そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.20[火] 砂漠に囲まれた町 サンペドロデアタカマ

カラマから約1時間、何もない砂漠を走り続けると、
小さな集落が現れた。サンペドロデアタカマだ。

1re15265.jpg
中心部は意外とツーリスティック。
土産物店、ツアー会社などが並び旅行者に声をかけている。
でもそれはほんの一角で、少し歩くと、
2re15267.jpg
民家が並ぶ静かな通り。
3re15298.jpg
犬ものんびり昼寝。

この町に来たのはボリビアのウユニ湖に抜けるツアーに参加するため。
アタカマ周辺にも月の谷などの見所はたくさんある。
今回はそれらのツアーには参加せず体を休めることにした。

というのも、ウユニに抜けるツアーは標高4800mの高所を走り、
初日の宿泊もその標高にある。
多くの人に高山病の症状が現れるという。

ちょうどキリマンジャロの山頂アタック前日に泊まった山小屋と同じ標高。
食欲がなくなり、食べても吐いてしまうし、
気持ち悪くて眠れなかった嫌な記憶がある。

出来るだけ体力を温存して高所に備えるのだ。
キリマンジャロでの経験をもとに、
食欲がなくても食べられそうなフルーツ類を購入したりもした。

しかし一日中宿でのんびりももったいないので、
手軽に歩いていけるプカラ遺跡に行ってみた。
4re15264.jpg
町から5分も歩けばこんな感じで人気がほとんどない。
5re15266.jpg
さらに5分歩くと家はなくなり広大な大地となる。
目指すプカラ遺跡は3km先だが、
さえぎるものがないので見える。

どこから水を引いてくるのだろう?
幅2mほどの水路があり結構な水量で勢いよく流れている。
カラマからアタカマまでは完全な砂漠で、全く緑がなかったのに、
この辺は低い木と草がまばらだが茂っている。

遺跡には旅行者が数人いるだけで、閑散としていた。
山の斜面に石積みの壁がたくさんある。
斜面を登る。勾配はないがすぐに息が切れる。
アタカマの標高は2500m。空気が薄いことを実感。
6re15269.jpg
丘の上からの景色は素晴らしい。
左奥に見える綺麗な形の山は火山、リカンカブール山。

草木が、あるところから突然なくなるのが面白い。
人家があるのは緑のあるところだけ。
サバンナの水場に動物たちが集まるように、
人間も水のあるところに集まる動物ということがよくわかる。

宿に戻ってゆっくり過ごす。
翌日から高山病と戦いながらのウユニツアー。
できるだけ早くUPします。

****************** 旅 情 報 **********************

●交通

カラマ→アタカマ

白タク?

所要時間約1時間

2000チリペソ/1人(≒360円)

チュキカマタ銅山からホテルに戻り、
16:30発のアタカマ行きバス(Frontera del Norte社)に乗ろうと
ターミナルに歩いて行く途中に白タク?に町で声をかけられた。
車には一緒に銅山ツアーに行ったスイス人が乗っており、
彼女は銅山のコレクティーボ乗り場でその車に乗ったらしい。
バスで行くと2500ペソでしかも1.5時間かかる。
楽だしこちらにした。

チュキカマタ銅山ツアーを終えて、
アタカマに向う人は銅山のコレクティーボ乗り場で
アタカマ行きのタクシーを捜してみてもいいかも。
荷物はホテルに取りに行けると思う。


●宿泊


サンペドロアタカマ

INTIPARA HOSTAL

TEL :(55)(56)-563398-851221
Email:intipara@sanpedroatacama.com

ダブル、トイレシャワー別、キッチン、Wifiフリー
14000チリペソ/室(≒2520円)

おすすめ度★★★☆☆

TUR BUSのオフィスからLicancabur通りを東へ、
1本目のTocopilla通りを左に曲がって、50m進んだ右側。

少々高かったが疲れてていたので二件目で決めた。
アタカマの相場では安いほうだと思う。
中心部からやや離れているからか人が少なくゆっくり出来る。
といっても、ツアーのオフィスが並ぶ通りまで10分もかからない。
部屋などの内装は綺麗で清潔。シャワーも問題ない。
中庭は日当たりが良く、椅子やテーブルもありリラックスできる。

Comment

2014.08.12 Tue 10:56  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • #
  •  
  • []
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/135-30a99171

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。