresize1395.jpg
お腹がすいていたので撮影が適当になり、
今回はショボイ写真が多いです(笑)

これは日本で言うかにクリームコロッケ。
これがすごい!

今まで食べていたかにクリームコロッケでは、
かにVSクリームでクリームが圧勝。

しかしこいつは違う。
かにとクリームが互角の勝負をしているのだ。

多分、甲殻類だけじゃなくって貝等のダシも入ってる。
旨みがぎゅっと凝縮されていて、クリームに負けていない。
そのクリームだって超濃厚、
それと互角の勝負するんだから相当なものです。

口に入れるたびに笑みがこぼれる。
すごいや、これ。

そしてメイン。
Dresize1396.jpg
自分のは肩肉のステーキ。
日本の和牛のような刺しの入った口の中でとろける肉ではない。   
野性味がある牛のうまさがよくわかる肉。
焼き方もすばらしく、表面はかりっと香ばしく、
中はほんのり赤くてやわらかい。
ナイフで切ると汁がジュワー...最高!!

Eresize1399.jpg
これはもなかのメイン。ブイヤベース。

これ、優勝。

クリーム仕立てのスープなんだけど、
魚介の複雑な旨みとクリームが絶妙なバランス。
どちらも殺しあってなくってひとつにまとまっている。

そして中にはサーモン、赤身の魚、白身の魚、
海老、ムール貝がゴロっと入っている。
これが身がしっかりとしていて、まだ旨みがしっかり残ってる。
きっとアラでダシをとって、
身はタイミングを考えて後から入れてるのだろう。

ボリュームもすごくって、この皿一辺が20cmはある。
深さは10cm近い。相当な量。
それでもまだ食べたりないほどにおいしい。

永遠に食べ続けていたい.....

うん、これ前回のリヨンのポールさんのレストラン抜かして、
この旅での最高の料理だ!
値段も最高だったけど...1人4000円ほど。
でも日本で1回飲み会行ったらすぐこのくらいなるもんな。
そう考えたら安い!安い!(言い聞かせている....)

ベルギー恐るべし。Nさん、すばらしい情報ありがとう!

A、このレストランに日本から来るとなると大変。
B、ブリュッセルを去るのは翌日の夕方。
C、このレストランは昼もやっている。

A+B+C=明日の昼も食べに来る

いくら考えてもこの式に間違いはないと思うので、
明日も来ることに決定。

宿に帰って、昼間買っておいたベルギービールを飲む。
たった一泊の滞在だからね。
世界一ビールのうまい国では腹が破裂する寸前まで
ビールを飲まなければいけません。
Esresize1411.jpg
それぞれに特徴があるので面白い。
アルコール度数が10%近くあったり、
色も薄い色から、黒から、オレンジ...
ベルギーのビールに比べると、
日本のビールってあまり差がない。
日本のビールもおいしいけどね。

そして翌日。
荷物をまとめてチェックアウト、
宿に荷物を預けて向った先は...
Fresize1407.jpg
有言実行(笑)
昨日のレストランLe Saint George。

ムール貝が旬らしいのでそのワイン蒸しを。
Gresize1406.jpg
1人分だけどヘルメットぐらいの鍋に山盛り出てくる。
鍋の底にたまったスープに浸けながら食べるのがうまい。
セロリも一緒に蒸してある。これが合うんだな。

こちらは店員さんのおすすめの焼き魚。
Hresize1408.jpg
魚は脂乗ってってうまい!
あまりにおいしいので骨までしゃぶって食べてたら、
行儀が悪いともなかに怒られた(笑)

そして一緒に盛り付けてある野菜もうまい。
インゲンも味が濃いし、ジャガイモのホイル焼きがまたうまい。
ただ蒸かしてあるだけのジャガイモだけど、自然な甘みがいい。

いやー、うまい!

