そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.13[土] 上野山荘での日々

上野山荘での生活で毎晩楽しみなのが、夕飯。
1re15083.jpg
これはアサード!
しかも牛肉ではなく、子羊。
この辺では子羊を使ったアサードが食べられる。
これが全く臭みがなく、羊の苦手なもなかも
うまいうまいと止まらない。
2re15081.jpg
これはから揚げ。
ビールが進む!進む!
アルゼンチンでは牛肉も安いが鳥はもっと安い!

3re15079.jpg
ウシュアイアの天気はコロコロ変わる。
雨の後にできた虹。
屋久島で虹はたくさん見たけど、
こんなに濃い色の虹は初めて。

この時期は毎年天気の悪い日が多いらしいが、
幸運にも天気には恵まれた。
4re15084.jpg
トゥルーチャも庭で日向ぼっこ。


また釣りに出かけた。
手軽に行けて思ったより釣れたので、
場所は前回と同じ国立公園。

ウェーダー(ゴム長)を持っていく。
荷物になるので悩んだが、
思い切って町の釣具屋で購入。
これで探れる範囲がグッと広がる!

今回は運び屋さんと一緒に。
時々ここにコメントを書いてくれていて、
いつも魚ネタで盛り上がっていた。
そして南の果てウシュアイアで出会うことができた!
5re15086.jpg
彼はイメージと違う大男で、
世界で一番飛行機に乗っていて(アメリカの航空会社公認)、
なんと世界140ヶ国に行ったことがあるという豪快な人だ。

今回は風が強く前日の雨でやや雑炊、じゃなくて増水。
前回と状況が違うので不安だ。

やはり前回より厳しい。
横風が強く、シンキングペンシルが使えない。
6re15105.jpg
でもやっと魚が溜まっている場所を見つけて連チャン!

この近くの川の中心近くで小魚が追われているのを発見!
キャストできる範囲まで近づこうと川に入っていくと、
突然足に凍るような冷たさを感じる。

いつの間にかももまでのウェーダーより
深い水深に入り、水が浸入してきたのだ...
7re15085.jpg
ズボンがびしょ濡れ。寒すぎる!!
しかも小魚が追われていると思ったが、
よく見るとただの水しぶき。
大バカですな。

下流に下るが魚が少ない。たまにチェイスがあるだけ。
疲れて川辺で休んでいると、
杭の上にヤマセミの仲間を発見!
5mほどまで近づいたが全く逃げず。
時折水に飛び込んで魚を捕まえ、
またもとの場所に戻る。
7re15095.jpg
「あなたも魚獲りですかぁ。私もなんです」

下流には魚が少ないと判断、上流の瀬へ戻る。
風が止んでいたので、シンキングペンシルで攻める。
初めてすぐ、1匹追加。やっぱこれ釣れる!
8re15087.jpg
トラウトはスズキと違って噛み付き型の捕食なのだろう。
だいたいテール(後ろの)フックが口にかかっている。

この後、丹念に攻めるがチェイスが数回あっただけ。
変化のある良さそうな場所はすでに叩いてしまった後だから仕方ないか..

中州の上流側にその浅い瀬が淵にぶつかる場所がある。
おいしそうなポイントだ。
頑張ってウェイダーぎりぎりの水深を歩き、
そこに届く距離まで立ちこむ。

シンキングペンシル1投目。
ルアーがその場所へ差し掛かった瞬間、水面が割れた!
体がはっきりと見えた!

障害物が多いのでやや強引に安全な場所へ。
ジャンプを繰り返し、激しく暴れる。
大興奮です!!
9re15090.jpg
やったー!前回のよりサイズアップ!
10re15088.jpg
これもやはり、テールフックがかかってる。
いかつい顔です。

帰ると皆が寿司の準備をしていてくれた。
11re15082.jpg
しかも寿司屋で働いていたAさんが握ってくれた。
みんなでうまいうまいと一瞬でたいらげる。
これだけおいしく食べれば成仏できることだろう。
釣れただけで楽しいのに、
皆が喜んでくれて嬉しさも倍増!

いやーパタゴニアのトラウトは楽しい!
ブラジルではガイド代などが高く、
なかなか思うような釣りができなかったので喜びも大きい。

プレッシャーが高いと言われる国立公園でこれですから。
次回はレンタカー借りて少し遠出してみます。

Comment

2010.03.13 Sat 22:13  

いやぁ~、いいねぇ。 釣ってるねぇ。
しかし、トラウトは綺麗やね。見とれてしまいました。

読んでいて気になったんだけど、トラウトって犬歯?それとも円錐歯?
噛み付き型の魚って犬歯のものが多いよね。こっちだとオキノゴイとかイソンボとか。
円錐歯の魚は吸い込み型、書いているとおりスズキやアカバラがその典型だと思う。
大きなマス類を釣ったことがないので、参考までに質問してみたよ。

しかし羨ましい。
まだまだデカいのがいる筈。是非釣ってちょーだい。
  • #-
  • チューヤン 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.03.13 Sat 22:59  

