そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.08[月] タオ島を発つ

タオ島には1週間滞在したのでゆっくりとできた。

◎ダイビング
タオ島ではボートダイビングが1本900バーツ(≒2700円)と日本の半額以下で潜れる。
良い機会なので、滞在中に数本潜った。
風があり、ジンベイザメが見られるかもしれないポイントには行けなかったが、
日本とは違った海を堪能できた。

こんなとこで潜りました。

2人とも5年以上ぶりにタンクを背負う。

海中世界は陸上と違い、人工物がほぼない。
海の生き物達が主役で「おじゃましまーす」ってな感じで海へと入る。

魚は陸上の人間には強い警戒心を示すが、
海中にいる人間には警戒心を緩める気がする。
自分が海の生き物として少し認めてもらえたようでうれしい。

エアーを吸う加減で上下の移動も思いのまま。
三次元を自由に動き回れることの気持ちよさ。

うーん、やっぱりダイビングはいい!


◎釣り
足がつくほどの水深のリーフでミノーを引くと面白いようにハタ類が釣れる。

ダイビングのメッカ、タオ島では釣り人は奇人であり、
興味深げにタイ人や欧米人が釣りの様子を見に来る。
いつの間にか観客に囲まれながらの釣り。
魚がヒットするたびになぜかタイ人達が大爆笑。
わしゃ大道芸人か?

「そんなおもちゃみてーなのでなんでそんなに釣れるんだ?」

ってな感じの笑いだと思うが、本当のところはわからない。
ほとんどが20~30cmのハタ類だけど、こんなやつもヒット。
resize0086.jpg
日本にはいないフエダイの仲間らしい。
ライトタックルなので、珊瑚だらけの浅場ではかなりスリリング。
楽しませてもらいました!


◎帰りのフェリーで.....
フェリーで島を発つとき、乗船名簿に中学時代の同級生と同じ名前を見つけた。
まぁローマ字だし同姓同名なんて普通にいるだろう。

いや、まて、「彼はダイビングにはまっている」
という話を他の友人から聞いたのを思い出した。
待合所に1人だけ日本人がいたので、それがその名前の人物だとわかった。
何気なく彼に近づき横目でちらちらと見る。
似ている気もするが、もう20年も会っていないのでよくわからない。

駅前のダイエーとかシャポーじゃないんだし、
まさかこんなタイの離島でばったり会うはずがない。
結局声をかけず、フェリーに乗り込んだ。

彼は自分たちの2~3つ前の座席に座った。
彼が後ろを向いたので正面から顔を良く見ることができた。

うむ、間違いなく面影がある!
ひょっとするかも?
思い切って声をかける。

絞りこみ作戦開始。

ガク:「こんにちは、日本の方ですよね。」
彼:「ハイ」

ガク:「ひょっとして●×市出身じゃないですか?」
彼:「えー!!!??はぁ??」
驚きを隠せないのがわかった。
ちょっと急に絞込みすぎてしまったか?(笑)
しかし、それで本人だと確信。
核心に迫る。

ガク:「●×□中学のテニス部にいなかったですか?」
彼:「えーーー!!!!!はぁ????」
彼は完全にパニクッている。
後に彼から聞いたのだが、
自分の個人情報が漏洩していることに恐怖すら感じたらしい。
無理もない。
不信感が募っていく前にすぐに種明かし。

ガク:「覚えてる?テニス部の~だよ。」
彼:「あー、いたいた!!」

自分は中学時代、色白のもやしっ子で、髪も長かった。
いまや日焼けした肌に髭もじゃ、国籍不明の髪が薄いおやじ。
さらにタイの離島というロケーション。
わかるはずがない。

まさかの出会いⅡである!

フェリーに乗っている2時間の間、
中学時代、共通の友人、ダイビング、カメラ、旅の話で盛り上がった。
彼は厳しい下積みを経験後、独立、自分のやりたいことを生業としていた。
職は違えど、これから自分も同じような道を進みたいと思っているので良い刺激になった。
resize0087.jpg
「っしゃラッキーだ!」
テニスの試合での懐かしい掛け声を叫びながらの記念撮影。
手にラケットを持ってるつもり。

バンコクまでのバスは違ったが、バンコクで合流。
カオサンの宿を紹介してもらい、
日本に帰ったら必ず飲もうと約束して別れた。

いやーこんなことってあるんですね。
多くの偶然が重なった出来事、いまでも信じられない。
宝くじに当たるより確率低いっしょ?
旅は知らないものに出会う刺激ばかりではないんですね。

S君いろいろとありがとう!
今度はアポありで飲みましょう!

Comment

2009.06.09 Tue 15:57  

このブログ仕事中見るもんじゃないわ…
一気に頭の中だけ旅に出てしまう…

旅先でバッタリってテンション上がるよね~
最近実家の近くにいたんでしょ!?
何で最寄り駅とか家の近所で会わないのに
海外のフェリーで会っちゃうのかねぇ。

俺も今からそっちにバッタリ会いに行きたいよ。
それじゃバッタリじゃないか…
  • #VFGCi3BI
  • しゅうじ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.06.09 Tue 16:32  

>しゅうちゃん
来るなら今だぞー!
プール付き、テニスコート付き、メイド付きの超高級マンションの一室
からこのコメントを書いています。
いやー海からいい風が入ってきますな。

なぜ、こんなところにいるかはまた次の記事で。
因みに明日からまた2人で700円の宿だから来るなら今日中ね。

時間が合えばどっかで合流しようよ。
南米あたりはどう?


  • #SFo5/nok
  • ガク&もなか 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.06.09 Tue 20:44  

ひと足もふた足も先に、日本に帰ってきたよ。
この偶然に興奮し、先ほどKザマ君にも電話してしまったよ。

バンコクの宿はどうだった?
日本に帰ったら、アポなしでもOKだから飲みにいこう!

それにしても、いい写真撮るね~。
トカゲも猫も料理も雰囲気あってイイ感じ。
見習わないと・・・(汗)

では、二人にとって楽しい旅になるよう、日本で祈ってまーす。
  • #Na2Yg6cE
  • S君 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.06.09 Tue 23:35  

>S君
おー!無事日本に着いたんだね。

そうそう、バンコクの宿なんだけど、すぐ近くに気になるところがあって、
そこ見せてもらったらかなり良かったのでそこにしたよ。
今度紹介するよ。250バーツでっせ。
重いスーツケース持ってわざわざ案内してくれたのにごめん!

HP見せてもらったよ。さすが凝ってますなー。
波の音がいいね。写真のこといろいろ教えてください!

これから連日仕事だったよね?
頑張ってねー!
ではでは、また来てください!



  • #SFo5/nok
  • ガク&もなか 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/11-9757708b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。