そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.23[土] ついに南米上陸!サンパウロ

サンパウロ行きの飛行機に乗り換えるため、
サルバドール空港へ降り立つ。

外へ出ると湿度が高く生暖かい。
このムッとする感じ、旅の始めに訪れたアジアの国を思い出す。
空港の周りには青々としたブロッコリーのような林。
どす黒い低い分厚い雲の切れ間から見える眩しい青空。
やっぱり想像通り、でも新鮮。
ついに南米に来たんだ!

入国の際もブラジル出国のチケットを提示させられることもなく、
荷物も大幅にまとめて制限以内におさめた。
なんとかなるものだ。

国内線に乗り換え、サンパウロへ。
到着は夜中だったので、
安全を考えてこの日は空港のベンチで仮眠。
翌朝、ローカルバス、地下鉄を3つ乗り継ぎ、
そこから10分ほど歩く。
Aresize1431.jpg
宿までの道。
高いビルが立ち並ぶ大都会だけど、
その日差しと豊富な雨量のため、
土があるところには、隙あらば!という感じで、
木々が草花がモコモコと生えるのだ。

今回の宿はその名も「鹿児島県人会館」

その昔、30万人の日本人がブラジル移住した。
だからサンパウロにも鹿児島県人会があるのだ。
正確には宿ではないが宿泊施設があり、
空いていれば旅人にも開放してくれる。
とても立派な建物で、高級住宅街にある。
そして活字に飢えていたもなかが楽しみにしていた本。
Bresize1434.jpg
今も横で読書に没頭している。

Cresize1439.jpg
なんと中にはプールも!
Dresize1442.jpg
そして飾られている絵は、桜島!
西郷さんの像があったり島津藩の家紋がついた兜があったり、
鹿児島だってこれほどこてこての鹿児島グッズがある場所は稀だろう。

滞在者も日本人がほとんどで旅人は自分達だけ。
留学生や仕事をしている人が多い。

すっごい眠いけど、昼寝は我慢。
ドイツとの時差に順応するためだ。

一休みして早速出かける。
一眼レフにはしばらく休んでもらう。
高価なカメラを首からぶら下げては、
盗ってくれー!と宣伝してるいているようなもの。

うちの3番手、水に強いPENTAX 80WSと
コンパクトだけど写りは良い、2番手
RICHO R8に頑張ってもらう。
Eresize1432.jpg
何車線もある大通りの傍らに普通にさいているハイビスカス。
南国に来たことをかみしめる。

地下鉄に乗って20分ほどで着いたのは...
Fresize1435.jpg
日本人街!

日本語の本がズラリと並ぶ本屋。
寿司弁当や納豆、せんべいなど日本の食品を売っているスーパー。
Gresize1426.jpg
このスーパーの品揃えはものすごい。
日本のその辺のスーパーより間違いなく多い。
カレーのルーだって10種以上はある。

「見て見て!これ!」なんつって大はしゃぎ。

そしてラーメン屋あすか」に入る。
店長っぽいおじさんも、顔の濃いラテン系の従業員も
みんな左胸にひらがなで「あすか」ってロゴが入ってて笑える。
Hresize1425.jpg
ラーメン店激戦区の日本のうまいラーメンと比べたらそれりゃ劣るけど、
贅沢いっちゃいけない。
日本のラーメンであることは間違いない。
ほっとする懐かしい味だ。

何がいいって、勢いよく
「ズズッー!!」ってすすれること。
麺はこう食わなきゃうまくない!

隣のブラジル人が麺を大盛りにした上に、
音を立てないように丁寧にゆっくり食べているので、
見るからに麺が伸びておいしくなさそう...

何がおいしいかをよく知っている日本人だからこそ、
こうやって麺を食べる習慣ができたんじゃないかと思う。
すすることによって程よくスープも口の中に入るからだ、
なんていう説も聞いたことがある。

いやー不思議だ。
今まで訪れた中で最も日本から遠い場所だけど、
最も日本の人、物、文化に溢れた場所。
ブラジルって日本からそんなに遠くないんじゃないか?
って錯覚するほど。

しばらくはサンパウロの鹿児島でゆっくりしよう。
もなかは読書に没頭、自分は釣り情報収集。
キッチンも材料もあるので、毎日日本食を食べよう。
ブラジルのいろんなビールも飲んでみよう。
沈没注意です......

****************** 旅 情 報 **********************

●交通

飛行機 Condor社

フランクフルト→サルバドール
9:45発16:45着(現地時間、所要時間11時間)

サルバドール→サンパウロ
18:45発22:25着(現地時間、所要時間2時間40分)
実際は30分以上遅れた。

392€/1人(≒50960円、空港税など諸費用込み)

格安航空会社なので、物制限は手荷物6kg、預けが20kgで、1kgにつき20€の超過
料金という注意書きにビビッて、荷物をだいぶ削った。しかし、チェックイン
している他の客を見ると、明らかに重量オーバーの荷物も超過料金なしでOKの
ようだった。


●宿泊

サンパウロ

鹿児島県人会館

住所 : Rua Itajobi, 54 Pacaembu Sao Paulo
TEL : 11-3862-2540
Email: kagoshimabr@terra.com.br

ドミトリー、トイレバス共同、キッチン、Wifiフリー
25ヘアル/1人(≒1250円)

ここは宿ではないので評価はなし。
本来は研修などに使う施設。
空きがあれば旅行者も泊まれる。

個室もあるが現在は長期滞在者で満室。
ドミトリーは4ベッド。
広い共同スペースが3部屋、プール、日本語書籍多数。
地下鉄駅まで徒歩10分。宿→駅は急な上り坂。
安いスーパーマーケットまで20分。

地下鉄クリニカス駅を降りて東へ。(白い塀のある墓地を左に見ながら大通り
沿いを直進)最初の交差点を左折。そこから急な下り坂になる。坂を下りて一
本目の道路を渡って数件目、左手。

Comment

2010.01.24 Sun 17:32  

ついに日本の真反対のブラジルに着いたね。
おめでとう?
時間を見ながら9月まで見ました。
キリマンジャロ登頂にオーロラとの遭遇
うらやましい限りです。
体調だけには気をつけて旅を続けてくれ。
  • #-
  • のりだー 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.01.24 Sun 21:19  ここって

日本でしょ?(笑)
いやいや、鹿児島でしょ?

