そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.27[土] ビエンチャン

お久しぶりです!!
ネット環境良くない地域にいたので更新がやや遅れました。
まとめてUPします!

ラオスの首都ビエンチャンは小さな町。
起伏がないので、観光するならこれが便利!
resize0120.jpg
チャリ。
24時間8000キップ(≒100円)で借りられる。
ガクが開発した最先端のナビシステムが大活躍。
かごに洗濯ばさみで地図が固定してあるのだ。
ラオスの人が笑いながらこちらを見て話している。
流行の予感。

まずはチャリで戦没慰霊塔、パトゥーサイへ。
resize0110.jpg
市街地に聳え立つ大きな建物は小さな町では存在感がある。
入場料を払うと中に入れて階段で上と登れる。
resize0111.jpg
ラオスの町が一望できる。
隣国のタイ、ベトナムに比べれば圧倒的に車が少ない。
resize0112.jpg
小さな2人の僧侶も仲良く町を眺めていた。
写真を撮っていいかと聞くと、照れながら笑顔で承諾してくれた。
とても感じの良い子たちだった。
resize0113.jpg
パトゥーサイの下にはこんなめんこいやつもいた。
持って帰りたい...

そしてご飯はこれ。
resize0114.jpg
フー。ベトナムではフォーと呼ばれていた牛肉の入った麺。
よいだしが出ているが味は薄め。
自分でナンプラーや唐辛子、砂糖などでアレンジして食べる。
そして無料でサラダ...というか「草」がついてくる。
これに甘辛い味噌をつけて食べる。
「うまい!」と素直に言えないのはまだまだラオス素人だから?


翌日はローカルバスに乗ってブッダパークへ。
ローカルバスは日本の支援によるものらしいが、オンボロ。
resize0123.jpg
ドアが開きっぱなし。
ドアのそばに人が乗っているときは、その人が開け閉めしていた。
ブッダパークに着くとまず目に入るのが寝仏。
resize0136.jpg
所狭しと様々な仏像が置いてあるが、
どれもおかしな格好をしていたり、
独特なデザインのものばかり。
resize0124.jpg

その後、エンチャンを満喫し、モナカの知り合いを尋ねてターケークへ向かった。
ビエンチャンから西に数百キロにある小さな町だ。
つづく.....





Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/15-e099b08d

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。