そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.28[土] カンクン最後のイベント

1人釣り合宿で傷からばい菌が入ってパンパンになった足も回復してきた。
そしてまたカンクンでまったり。
みんなでバーベキューをやったり、ビーチ麻雀したり。
0re16820.jpg
うん、ここの宿は楽しいなぁ。

いやいや、そうもしてられない。
来月半ばにメキシコシティーから日本へ行くチケットを
もう取ってしまったので、そろそろ移動しなければ。

キューバ行って、コスメル島いって、ジンベイと泳いで、釣りもして。
カンクンを拠点にいろんなところに行ったけど、
まだやり残したことが1つ。

それは、「セノーテでダイビング」

ユカタン半島には石灰岩でできた平地が多く見られ、
そこが陥没して地下水がたまるとセノーテとなるそうだ。
その水の透明度、そこに差し込む光のカーテンは美しいらしい。

カンクンに長居してしまいそうなお尻をひっぱたいて、
セノーテにダイビングをしにいった。

プラヤデルカルメンまで行って、宿を確保、それからショップ探し。
値段と信用度を考えながら妥当なところに決める。

セノートと言ってもたくさんあり、
ショップで写真を見ながら「光のカーテン」が綺麗に見えそうな、
「チャックモール」というポイントに決めた。

翌日の朝8時30に出発。
今回はガイドのホセと自分達2人の全部で3人。
前回のコスメルのダイビングでは10人近いバディーで
自由がきかずストレスを感じたので、この人数はうれしい。

幹線道路を20分、低木が生い茂る林道を4駆で10分ほど走って現場に着。
まずはセノーテへ降りて説明を受ける。

おーーー!すごい透明度!なんともいえないブルーだ。早く潜りたい!

準備をして早速、ダイビング。
1re16850.jpg
さぁ行くぞ!
水に入って少し泳いで目に入ったのは、こんな光景....


2re16836.jpg
おーーーーーー!
美しすぎる...

3re16827.jpg
きれいにデコレーションされた水族館の水槽で泳いでいる感じ。

4re16855.jpg
もなか。
透明度が高くて、空中に浮いているかのよう。
5re16821.jpg
6re16823.jpg
これが光のカーテン。神秘的です。
光の屈折がよくわかります。
8re16862.jpg
空を飛んでいる感覚。
9re16860.jpg
いやーー素晴らしい!!!!!

ダイビングの楽しさって何だろうって考えたとき、
まぁまず思い浮かぶのがいろんな魚と出会えること。

そしてもう1つは3次元を自由に行き来できることだと思う。
肺の中にある空気の量を調節するだけで、
自由自在に上下に移動できるのだ。空を飛んでいる感覚。

これだけ透明度がいいと空を飛んでいる感覚が、
限りなくリアルに近づく。不思議で楽しい。

セノーテには鍾乳洞が水没していることが多い。
その洞窟に入って行くのもこのセノーテダイビングの楽しみ方だ。

10re16843.jpg
ちょっと暗くてぶれちゃってるけど。
こんな感じで陸上にある鍾乳洞がそのまま水中にある。
11re16845.jpg
暗い洞窟から抜けるところ。
12re16846.jpg
この辺はちょっと緑に濁ってた。
13re16847.jpg
水面を見上げると森。
いつもは水面の上には青空。新鮮だ。


いやー大満足でした。

湧水なので水温は24度とやや冷たい。
1本40~50分の潜水時間でも結構寒くなる。
寒がりな人はウェットスーツを重ね着するなどして対策を。

さぁ、これでやるこたぁやった!
そろそろ次の町、サンクリストバルに移動します。


****************** 旅 情 報 **********************


●交通

カンクン→プラヤデルカルメン

バス  Mayab社

13:00発14:20着(所要時間1時間20分)

30ペソ/1人(≒195円)


一等バスターミナルの一番左のMayabの窓口で
「セグンドクラス」といえば買える。
前回コスメルに行ったときは26ペソだったが値上がったようだ。
冷房付き。



●宿泊

プラヤデルカルメン

Green Monkey Hostel

住所 :Avenida 15 esquina con Calle Centro, Playa del Carmen
TEL :00(52)984 147 0297
Email:greenmonkeyhostel@gmail.com

ツイン、トイレシャワー付、冷蔵庫

200ペソ/1室(≒1290円、ROSAS7にあった割引券使用、初日だけ20%オフ)