ブラジル到着おめでとう!
無事に入国できたようで良かったね。

いやぁ「あすか」のラーメン、おいしそうだよ。
  • #-
  • [URL]
  • [Edit]

2010.01.25 Mon 01:19  

お、南米ですね!

フランクフルトで、なんとかお会いできるか?と思ったのですが、
僅かにニアミス。こちらは20日夜のフランクフルト入りでした。

こちらの南米上陸は来月下旬になりますが、季節的なこともあり、
まずは南にばしっと飛んでしまおうと思っております。。お二人は
パタゴニア等、最南端あたりにいつごろのご予定でしょうか?

サンパウロで日本食材は何でも手に入りそうですが、今度は
私がサンパウロ一番、否、サッポロ一番味噌味を日本から
持参いたします。

引き続き楽しい旅を!
  • #-
  • 運び屋@ヘローナ 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.01.25 Mon 11:44  VIVA!南米!

VIVA!南米!

楽しく拝見させていただいております。

実際の距離は遠いんだけどなぜか親近感感じるブログですね。

von voyage!!&enjoy!!
  • #TTM2yvWU
  • iphone 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.01.25 Mon 20:43  

>のりだーさん
あざーっす!
日本の裏側のもう1つの日本に来てしまいました。
ブログ読んでいただいてありがとうございます!
自分も暇なときに読み返したりします。
もういろんなことがありすぎて、
キリマンジャロなんか遠い昔のことに感じます。

ブラジルにはBOHEMIAという、
ドイツの移民たちが作ったうまいビールがあるので、
昼間から飲んだくれてしまい困っています(笑)
体壊さないようほどほどにします...

>L
ういーっす!
無事に入国できたよ!
こっちでは炊飯器があり、白飯を食べているので
もらった味噌汁、重宝してるよ。
さすがのサンパウロもあさげシリーズは売っていない!

でも東洋人が普通すぎて、自分達が旅行者として扱われない。
ポルトガル語で道聞かれたりもうガンガンに喋ってくる。

ではでは、例の件、連絡待ってるよ!

>運び屋さん
おー!かなりのニアミスですね!おしい!

来月末に最南端へ飛ぶ訳ですね?
ということはそこでお会いできるかもです!
自分らも来月末ごろにブエノスアイレスからバシッと
最南端へ飛ぼうかと思います。

パラグアイのイグアスの日本人移住地で釣りをしようと企んでいますが、
それがあまりに面白すぎたら遅くなってしまうかもしれませんが..

もし最南端でお会いできたら、
レンタカーシェアしてトゥルーチャ釣りに行きましょう!!

>iphoneさん

iphoneさん、はじめまして!
ブログ見ていただき、ありがとうございます!

実際の距離は遠いということは、
日本にお住まいなのでしょうか?

日本はやっぱり居心地がいい国です!
地球の裏側の擬似日本からでさえ、
なかなか離れられないでいます...

これからも気をつけて旅を紹介します。
また来てくださーい!

2010.01.26 Tue 22:27  

無事南米到着おめでとう!
もなかちゃん、読書してる?

違う国なのに日本を感じるわぁ。
ラーメンも美味しそう。

体に気をつけて楽しんでね~。

オザケンのライブ情報もちろん興奮しとります!!
あ~行きたい!!
  • #TRcOFq4w
  • なお 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.01.27 Wed 01:35  

最南端ウシュアイアにいます。
いやはやのんびりです。
いやはや、肉が、ワインが、本当にどうしようもなく安い、うまいです。
覚悟してきてください。
僕はあさってから2泊3日でウシュアイア→ブエノスバスです。
耐えれるかなあ。。。
  • #-
  • ちゃっく 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.01.27 Wed 08:46  

>なおちゃん

手当たり次第に、読書しまくってるよー!
今日は図書館にも行きました。
もちろん日本語書籍のみ!
サンパウロでは、日本食を食べ、日本語でしゃべり、カラオケも?!
不思議な感じだよ。
日本から一番遠くまで来たのに、どっぷり日本に漬かって暮らしてます。
すごく居心地がいいよ~♪
でも考えると、居心地がいいのも移住者の方々のおかげなんだよね。
移住の歴史も興味深いです。


>チャック

おー!そりゃ覚悟せないかんですな。
夢にまで見たアルゼンチンの牛肉...

そしてブエノスアイレスに向う!
ということは接近中じゃないか!

ワシらは物価馬鹿高の南パンタナールで打ちのめされてから、
パラグアイの日本人移住地に避難する予定。

釣りもできるらしいので長居の可能性あり。
そこの日本人宿はポンだのチーだのもできるらしいぜ。
ビールめちゃ安いらしいで。
農協あって納豆、豆腐も買えるらしいでー。

待ってるよー!






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/108-b55aedfe

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。