これでお金がなくならなければ最高なんだけどね。
大丈夫なのか?最近、使い過ぎ....
この幸せを壊したくないので、お金のことは忘れる。

※この店の情報をいただいたベルギー在住のNさんから連絡があり、
この店が最近、拡張、改装し、その頃から味が落ちてしまったとのことです。
おいしくないわけではないようですが。
現在は行ってもこのときのような味は期待できないようです。


今日は天気も良くなり、町を散歩。
Iresize1409.jpg
左上の魚の骨の絵。どうやって書いたんだ?
不恰好な感じがかえってリアル。
Jresize1403.jpg
グランプラスに来たその理由は...
Kresize1404.jpg
ワッフル!実はベルギーはワッフルも有名。
正直これは特別おいしいワッフルとは言いがたいが、
(ガイドブック情報なので....)
きっと調べればもっとおいしいところあるんだろう。

ベルギーはチョコレートも有名。
あのゴディバ、ベルギーのメーカーだったとは知らなかった..

ベルギーは実はフランスに負けない美食の国なんですね。
ここに来るまではそんなイメージ全然なかったけど。
1泊でも来て良かった!

そして往生際が悪い自分はスーパーでまだ飲んでいない
ビールを2種類買い、フランクフルト行きの列車へ乗り込む。
ICEというドイツの新幹線みたいな列車。
今までの陸路の移動では最も贅沢。

安いバスが見つけられず(本当はあった...)、
ネットで割引販売してるのを見つけて思い切ってしまったのだ..

こんなに贅沢して大丈夫なのか?

「せっかくだから!」

最近、印籠のように最後に自分を納得させるこ言葉。
このところ物価が高い国が続いているが、
こういった国で節約を頑張りすぎると何もできない。
特に1泊となると、もう思い切るしかない。

うん、そうだそうだ。

快適な座席に座りながら自分に言い聞かせ、
ベルギービールを飲みながら、
ソーセージとビールの国へ向うのでした。


****************** 旅 情 報 **********************

●交通

リヨン→ブリュッセル

バス ユーロライン

21:30発8:30着(所要時間11時間)
69€/1人(≒8970円)

イタリア発のユーロラインと比べると席が各段に広い。
よく寝られた。
しかし、暖房があまり効いておらず寒かった。
バスは暑すぎることはよくあっても寒いのはまれ。
暖房の効きは運転手次第だと思われるので、
防寒具は準備していおいた方がいい。


●宿泊

ブリュッセル

Hotel François

住所 : Rue Borgval, 15 Brussels
TEL : +32 25111516
Email: hotel.francois@gmail.com

ダブル、トイレバス付、Wifiフリー
60€/1部屋(≒7800円)

ホステルワールドにて予約
http://www.hostelworld.com/index.php

おすすめ度★★★☆☆
resize1413.jpg
土曜日だったせいか、ドミトリーの安宿は空きなし。
女性専用ドミがいくつかあっただけ。
仕方なく高このいホテルにした。

予約ではトイレバス共同部屋だったが、
案内された部屋はトイレバス付。
もちろん、予約したときと同じ値段。
バスタブがあるので久しぶりに湯船につかった。
高いホテルなのでもちろんこれといった不満はない。

グランプラスまで歩いて10分かからないし、
地下鉄の駅から歩いて数分、立地は最高。

早朝でもチェックインできて、
チェックアウトも11:30と遅めでうれしい。

Comment

2010.01.20 Wed 19:29  うわー

ORVALうまいですよねー!ぐぐぐー
のみたいっす・・・
そして料理がうまそうで、おながもぐうぐうです。
南米でまってますねー
  • #-
  • ちゃっく 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.01.21 Thu 22:22  

>ちゃっく
ORVAL最高だよね。
でも一泊だからおいしいビールをたくさん飲み損ねてんだろうな。

南米着いたぜ!
このムッとした空気、懐かしくもあるね。

サンパウロの鹿児島、居心地良すぎ。
チャックに追いつけるかなー.....

2010.01.22 Fri 15:39  旅が始まったよ

只今イスタンブール空港です。ふたりはこれから南米なんだね~。アタシたちはこれからモロッコに飛びます。
ではお互い健康で安全に、時には冒険もしつつ、旅を楽しもう!
  • #-
  • アキ 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.01.22 Fri 20:39  

>アキさん
おー!!!!
イスタンブールなんだね!
イスタンブールも寒くなって、先日は雪が降ったそうだよ。

モロッコの話聞かせてね。
砂漠かなりすばらしいらしいよ。

気をつけてねー






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/106-98df5b7b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。