そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.09[金] さらばパタゴニア

カラファテを去る前日。
12日間もここにいるのに、
まだ観光の目玉であるペリトモレノ氷河を見ていなかった。
もちろん、それは自分が釣りばかり行っていたからだ。
そりゃまずいということで、慌てて氷河へ向う。

4人集まったので、レンタカーを借りる。4人いればバスより安い。
もなかとY君は氷河メイン。
韓国のU君と自分は氷河の帰りに寄るロカ湖での釣りがメイン。

一時間半ほどでペリトモレノ氷河着。
1re15207.jpg
すげー!思ったよりデカイ!
2re15205.jpg
日に照らされると爽やかなブルーに輝く。

氷河はもともとは雪だけど、それが溶けては固まりを繰り返し、
さらに上からの圧力で圧縮され密度が高くなったものらしい。
3re15208.jpg
特徴は「動く」こと。まさしく「河」で、
こうやって谷間を縫うように動いてきた感じが良くわかる。

氷河の魅力は、ダイナミックなその姿だけでなく、
その動きを体感できることだ。

それが、崩落。
氷河は湖に流れ込み、やがて無くなる。
氷河の先端で待っていれば、そこが崩れ落ちる瞬間を目の当たりにできるのだ。
大きな崩落では音が凄まじく恐怖さえ感じるほどの迫力らしい。
4re15206.jpg
その崩落を見ようとこうして展望台で待ち構える。

頻繁に小さなかけらが崩れ落ち、それでもなかなかの音。
「パーン!!」と銃声のようなはじけた音が周囲の山々にこだまする。
思わずおっ!と見入ってしまう。意外と時間が経つのが早い。

3時間ほどして凄まじい音!
死角になったところで大きな崩落があったらしい。
大きな波が立ち、湖面が泡?で真っ白になる。
凄い!

自分はこれで満足。
大きな崩落を目の前で見たいというもなかとY君を残し、
U君と駐車場付近の湖畔で竿を振る。
5re15204.jpg
氷河を眺めながら。
これで釣れりゃあいうことなしなんだけどなぁ...

崩落待ちの二人があきらめて帰ってきた。
かなり体が冷えてしまったようだ。
そりゃそうだ、
氷がいっぱいのクーラーボックスに長時間いるようなもんだもの。


ということで、次は釣り!ロカ湖へ!
前回と同様、かなり渋い。
6re15203.jpg
それでもなんとかライトタックル作戦で
プロポーション抜群のレインボーを捕獲。
かなりのファイターで大満足。
その後、ひとまわり小さいレインボーと小型のレイクトラウトを追加。

U君はまだ釣っていない。
彼は釣りに対して熱心、頑張って竿を振り続けている。

しかし彼は釣りがほとんど初めてな上に、
レンタルタックルでラインが太く飛距離がでない。
プレッシャーの高いロカ湖ではかなり厳しい....

日がもう沈みかけた頃、U君に来た!
なかなかいいサイズのレインボー!
努力が実った瞬間だ。2人で大喜び!

どんな不利な条件でもとにかく投げ続ければ結果は出るということを教えられた。

車に戻った時にはもう夜8時半。心配して氷河組が探しに来てくれた。
すみません..


翌朝、恒例、レンタカーを返すまでの早朝フィッシング。
毎回参加者を募ってもほとんどいつも自分だけだが、
今回はU君も参加。さすが!

7re15211.jpg
ここで何回こんな朝焼けを見たろう?
これがパタゴニア最後のトラウトフィッシング。

小型のレインボー1匹に終わる。
最後に大逆転なんてのは三平君にしかできません。

ウシュアイアと合わせて16回の釣行。行き過ぎ?
いやいやまだまだ足りない!もっともっとしたい!

パタゴニアの釣りは素晴らしすぎる。
大自然の中で竿を振るだけでも気持ちよいのに、
元気いっぱいの野生のトラウトが次々と遊んでくれる。
そしてその魚体の美しさ。

やり残したことも多いし、絶対いつかまた来てとことんやろう!
堅く決意する。


昼には藤旅館を後にした。
島藤さんもキレンさんも本当に旅人のことを第一に考えてくれた。
とても快適な宿だった。去りがたい...

