そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.16[月] コスメル島でやられる....

コスメル島で楽しみにしていたのが釣り。
カンクンは海までバスで行かなきゃならないし、
麻雀が楽しかったのでなかなか行く気になれなかった。

コスメル島に到着したその夕方、早速磯へ行ってみた。
しばらくはダツばかり。
しかし、キューバよりダツが多く、大きい。
メキシコの方が魚影が濃いのもしれないなんて考えてたら、
水面下1mほどをトゥウィッチングしていたシンキングペンシルにドン!

なかなかのトルク。


1re16746.jpg
見た目カンパチに似てるけど、写真ではわかりにくいが
背中に鮮やかなブルーのライン。
調べるとギンガメアジ属のバージャックといことがわかった。
ギンガメアジ属の魚はトカラや屋久島で馴染みが深いので、
新しい魚種に出会えたことがうれしい。
2re16754.jpg
夕日がきれいだ。
キューバの釣り後半戦は全くダメだったので
久々の楽しい釣りに満足。

これで完璧に釣りスイッチが入ってしまった。
翌日は日の出と共に出撃、バージャック1枚。
50cmほどの魚のチェイス、バラシなど魚の反応は多数。
夕まずめに出直してイカを2杯、この時も良型のチェイスあり。
明らかにキューバより魚が多い。

どうやらメキシコの人はあまり魚を食べないらしい。
島なのにスーパーにはいつまでも売れない鮮度の悪い魚が並んでいる。
漁獲圧が低いからだろうか?単純に場所の差かもしれないが。



ある日、島にあるラグーンにスヌークがいるという情報を聞いて、
バイクで日の出前に出撃。

タックルを組んでいると水面に背びれが見えた。
そういう魚は大抵釣れないんだよなぁと思っていると、
ガボッと捕食音。こりゃ可能性あるぞ!

魚の進行方向にルアーを投げると、
ルアーの後ろに波紋が!魚がついた!と同時にジュボッ!!!

直後に銀色のボディーが舞い上がった!
ターポンだ!大きさは60cmほど。
しかし、足元まで寄せた後、ジャンプでルアーがポロリ。

その後も何度かかけるが一回目のジャンプでフックアウトの繰り返し。
動きが早すぎてフッキングのタイミングがない。
そんなことをしているうちに時合が終わる。

ヘタクソ!!!悔しすぎる...

しかし、ここは魚がいるぞ!
ランガンで攻めて居場所を見つけよう。

3re16770.jpg
沖に流木が浮いていると思ったら、なんとワニ。
ワニって海水にもいるんだ。知らなかった。

少し離れた所でトップに出たのは、
4re16766.jpg
バラクーダ。なかなかのファイターなのだが、
歯が鋭くてリーダーに傷が入る。
その後も出るのはバラクーダばっかり。
5re16764.jpg
とにかく腰まで浸かってルアー打ちながらひたすら歩く。
そういえば釣りに夢中でワニがいること忘れてた。

2時間ほど歩いたところでトップにこいつが出た。
6re16761.jpg
これもギンガメアジ属の幼魚。

そしてここが魚のたまり場で、1投1匹の連チャン、入れ食いモード!
re16779.jpg

7re16768.jpg
これがこの日獲れた最大の魚。


これもバージャックかなぁ?
8re16767.jpg
背中にブルーのラインはあるけど、
尾びれの下葉は黒くない。

このパックロッドではこのぐらいのサイズでも結構大変。
かなりヒヤヒヤしました。お持ち帰り決定。
9re16769.jpg

胃袋の中にはこんなアジが。
やる気まんまんだったようです。

この10分後、「カポーン!ザムッ!!」
ルアーに突然水柱が立つ!
明らかに今までとサイズが違う。
走る時間が長く、トルクもある。

走りが止まった。
あとは寄せるだけ!

しかし、全く寄ってこない..
おそらくヒラアジの類だろう。水の抵抗が大きい。
綱引きのようにロッドをねかせて寄せることも考えたが、
時々クレーターのようにへこんだところがあり、
そこには岩がゴロゴロ。
根擦れが怖くてロッドは立てたまま。

走りが止まったので大丈夫だろうとドラグノブを閉めた。
これが間違いだった。
次のポンピングでフッとテンションがなくなる。

リーダー同士の結束部分が切れていた。

またやってしまった......
悔しい!!!!!!

これでこの日は納竿。
明日は朝一のターポン、そして良型ヒラアジを意識して
準備万端で臨みリベンジだ!!