>ガクおやじ

肉ばっかりだけど、釣りで一日中動くことがあるのでそこまで太ってないよ。
そっちででもそんな綺麗な虹が見えるんだね。
自分はそっちでそんな綺麗な虹をみた記憶がないなぁ。

確かに運び屋さんはおやじと対極にある人だね。
すべての国に行くという目標に向ってこれからもジャンジャン飛行機に乗るらしい。
ずべての国に行った人は日本でも数人しかいないんだって。

こっちのトラウトは本当にきれいだ。
やっぱり大自然の清流で力強く生きているからだろうと思う。
日本でトラウトというと養殖された個体が多いからね。

また次回も釣りネタになりそう。

>チューヤン

ちーっす!島の釣果はどうだい?
トラウトやってると、ヒラスズキのことを思い出してしまう。
ランガンでポイント叩く感じが似てるよね。

犬歯と円錐歯!
自分も実は気になって歯を見たんだけど、
やはり犬歯だったよ!しかもかなり鋭い!
写真とっておけば良かったなぁ。

トップで出た時の音も違って、スズキはジュポッって感じだけど、
トラウトは体で水面を叩く感じの音。反転した時の音かも。

それとチューヤンにお願い。
写真の腹の茶色いヤツはブラウントラウトなんだけど、
全体的に銀色っぽいヤツはなんだろう?
画像検索してもよくわからん。
朱点もあるしブラウントラウトだと思うんだけど、
あまりに違いすぎる。

この辺にいるのは、ブラウン、ブルック、レインボーらしい。
やっぱりその中でいうとブラウンなのかなぁ?
海が近いので降海型なのかなぁ?
もしわかったら教えてください!

2010.03.14 Sun 06:00  おひさしぶりです!

どうもおひさしぶりですー。
ブルガリア、トルコで出会ったマニア夫妻です。
なんだか南米も釣り三昧っぽですね!!
しかも寿司をにぎってくれる人がいるとは。
僕らは現在エジプトです。ついに自転車旅を終えてアフリカツアーです。
少々夏ばてぎみで疲れております。

なんだかチリで地震があったみたいなので、きをつけてくださいねー。

2010.03.14 Sun 07:39  お久しぶりです

うわぁ~おいしそう!!!
腹ペコにこのブログはきついです・・・。
ウシュアイア楽しんでますね!
あー。トルーチャ触りたいなぁ。

こちらは今、ボリビアのラパスで、今晩の夜行バスでアルゼンチンへ少しだけ戻ります。

  • #-
  • みゆき@ちょいそこ 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.03.15 Mon 04:18  

>R子&マニアさん

お久ぶりー!!
釣り三昧で脳みそとろけそうなガクです!

自転車旅、お疲れ様。
事故もなく無事に終えられて良かったね。
おめでとう!

そしていよいよアフリカ。
キリマンジャロも登るのかな?
自分達はタンザニアしか行っていないので、
他の国の記事を楽しみにしてまーす!
では、気をつけて!


>みゆきさん

お久しぶりです!
ボリビアはどうでした?

子羊のアサードはかなりうまかったす!
でもボリビアには安くておいしい日本食があったのでは?
けんちゃん食堂行ってみたい!

もうすぐここを出るのだけど、
一番寂しいのはトゥルーチャとお別れすることかも..

では、互いに気をつけて旅続けましょう!


#NkOZRVVIR子&マニア [URL][Edit]
2010.03.14 Sun 07:39 お久しぶりです

うわぁ~おいしそう!!!
腹ペコにこのブログはきついです・・・。
ウシュアイア楽しんでますね!
あー。トルーチャ触りたいなぁ。

こちらは今、ボリビアのラパスで、
今晩の夜行バスでアルゼンチンへ少しだけ戻ります。

2010.03.15 Mon 15:08  

銀色っぽい個体についてちょっと調べてみたよ。
お察しのとおりブラウンの降海型みたいだね。
シートラウトとかシーラン・ブラウンって呼ぶそうです。
海に降りた後、川に遡上してきてすぐの頃は銀化したままで
一時川に居るとまたブラウン特有の茶色が出ると書いてありました。
詳しくはまた調べてみて下さい。

お恥ずかしい話、今シーズン、ヒラスズキは未だに釣ってないんだよ。
腕が無いのはもちろんなんだけど、なかなかタイミングも合わないようで…。
ガクが帰ってきたら、ヒラスズキ釣り方教室を開催して下さい(笑)
  • #-
  • チューヤン 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.03.17 Wed 06:13  >チューヤン

>チューヤン

ありがとう!!
あれやっぱりブラウンの降海型なんだ!
シートラウトってブラウンの事だったんだ!!
こっちではネットの接続が良くないのでブログ更新が精一杯。
助かったよ!
自分がやったポイントは海にとても近いので、
遡上したやつが結構いたんだね。

いやー、島のヒラの難しさは自分もとても良くわかるよ。
本当自分も苦労したよ。
ヒラスズキ釣り方教室、自分が一番行きたいよ!
情報も少ないし、やり続けるしかないよね。
デカイの釣っちゃって!






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/122-952cc182

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。