バリローチェまで28時間バスの中。
camaという飛行機でいうファーストクラス的な座席にした。
それしか残ってなかったから..

でもこれがかなり快適。
おそらく自分は20時間以上寝ていたと思う。
連日の釣りの疲れを癒すことができた。

8re15210.jpg
バリローチェに着いて少し散歩するとすぐに日が暮れた。
思った以上の大観光地。
9re15209.jpg
名物はチョコレート。
ジェラートのチョコレートをほお張り、
アルゼンチン最後の夜を極厚ステーキで〆る。

バリローチェは1泊で、次は海産物の楽園、チリのプエルトモンへ。
パタゴニアでゆっくりしたのでちょっと足早に北上していきます!

****************** 旅 情 報 **********************

●交通

エルカラファテ→バリローチェ

バス  MARGA社
クラス:cama

13:30発翌17:30着(所要時間約28時間)

398アルゼンチンペソ/1人(≒9600円)

semi camaが売り切れだったのでcamaにした。
camaだけあって座席は十分に広く、よく眠れた。
28時間のバス移動だがあっという間に感じた。
長時間の移動でsemi camaと値段が大差なければ
こちらを選択する価値があると思う。


●宿泊

バリローチェ

HSTEL La Puerta Verde

住所 : Quaglia 160 1piso
TEL : +54(02944)429051
Email: backpackers@bariloche.com.ar

ドミトリー、トイレシャワー別、キッチン、Wifiフリー
35アルゼンチンペソ/1人(≒840円)

おすすめ度★★★★☆

バリローチェは物価が高いと聞いていたが、ここは安かった。
恐らく4月からローシーズン値段になったのかもしれない。
安い割には綺麗で使いやすいいい宿だった。

Comment

2010.04.10 Sat 11:50  釣り三昧

何かしている旅がいいなぁ
釣り、読んでるだけでも楽しめた
型の美しい魚ばかりだしね
絵に残したい風景も一杯だし・・・

観光地めぐりもいいけど、やはり何か目的がある旅のほうが充実するよね
逃した魚は大きいというから、リベンジ狙ってるかな?
次はベストシーズンに計画してください
一緒にいけたら尚いいな
  • #-
  • あーるママ 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.04.10 Sat 23:39  

>あーるママさん

どーも!
実は釣りネタばかりでみんな引いてるんじゃないかと心配していました(笑)
そんな風に言っていただけると嬉しいです!
自分はどんな観光地めぐりより釣りがしたい!ってのが正直なところです。
でもそうやって決め付けてしまうとすばらしいものを見過ごしてしまう気がするので、
少しでも興味があるところには出向くようにしています。

はじめは氷河に行かず、先に湖で降ろしてもらおうかとも考えましたが、
氷河に見に行って良かったです。
今まで見た氷河の中では一番間近で見られ迫力がありました。

本当に南米は楽しいです!
見たことない鳥もたくさんいますよ!
是非行きましょう!
  • #-
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.04.11 Sun 21:12  

こんばんわ!
ようやく、9日に中学校に入学しました。
仲の良い友達とは、全員別れてしまいましたが、外部から入学してきた人達とも友達となって、楽しい生活を築いていきたいです!!
 
ガクも、飛び回って大変でしょう(笑)
寒そうで・・・(苦笑)

連休明けは、中間テストです。頑張りま~す!
  • #-
  • ライオン 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.04.11 Sun 22:12  

>ライオンさん

入学おめでとう!
新しいスタートですね。
友達たくさん作ってください。
自分も今でも中学校や小学校の友人と付き合いがあります。
出会いというのは時に自分の人生を大きく変えますよ!

はじめての中間テスト。
たぶん順位とか出るんじゃないかな?
自分が学年で何番か?はじめてみるときはドキドキするぞー。
結果わかったら教えてねー!
頑張って!
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/131-9f9169a2

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。