そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.25[日] ポトシでも鉱山ツアー

ウユニからポトシ行きのバスに乗る。
冷暖房なし。
南米で今まで乗ったバスの中では一番ボロイかも?
1re15435.jpg
未舗装のガタガタ道を黒煙を吐きながらバスは進む。
2re15423.jpg
自分達の前にいた子供。
やっぱりボリビアの子供はかわいい。
自分の足の甲に乗って楽しそうに遊ぶ。

夕方、ポトシに着。
ポトシは標高4,000mを越す上に坂が多い。
ホテルを探しまわるだけで息が切れ、重労働。
大変なのでやや高いが綺麗な宿にする。
3re15410.jpg
大きな鉱山が町を見下ろす。
4re15414.jpg
町の至る所に「ABOGADO」と書いた看板がある。
ポトシはアボガドの名産地なのだ!

というわけではなく、スペイン語で「弁護士」の意味。
付近に裁判所でもあるのだろうか?


翌日は鉱山ツアーに。
チュキカマタに続き二回目だが、
とくに鉱物マニアというわけではありません。
たまたま、訪れた町の見所が鉱山というだけです。

9時30分出発と聞いていたのに(当日の朝も再度確認した。)
9時ににホテルに迎えたので大慌てで出る。

まずは、町で買い物。
鉱山で働く人への差し入れ(ジュースとコカの葉)と
爆破を見学用のダイナマイト。
6re15412.jpg
差し入れは10ボリ(135円)、
ダイナマイトはみんなで1つ15ボリ(200円)。
これほぼ強制的に買わされた。
ツアー料金はすべて込みの値段だって聞いてたのでちょっとムカッ!
お金の問題じゃなくって、
ツアー会社がテキトウなことを言うことに腹が立つ。
これかぁ、旅人から時々聞く、ボリビアでムカつく所って..

でもこれで怒ってたら自分が損するだけ。
前向きに楽しむべし!

コカの葉は労働者たちが噛みタバコのように、
口に入れて噛みエキスを吸うらしい。

自分達も少しもらって口に入れてみるが、
何だが苦いだけで草食動物になった気がした。

ダイナマイトはガイドが袋に持ってテキトウ持ち歩いていた。
こんな管理でいいのか?
車の座席に座るとお尻に何か硬いものが...
なんとガイドが置いていたダイナマイト!
勘弁してくださいよぉ!


オンボロバスで鉱山に向う。
7re15420.jpg
鉱山から見下ろすポトシの町。
8re15422.jpg
こんな格好で中に入ります。
9re15428.jpg
見学だから昔掘った跡などを見るのかと思えば、
実際に働いている現場を見るのだ。

狭いところを時々1トンもの重さのトロッコが通る。
深さが何十mもある穴がそこら中にある。
もちろん柵などない。
危険が迫るとガイドが叫んで教えてくれる。
非常に危険なツアーだ(笑)
緊張感があって楽しい。
10re15417.jpg
労働者の左頬に注目。
膨らんでいるのはコカの葉があるからだ。
本当にほぼ全員、コカを口に入れている。
11re15413.jpg
少し手伝ってみた。写真はもなか。
これが想像以上に辛い。
なぜならポトシの町ですでに4000m標高。
さらに鉱山はその上でしかもアリの巣のようなところで
空気の循環が悪い。
酸素が薄いのだ。
12qre15438.jpg
これが鉱山の神。
労働者たちはコカの葉、タバコ、純度の高いアルコールを捧げる。
純度が高いアルコールを捧げることで、
彼らは純度の高い鉱物を神が与えてくれると信じているらしい。
12re15432.jpg
中はまさにアリの巣で急勾配をはしごで登ったり、
急斜面を両手両足でよじ登ったり。
空気が薄いのでかなり大変。トレッキングに近い。
正直、後半は疲れて早く帰りたいと思った。
13re15429.jpg
ようやく脱出!空気がうまい!

次のイベントは、ダイナマイト爆発見学。
14re15415.jpg
ガイドが準備し始める。
15re15416.jpg
この緑の粘土のようなのがニトログリセリン。
これを紙に包んでピンクのビーズのようなものとビニールに入れる。
そのビニールに導火線を入れセッティング完了。

導火線に火を付け、
16re15427.jpg
もなかが持って記念撮影。
もなかなんでかとても嬉しそう。
何を爆発したいのでしょう?

その後ガイドが走って遠くに持って行き、
皆で爆発を待つ。

「ズドーン!!」

すごい音にビビリ、その瞬間はシャッターが切れず...
17re15418.jpg
爆発直後。

その後、またボロバスでホテルへ戻る。

まぁこのツアー、不満はあったけど、
貴重な経験ではありました。
1人1000円くらいで5時間だから安いですし。


ラパス行きのバスの時間まで町を散策。
18re15426.jpg
「あのー、ドアの向こうに気になるものがあるんで
チョイチョイしてるだけなんですが。ほっといてもらえませんか?」

民芸品市場に行ってみたが、なぜか閉鎖されていた。
しかし途中に何軒もの民芸品店があったので立ち寄ってみる。
多くが店の人の手作り品で、店によってセンスが違うのが面白い。
19re15430.jpg
もなかと自分が気に入った民芸品店。
このおばちゃんが作っている。
ボリビアに来てから民芸品が安くていいものがあるので、
買いまくっている。
20re15437.jpg

これが今までに買った民芸品。
手作りで手間がかかっているだろうに安いのだ。
バッグは400円、ベルトは560円など。
21re15436.jpg
特に2人とも動物柄が気にっている。
上マフラーとレッグウォーマーの柄はアルパカorリャマ。
どっちかわからないけどその毛で編まれているのだ。

この夜にラパスに向いました。
次回はラパスのネタでーす!


