そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.08[月] イグアスの滝 ~アルゼンチン側~

バスを何度も乗り継いでクタクタになる。
結局フォスドイグアスまで20時間の長旅だった。
地図で見ると近そう何だけど..ブラジルは広い!

翌日、早朝に起きてアルゼンチン側のイグアスの滝へ。
イグアスの滝はアルゼンチン、ブラジルの国境にあるのだ。
迫力があるのは断然、アルゼンチン側らしい。

出国、入国の手続きなどに時間がかかり、
2時間ほどかかってようやく到着。

まずは名物のボートに乗るため、
遊歩道を歩いて川へ下る。
いよいよイグアスの滝と対面。
Aresize1505.jpg
これはほんの一部。数キロにわたって大小様々な滝がある。
Asresize1509.jpg
ちょうど雨季で水量が多く、ド迫力!

流水が作った力強い風に煽られ、
水しぶきでみんなビショ濡れ。

Bresize1507.jpg
いよいよボートへ。
滝へ近づくとそのスケールの大きさがよくわかる。
そしてハイライト。滝へ突っ込む!
Cresize1504.jpg
これが予想以上。
もう、すごいというより訳がわからない。
水しぶきどころでなく、
バケツいっぱいの水を顔に力強くぶっかけれらる感じ。
目を開けていることができず、身の危険を感じるほどの水流で、
スリル満点!
体全体で滝の迫力を感じることができる。

ボートを降りると、乗り場に蝶の群れがいた。
Dresize1517.jpg
この写真を撮っていると、
「ガク!うしろ!」
8時だよ全員集合的な掛け声にふと後ろを見ると...
Eresize1515.jpg
ワニ!しかもデカイ!尻尾まで2m近くありそう!

こんなヤツが普通にこの観光地でもウロウロしてるとは..
さすが南米!楽しすぎる!

他にもいろんな生き物に会えた。
Fresize1501.jpg
昆虫ははじめて見るものばかり。
多分、ナナフシの仲間。

Gresize1502.jpg
これはハナグマ。残念ながら残飯を目当てに、
人に寄ってくる。油断するとご飯をさらわれる。
Hresize1500.jpg
でかいトカゲ。これも残飯目当てに寄ってくる。
見れたのはうれしいけど、ちょっと残念かな。

次はイグアスの滝、もっとも大きなその名も
「悪魔の喉笛」を上から見る。
Iresize1516.jpg
こんな感じで炎天下、長い桟橋を延々と歩く。
ここからもいろんな動物が見れて楽しい。
Jresize1514.jpg
石の上にカメが!

そして先端の展望台に着。
Kresize1513.jpg
すごい音!
水量が多すぎて、水煙でなかなか全貌が望めない。
でもその巨大な水煙の中に莫大な量の水が吸い込まれていく姿は恐ろしく、圧巻だ。
Lresize1503.jpg
みんなずぶ濡れ。

この日夜はブラジル滞在最後の夜。
ブラジルでは自炊や屋台で節約していたので、
最後ぐらいは豪華に!ということで、
行って見たかったシェハスコの店へ。

Mresize1499.jpg
こんな感じで次々と肉を持ってきて切り分けてくれる。
牛のいろんな部位だけでなく、七面鳥の精巣や、
羊などありとあらゆる肉を持ってくる。

岩塩をつけて焼いているので、
結構塩辛く、ビールが進む、進む!


2人とも薦めらるがままに食べる。
ワンコそば式焼肉といった感じ。
食べ放題なので頑張って食べ過ぎた。
ホテルに帰ってすぐに2人ともベットに横になり、
しばらく動けなかった......
胃袋の形がはっきりとわかるぐらいに腹が膨れた。
こりゃちょっとやり過ぎですな。反省。


翌日はブラジル側から滝を見ました。
次回UPします!

****************** 旅 情 報 **********************

●交通

ボニート→デュラドラス→フォスドイグアス

14:30発翌午前中着(所要時間約20時間)
R$125/1人(≒6250円)

ボニートのバスターミナルでイグアスまで購入できる。
デュラドラスからフォスドイグアスまでに
乗客全員一度バスを降り、行き先によって二つのバスに分かれる。



●宿泊

フォスドイグアス

Pousada El Shaddai

住所 : Engenheiro Rebouças , 306 Foz do Iguacu
TEL : +55 45 30254493
Email: contato@pousadaelshaddai.com.br

ダブル、トイレバス付、クーラー、朝食、Wifi有料(R$10/日)
R$60/1室(≒3000円)

ホステルワールドにて予約
http://www.hostelworld.com/index.php

おすすめ度★★★☆☆

予約ではトイレバス共同だったが、
行ってみるとトイレバス付だった。
宿のスタッフがとても親切、
イグアスの滝に行くバス停も近く便利。
Wifiが無料なら★4つ

Comment

2013.06.14 Fri 11:24  

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
  • #-
  • わかりやすい株 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/113-54776483

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。