翌日。
原付はレンタル料も高いので安い自転車で。
宿から約1時間。着いたころには汗だく。

まずはターポンだ!
しかし、この日のラグーンは静か。
ターポンの背びれは見えるが、ルアーの追い方も力なく、
バイトまで持ち込めず。完敗。

じゃぁ次はヒラアジだ!
10re16771.jpg
ラグーンにはこんな砂の小さな島がある。
昨日は攻めてないので泳いで渡る。

泳ぎながら思う。
自転車の次は泳ぎ。
これって釣りじゃなくてトライアスロンじゃねぇ?

そういえばココにはワニがいたよな。
まぁ細かいことは考えない。
11re16772.jpg
上陸成功!自分だけの島。贅沢な気分。
島の周辺を腰まで浸かりながらキャストを繰り返す。
さぞかし爆釣だろうと鼻息を荒くしてするが渋い。
12re16774.jpg
13re16773.jpg
昨日は釣れなかった小型のフエダイの類は釣れたが。

何よりも驚いたのは、
島が自分だけのものではなくなっていたこと。
14re16775.jpg
ワニだ!ワニが上陸してやがる。
急いで上陸して追い払う。
「なんだよ、ここ俺のいつもの休憩ポイントなんすけど。」
と言った感じで渋々海へ帰っていった。

また、岸へと泳いで帰り釣りを開始。
すると10m先にワニが浮いている!
さっきのヤツかなぁ?
「邪魔しないでもらえません?魚が散るんっすけど?」
しばらくしてワニは水中へと消えた。

腰まで水に浸かりながら昨日の爆釣イントへ向う。
流木がたくさん横たわっていてかなり歩きにくい。

あるとき自分が乗った流木がスーッと動いて、転んだ。
「えっ?今のワニじゃねぇ?」
一瞬恐怖で立ち止まる。

いやいや、気のせいだ。うん、そうに違いない。
そう言い聞かせて先を急ぐ。あまり深く考えないようにしよう。

苦労して前日のポイントへ辿りつくが、
手のひら大のメッキ1匹に終わる。

準備万端で臨むとだいたいこういう結果になるのはいつものこと。
釣りで結果を出す人はチャンスを逃さない人。
チャンスを物にできないダメ釣り師からはやく脱却してーなぁ...

この日は炎天下で9時間竿振りっぱなし。
朝一の自転車&泳ぎで疲れが一気にきた。

また一時間、ヒーヒーいいながらチャリをこいで宿へ戻る。

納得のいく結果は出せなかったが、ラグーンの楽しさを知った。
もっといろんなラグーンへ行ってみたい。
ボーンフィッシュやスヌークも釣ってみたいし。
車でいろんなラグーンを叩いてみたいなぁ。

またまたやりたい釣りが増えててしまったなぁ。


今はまた拠点のカンクンに戻って来ました。
次はどこへ行くか検討中です。次はその記事をUPします!

Comment

2010.08.15 Sun 22:20  ワニ

オーストラリアのケアンズでは海水にいるイリエワニは凶暴なので、海岸線はすべて遊泳禁止でした
海岸線に沿ってボードウォークまで設置、散歩も禁止
海岸に無料の市民プールを設けていました
淡水系のクロコダイルはそれほどでもないらしい

メキシコではどうなんだろう?
無事だったんだからどっちにしろ、OKかな
  • #-
  • あーるママ 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.08.16 Mon 02:58  

>あーるママさん

えーーー!そうなんですか!海水にいるワニは凶暴!
知りませんでした....
ボリビアのパンパツアーでワニをたくさん見ましたが、
みんな人間を怖がってこちらから近づくと逃げていたので、
大丈夫なもんだとばかり思っていました。

見かけたワニはそこまで大きくなかったし、
油断していましたね。

ワニがいるところでは人に聞くなどして慎重になりますね。
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.08.16 Mon 07:53  

あーるママさんへ
  ワニの件、適切なるご忠告ありがとうございました。
ガクへ
  あと1ケ月と先が見え、ホットして一番気が緩む時、こういう時こそ「残心」の気持ちを忘れずに日々過ごす事。
釣りは楽しそうだね。色々な魚が楽しめて、特にバラクーダーは引きが強そう。話し変わるが、「けいろうかい」は朝メールしたものだが、お見通しのどおり、前の晩、一杯飲みながらパッと頭に浮かんだもの。
  • #-
  • ガクおやじ 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.08.16 Mon 12:20  

>ガクおやじ

了解。最後まで気を抜かないよ。
日本では出会えない魚を釣るのは楽しいよ。
バラクーダも強いけどやっぱりバージャックなどのヒラアジ系の
突っ込みはたまらない!

では、明日から島へ釣りへ行ってきます!
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。