****************** 旅 情 報 **********************

●交通

ウユニ→ポトシ

バス TURISMO 11 DE JULIO でチケット購入。

10:00発翌16:00着(所要時間約6時間)

30ボリビアーノ/1人(≒400円)

1時過ぎに一度休憩あり。
車内は冷暖房なく、このときはかなり暑かった。


●宿泊

ポトシ

Hostal Carlos V

住所 :Calle Linares 42
TEL :622-5121

ダブル、トイレシャワー別、キッチン、Wifiフリー、朝食付き
120ボリビアーノ/1室(≒1600円)

おすすめ度★★★★☆

ポトシは意外と宿が少ない。
1人20~25ボリの安宿はあったが、部屋が古くて暗く、
Wifiもないので、高いがここにした。
言い値は140ボリだが交渉後、120ボリとなった。

改築したのか中はとても清潔でベッドもしっかりとして寝心地が良い。
シャワーの湯量も十分で快適。
共有スペースには日の光が入り気持ちよい。
中心に近いので便利。

WifiはマニュアルでIPアドレスなどを入れないと接続できなかった。
朝食はパンと紅茶とバターとジャムという簡素なもの。

Comment

2010.04.25 Sun 23:22  ダイナマイトは

雷管がないと爆発はしません
齧っても大丈夫(ちょっぴり甘いらしい)と聞きました
私は、一応家業だったので、爆破物取り扱いの甲種資格を取りました、実際発破はやったことはないけど・・・

日本の鉱山は中に女性は入れないところが多い
山の神様が焼餅やきで事故が起こるとかいいますが、所変ればですね

アルパカの民芸品いいなぁ、以前父にプレゼントしたアルパカのマフラーは、桐の箱入りで2万円もしました
手触りが全然違うものね

  • #-
  • あーるママ 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.04.25 Sun 23:35  

>あーるママさん

雷管というもがないと爆発しないんですね?
素人にはわからないので、
その辺りに平気であるのが怖くて、怖くて。
しかも片手にダイナマイトもってタバコとか吸ってるので
おそろしいのなんのって...
でも大丈夫だったんですね。

こちらの鉱山も女性は中では働けないそうです。
母なる大地が妬むと信じられているそうです。
日本もそうなんですね。こんなに離れたところなのに。
興味深いですね。

ジュンアルパカはこちらで買うと3000円ほどらしいですよ。
素人目にはなかなか区別がつきにくそうですが....
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.04.26 Mon 07:46  訂正

高いマフラーはビキューナでした
アルパカは、おばあちゃんへの今年のクリスマスプレゼントのセーターでした
肌触りはサラッとして、ちょっと変った感触です
欠点は毛が抜けやすい(アンゴラみたい)
ウールやカシミアと違って、縮れてなくて直毛なのかな
ごめんなさい

ダイナマイトは日本では、厳重に保管しますし、輸送にもそれを明記した赤い旗を前後に提示します
一般の眼にふれることはありません
また、直にライターで炙っても爆発はしませんよ

でも、ずさんな管理には恐い物がありますよね
政情不安をかかえる国ではゲリラ側にわたって使用されることもあるかもしれません
安全に通り抜けてよかった
  • #-
  • あーるママ 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.04.26 Mon 10:57  

>あーるママ

ビキューナってなんでしょうか?このあと調べてみますね。
純アルパカが売っている店はおそらく高級店だと思います。
機会があれば自分達も触ってみます。

やはり日本では厳重に管理されていますよね。
そのイメージが強いのでその辺にあるのことに
とても抵抗を感じるのだと思います。

ダイナマイトは日本のタバコやみたいな商店で、
誰でも買えるような状況でした。
日本じゃ考えれられませんね。

  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.04.26 Mon 15:09  

久しぶり!2人とも元気そうで何よりだよ。いつも楽しみに見ているよ。ボリビア、未知の国だな~。そういう想像の付かないところに行ってみたいよ。雑貨、カワイイしレベルが高そう。ボリビア人、器用なのかな。最近「鳥柄」にハマっているから、手前のちょっとまぬけな鳥に注目してしまったよ。
ではでは引き続き旅を楽しんで~。
日本はもうすぐGWだよ。そしてもうすぐ旅の1周年だね~。スゴイなぁ。
  • #klq26XPE
  • アキ 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.04.27 Tue 00:03  

>アキさん

どーも!
自分もボリビアって日本にいるときはあまりイメージ湧かなくて、
行ってみたいとも思わなかったけど、
来てみると物価安いし、食べ物おいしいし、人もいいしとてもいい国だよ。
ぜひぜひ、次はボリビアに行ってみて!

鶏ガラの、じゃなくて鳥柄のやつは、
もなかも気に入ってて、ベルトとして愛用してるよ。
アキさんが注目してくれて喜んでた。

そうか、GWか。島も賑やかになるね。
来月で1年、あっという間でびっくりだよ。
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/139-05acdf20

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。