おすすめ度★★☆☆☆

大通りに近くて車がややうるさい。
トイレは水の流れがわるく使いにくいし、
入り口のドアの鍵も壊れていて開かなかった。




●ダイビング

プラヤデルカルメン

Beach Diver's

セノーテ「チャックモール」
2ダイブ US$95/1人(≒8000円)

レンタル水中カメラ US15$(≒1265円、交渉後。正規料金US30$)

ソカロに面している。フェリー乗り場に近い角。
歩き方に乗っているダイビングショップより安い。
接客も悪くない。ここでセノーテのダイビングを申し込むと、
個人でやっているガイドに紹介される。支払いはこのダイビングショップに。

~~~~~~~~~~

直接ガイドに頼む場合は、


Jose Antonio Cid

mail:joseancid@hotmail.com
HP : www.divecenote.com

に連絡してみると良い。
ショップで直接頼むより安いかも。
レンタル用の道具もしっかりしてるし、
信用できるガイドだった。
カメラのレンタルは出来るか不明。

Comment

2010.08.28 Sat 04:24  おっ

なおや氏が遊んでる!!晴れて卒業ですか?
  • #-
  • 旅人にしやん 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.08.28 Sat 07:39  

>にしやん

どもども、にしやん!

いやいや、なんと、なおや氏は1ヶ月延長です!(爆)
僕等は明日出ますので、またたこ焼き屋でも誘ってみては?

2010.08.28 Sat 07:45  

皆んな楽しそうに麻雀してるなあ~。そうそう娘の引越しの時、中国人の作業者が麻雀好きで、「天和あがったことあるよ」と言ったら見たことも聞いた事もないと言ってビックリしていた。あ~早く囲みてえな~。
ダイビングの景色、凄いの一言。俺には未体験の光景だが世の中にこんな素晴らしい景色があるんだね。
まだまだ熱い日(この字がピッタリ)が続いているが朝晩は比較的涼しくなっている。セミもアブラゼミは姿を消しつつあり、ヒグラシの涼しげな声が朝晩聞こえるようになった。   ではいい旅を!!
  • #-
  • ガクおやじ 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.08.28 Sat 08:13  

>ガクおやじ

最近は自分がトップ目の時に誰かが
役満上がって抜かされるというパターンが多い....
流が良くないなぁ。

セノーテの景色は凄かったよ。
魚が少ないのが残念だけどね。
透明度が高い=プランクトンが少ない=魚がいない
からしょうがないか。

日本の暑さが和らいでいるということで良かった。
こっちも毎日寝苦しい日が続いているので日本は涼しくなっているといいなぁ。
帰る頃にはうまい秋刀魚が食べられるかなぁ。

2010.08.28 Sat 13:42  

麻雀はトップを取るゲーム、まだまだ甘いぞ!!
流れは待っていても来ない、自ら引き寄せないと・・・・・
今年は、サンマは不漁、海水の温度が高く、エルニーニョ現象だっけ、
かなり遠洋まで行かないと捕れないらしい。
でも油が乗ったサンマを焼いてジュージューいっているのをビール片手に食べる、これ最高!!
9月末頃に、我々OB会で、産地直送のサンマを食べる江戸川河川敷でのバーベキュー大会あり。声かけるよ。
    



  • #-
  • ガクおやじ 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.08.29 Sun 00:14  

>ガクおやじ

流を引き寄せようと頑張っているんだけどなぁ。
何やってもダメなときってあるんだよ。
前回、前々回のメンツではトータルではトップだったよ。
今のメンツでは散々だけど...

秋刀魚不漁なんだ....遠洋まで行かないと獲れないとうことは、
今年は値段が高いかもね。
今年の猛暑とも関係あるのかもしれないね。

とにかく、何でもいいから日本のおいしいものをたらふく食べたい!

2010.08.30 Mon 07:42  

うわぁー!またビーチ麻雀じゃないですかぁ!!
しかもN哉さんも!?解放されたのですね♪よかったよかった(笑)
しかも、セノーテダイビングまで。。カンクン完全燃焼ですね、ホント♪
  • #-
  • きうち 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.08.30 Mon 07:58  

>きうち君

ふふふ、きうち君ならこれに食いついてくると思ったよ!
そういえば先日、N哉君がスーアンコウを海底ツモであがったよ!
自分がトップだったのにまくられた....

でも彼は管理人さらに一ヶ月延長です。
自分はサンクリに来ちゃったので、
面子が足りてないよ。カンクンに戻っておいで!
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。