そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.16[水] メデジンに半日滞在

コロンビアの北東にある沿岸の街、
カルタヘナからパナマまでの飛行機をとってある。
急がねばならない。

キトから国際バスでサクッとメデジンなどの
大きな都市へ行ってしまおうと考えていた。

しかし、なぜか国際バスが運行が停止していることがわかり、
キトからコロンビアのメデジンまでの道のりは
それはそれは面倒だった。詳しくは旅情報参照。
1re16378.jpg
久しぶりに歩いて国境を越える。
ブラジル→パラグアイ以来だ。
うん、自力で次の国に来た感じがいいねぇ。
2re16386.jpg
エクアドルもそうだったが、コロンビアも本当に緑豊かな国。
パッチワークのような牧草地が広がる。

メデジンのバスターミナルについて
そのままカルタヘナのバスに乗り換える。
カルタヘナ行きのバスの時間までかなりあったので、
荷物をターミナルに預けてメデジンの街に出てみた。

この街は歩き方には載っていないので
とにかく人に聞きまくった。
皆親切でとても丁寧に教えてくれる。

3re16384.jpg
メデジンの街。かなり近代的。
観光客が少ないのだろう。みなジロジロと自分達を見る。
ぼったくってやろうという輩もいない。
この観光客なれしていない感じ、久しぶり。
なんか楽しいぞ、メデジン。

とにかく腹ごしらえ。
4re16375.jpg
うん、うまい。エクアドルでは残念なご飯が多かっので
期待していなかったが、コロンビアのご飯は口に合う。

5re16379.jpg
こんな立派な電車も走ってます。
これで向った先は.....
6re16387.jpg
ロープーウェイ!
これに無料で乗り換えられ、さらに他のロープウェイに
乗り継げば山頂に行けてしまうのだ。
キトで会った旅人に聞いていたのだ。

しかし、
7re16383.jpg
すごい人。実はこの時、ロープウェイ修理中。
暇なので人間観察。
コロンビアは南米でもっとも混血の多い国というのがよくわかる。
そのせいなのか?コロンビアは美人が多いのだ。
8re16377.jpg
こんな美人がたくさいる。
これが一番の観光資源だなんていう噂も。

結局、ロープウェイの修理には時間がまだまだかかりそうなので、
あきらめて町の中心へ戻る。

暇なので美術館に行ってみた。
3階はすべてフェルナンデス・ボテロいう芸術家の作品。
世界的に有名なコロンビアの芸術家らしい。
9re16376.jpg
こんな感じで、なんでもかんでも空気入れで膨らましたような作品。
ボテロの作品をずっと見ていると、自分もいっぱいになってきて、
自分もボテロの作品のようになっしまった気がしてくる。
10re16381.jpg
広場にもボテロの作品がずらり。
ちょっと多すぎじゃない?

11re16380.jpg
街にはフルーツがたくさん売っている。
そしてどれも安くてうまい!

そろそろターミナルへ戻ろうということに。
しかしココで1つ問題が。

メデジンには大きなバスターミナルが2つあるということが判明。
そんなこと知らなかったので、自分たちがどちらのターミナル
に着いたのかを確認しなかったのだ。

さて、南ターミナルと北ターミナル。
どちらのターミナルに戻るべきか?

自分たちは南から来た。ということは南ターミナルだろう。きっと。
南ターミナル行きのバスを人に聞きまくってようやく見つけ、
南ターミナルへ向う。
「行ってみたら違うターミナルだったりして、はははぁ」
なんてもなかと話してたら、




本当に違うターミナルだった!!!!

いやいや、ガイドブックがないってなかなか大変ですな。
歩き方は間違った情報も多くて時々ムカッとくるけど、
やっぱり歩き方に頼って旅をしてるんだなと痛感。
いつもありがとう、歩き方。

まぁでもそんなハプニングもまた楽しかったりします。
北と南のターミナルをつなぐバスがあったので、
簡単に北ターミナルに戻って来れた。

そしてカルタヘナに向けて出発。
二日連続のバス泊です。
次はカルタヘナの記事です!


****************** 旅 情 報 **********************

●交通

①St Domingo→Estacion la Y
(キト旧市街)

トローリーバス 

所要時間約40分

US0.25$/1人(≒23円)



②Estacion la Y→Terminal Carcelen

バス

所要時間約20分

US0.05$/1人(≒5円)

キトにはバスターミナルが2つある。
基本的に南から来たバス、南へ行くバスはTerminal Quitumbe。
同じく北から、北へのバスはTerminal Carcelenだと思う。
例外もあるはずなので要確認。

旧市街からだとTerminal Carcelenはかなり遠いので、
タクシーで行くとかなり高くつくはずだとお思い、
トローリーバスとバスを乗り継いで行った。

宿スクレからSt Domingoのトローリーバスまで徒歩15分。
Estacion la Yは終点。1つ前に「La Y」という駅があるので
間違って降りないように。
早朝でないとかなり混むので、バックパックは迷惑かも。
乗り換えはTerminal Carcelenという看板の方へ。(進行方向右)



③Terminal Carcelen→Tullcan

バス Expreso Tullcan社(名前ちょっとあやしい)

所要時間約5時間

US5$/1人(≒460円)

本当は国際バスでコロンビアに入るつもりだったが、
現在は運行を停止している。
よってコロンビアに入る場合にはまず国境の町、Tullcan
に行かなくてはならない。

Terminal CarcelenからはTullcan行きが何社かあって、
頻発している。
バス会社の人は24時間出ていると言っていた。

他にターミナル使用料がUS0.2$必要。
途中で物売りがたくさん乗り込んでくるので食事を取らずに乗ってもOK。

ちなみにTerminal QuitumbeからもTullcan行きはあるが1社で
1日3便と本数が少ない。



④Tullcanバスターミナル→エクアドル イミグレーション

タクシー

US3.5$/1台(≒320円)

所要時間20分

バスを2本乗り継いでも行けるらしいが、
2人だと料金が1$ほどしか変わらないので楽なタクシーにした。



⑤エクアドル イミグレーション→コロンビア イミグレーション

徒歩 所要時間5分

エクアドル側で出国のスタンプを押してから、
コロンビア側のイミグレヘ。
橋を渡ると道路左側に建物が見える。
その2階がイミグレ。両替商がたくさんいる。
レートはUS1$=1900コロンビアペソ。
エクアドル側でもできる。
この後に行くイピアレスバスターミナルにはATMがないので、
自分はここで両替した。
バス会社によっては途中のターミナルのATMで降ろしてから
後払いでもOKというところもあるらしい。



⑥コロンビア イミグレーション→イピアレス(Ipiales)バスターミナル

乗り合いタクシー 

所要時間15分

1600コロンビアペソ/1人(≒76円)

イミグレ前の駐車場から出ている。普通車で4人集まったら出発。


⑦イピアレスバスターミナル→メデジン(Medellin)

バス Expreso Bolivariano社

16時発翌10時30分着(所要時間18時間30分)

90000コロンビアペソ/1人(≒4200円)

とにかくカルタヘナにできるだけ近づきたかったので、
ちょうど5分後に出発するこのバスに乗った。
本当は15時発だったのが遅れたみたいでラッキーだった。
バスの値段は格段に高くなったが、バスは新しく綺麗。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/162-9ccc1232

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。