そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.29[月] 洞窟めぐりVol.4

6月22日、朝9時に朝食を食べ、最終目的地コンローケイブへと出発。
足を怪我しているエマと、
ずーっと二人乗りでヨウフラの後ろに乗っていたアレックスは
疲れを癒すためソンテオ(トラックの荷台にのるバス)で向かう。

もなかとガク、ヨウフラ3人でツーリング。
道も舗装してあるし、
田んぼの奥に聳え立つ山々を眺めながらのツーリングは最高だ。
道路を歩く牛、水牛、ヤギの群れをよけながら走るのもゲームのようで楽しい。
4日目-1

やはりここでも子供たちが道路際から笑顔で
「サバイディー!!」と手を振ってくれる。

そしてバイク組3人が先に洞窟入り口へ到着。
ソンテオ組の到着が遅れて2時間待ってようやくコンローへ!
4日目-2
この山の下方に見える黒いのが入り口。
4日目-4
小さな船外機つきのボートに乗り洞窟の中へ。
このボート、大人3人、ガイド2人が乗り込むと今にも沈みそう。
しかもどこかに穴があいてるらしくガイドが常に水をくみ出している。
このコントのようなボートに乗るだけですでにドキドキだ。

入り口は思ったより小さいが奥に入るに連れ天井は高くなり、幅も広くなる。

野球ができそうなくらい広いところもある。
時折、砂浜も見える。
地底人がいるとしたらこんなところだろう。

ライトはもちろん、人工物はほとんどなく、
ガイドと自分たちが持つヘッドライトだけが頼り。
しかし、広すぎてヘッドライトの光は壁までわずかしか届かない。
かえってそれが想像力をかきたて、興奮する。
写真を撮ろうにも暗すぎて全く写らない。

ガイドといっても洞窟内の地形を熟知しているだけで、
解説などをしてくれるわけではない。
ガイドはただ黙々と操船に没頭している。
ボートは暗闇のなかを結構なスピードで、
水面に突き出る岩を避けながら進む。
いつ岩にぶつかってもおかしくない。
それがまたスリリングでたまらない。

20分ほど進むと出口が現れる。
小指のつめほどの小さな光がみるみる大きくなり、目がくらむ。
少し経って目が光に慣れると、色鮮やかな緑の木々が目に入る。
4日目-5
最高!!
こんなにエキサイティングな洞窟は初めてだ。

もし、洞窟内がライトアップされ、どっしりと安定した船で、
「この洞窟は~年に発見された鍾乳洞で.......」的な
わかりやすーい観光案内を聞きながら見てもここまで
面白いと思えなかっただろう。
しかしいつかそういう日が来るのかもしれない。

4日目-6
最後にみんなで記念撮影。
みんな大満足。

Nahimへ戻り、ゲストハウスを探す。
一部屋40000kip(≒470円)という部屋に決める。
安いだけあって、銭湯の男湯、女湯のしきりのように、
となりの部屋と天井近くでつながっている。
壁は薄くて隙間だらけ、1部屋向うにいる人の話しもまる聞こえ。
ドアには鍵があるのに、窓にはない。
とにかくつっこみどころ満載で笑えた。

その後、レストランでビアラオで祝杯をあげた。

翌日、最終日は朝から走り続け、無事、夕方にターケークに着。
4泊5日の旅は終わった。

コンローケイブや道中のすばらしい景色はもちろん貴重な経験だが、
欧米人と長い時間を共に過ごすことも良い経験だった。

コミュニケーションは英語だったが、
相手が何をいっているのか、英語でどう言えばいいのか?
困る場面が多くあった。
飲みの席でやや複雑な話題になるとまったく輪の中に入れない。
英語をもっと勉強しなきゃと痛感。

彼らは皆いい人で最後に連絡先を交換した。
様々な国に友ができたのはうれしい。
ヨーロッパを訪問した際にはまた会えるかもしれない。
そのときにはもっと英語力を上げていたいなぁ。

**********************************************************

今はビエンチャンに戻っています。
ルアーンパバーンなどにも足をのばす筈だったが、
ゆっくりしすぎて予定が厳しくなってきた。
明日にはタイのチェンマイに向けてバスで発つことにしました。
また落ち着いたらUPしまーす!

Comment

2009.06.30 Tue 16:47  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  •  
  • []
  • [Edit]

2009.07.02 Thu 08:26  お誕生日

おめでとう!
もうめでたくも無いかな?

海外ではケーキもままならないかもしれませんが、今日はご馳走を食べて、二人でお祝いしてください
タイはスイーツがアメリカ以上に甘くて口にあわないかも
果物は今が一番出回っているでしょうね

日本は梅雨まっさかり、連日の雨です
もうじきそちらも雨季にはいりますね
体に気をつけて楽しんで!!!
  • #-
  • あーるママ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.07.03 Fri 21:56  

もなかちゃんおめでとう!

ってもしかして昨日だったかな?
2人で美味しいもの食べてお祝いしたかな?
いつ見てもブログのもなかちゃんはいきいきしてる!
これからも体に気をつけて楽しい旅を!!
そしてこの1年よい年でありますように・・
  • #TRcOFq4w
  • なおこ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.07.04 Sat 15:17  

>あーるママ

ありがとう。
だんだんめでたくない年齢になってきたかな?

タイのスイーツは甘いけどおいしいよ!
私のお気に入りはマンゴーともち米を甘いココナッツミルクで食べるやつ。
最初は気持ち悪いとおもったけど、食べてみるとうまい!!

>なおちゃん

ありがとう!
誕生日はトレッキング中で、タイ北部のアカ族の村でむかえたよ。
ご馳走もケーキもなかったけど、一緒になったフランス人がフランス語でハッピーバースディを歌ってくれて、とっても思い出に残る誕生日になりました。
ちなみに夫は誕生日をすっかり忘れてました。。






  • #vIXFS59k
  • ガク&もなか 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/20-f89a7a3f

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。