そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.06[土] 30年ぶりの奮闘

さて、前回の記事の続き...

釣りからの帰り、街灯もない真っ暗な田舎道を車で走っていると、
道の真ん中で子猫ががひかれていた。

横を通り過ぎる時に速度を落としてよく見ると.....
ひかれた子猫の横にもう一匹同じ柄の子猫がいるではないか!

車から降りて近づくと...

その子は生きていて、ひかれてしまった兄弟にぴったりと寄り添って
ペロペロと傷を舐めていた..
ひかれてしまった子は頭がぺちゃんこに潰されていた。
即死だろう。
そんな兄弟を一生懸命に舐めてあげているその姿に心を打たれ、目頭が熱くなる。
二匹とも手のひらに乗ってしまうほど小さな猫だ。
まだ親離れしていない子達だろう。


すると自分を母親だと思ったのか?
自分の顔を見て高い声で「ミー」と鳴き、
近寄ってきて、自分の足に寄りかかるようにしてちょこんと座った。

やっやばい、情がうつりそうだ

「もうその子は死んでしまってるよ。お母さんはどうしたんだい?」

ガリガリに痩せているせいもあるが、目が大きくまん丸だ。
その目で自分を見ながらかすれた声で「ミー」と鳴いた。

とにかく危ないので二匹を路肩に移動させる。
ひかれた子はまだ温かかった。
死んでから、まだ時間が経っていないようだ。
その子はまた兄弟をペロペロと舐め始めた。

情がうつる前に去らねば!

「頑張って生き延びるんだぞ!」

そう言って足早に車に向う。
5mほど歩いた時、右足のかかとの辺りから「ミー」と聞こえた。
今までで一番大きな鳴き声だった。
まさか...

振り返るとこんな目で自分を見ている。(これは後で撮った写真)
1re17358.jpg
「なんでいっちゃうの?」

結構早い速度で歩いたのに、頑張って走ってついてきたようだ。
立ち止まってしゃがむと、また自分の足に寄りかかるようにちょこんと座った。

だめだー!ほっとけねぇー!!
こいつをここに置き去りにすることはできねぇ!!
なんだこの映画の台本のようなシチュエーション!!
くそー!!(笑)



とりあえず車に乗せた。
2re17344.jpg


さぁどうするか。
連れて帰ったとしても宿住まいの自分は飼う事ができない。
飼ってくれる人がいないか石垣の知り合いに連絡してみる。
もちろん、そんな人はすぐに見つかるはずもなかった。

獣医のもなかにも相談してみる。
状況を説明すると
「それは運命だから飼うしかないよ。」
と言われる。
うん、やっぱりそうだよなぁ。

「とにかく連れて帰って動物病院で健康診断してもらって、
 迷い猫を保護してくれる団体がないか聞いてみれば?」

なるほど。


しばらく車でどうするべきか考える。

子犬や子猫を拾うということは大きな責任を負うということだ。
自分は小学生の時、よく猫や犬を拾ってきては大変な思いをした。
任せるなら責任を持って大切に飼ってくれる人でなければならない。
そんな飼い主はそう間単に見つかるものではない。

それともう1つ。
飼い主を見つけることがその動物にとって本当に幸せかということだ。
飼われるということは餌や病気の心配がなくなるが、
その分自由を奪われることも事実。
やりたいことをやって生きてきた自分は、
もし犬や猫だったら野良の道を選んでいるかもしれない...
苦労して飼い主を探したところでそれはエゴなんじゃないか?

だから今までは親からはぐれたであろう子猫や子犬に遭遇しても、
「頑張れよ!」と声をかけるだけで深く関わらないようにしていた。
だけど、今回ばかりは....あまりに状況が状況なのである。

もうすぐ台風が来る。
こんなにガリガリに痩せているということは母親ともはぐれたのだろう。
まだヨチヨチ歩きのこの子がこの台風を越せるとは思えない。
いや、台風を乗り切ったとしても
一人で餌を獲って生き延びていくのは難しいだろう。
手を差し伸べなければこの子が生きることができる可能性は低い。


こんな妄想もしてしまう........

.........................................
...もう母さんが戻ってこなくなってから5日目になる。
母さんに絶対ここから動いちゃだめだよ!と言われたけど..
お腹が空いたよー!もう限界だ。
兄ちゃんとご飯を探しにいくことにした。
道路を渡るとき、すごい音の大きな物が襲ってきた。
兄ちゃんは道の真ん中で動かなくなっちゃった。
兄ちゃん、はやく行こうよー。ここは危ないよ。
お腹も空いたよー

あれ?だれ来た?母さんかな?人間かな?
たぶん、母さんだ。だってお顔にも毛がもじゃもじゃ生えてるもん....
.................




すでに船は陸に揚げていて、しばらく仕事は休み。
時間はある.....
3re17345.jpg
自分のお腹の上ですっかり安心してくつろぐ。


よし、飼い主探してみるか!
どうしても見つからなければ引っ越してでも自分が飼う覚悟で!


ということで連れて帰ることにした。
その決断を下すまでに1時間以上もかかった(笑)


スーパーに寄って子猫用の餌を買い、ダンボールももらう。
宿には置けないのでダンボールに入れて車で夜を明かしてもらうつもりだ。

餌をあげると気が狂ったようにむさぼった。
相当お腹が減っていたのだろう。
このくらいの子供は食べるとすぐに便をするそうだが、
肛門を刺激しても便をしなかった。
体はガリガリだがお腹だけがパンパンな状態。
少し心配だ。

子猫をダンボールに入れて車に置く。
窓を少し開けて風通しを良くする。
バタンとドアを閉めると行かないでー!と言わんばかりに、
「ミー、ミー、ミー」と鳴き続ける。
そばにいてやりたい気持ちをぐっとこらえて部屋に戻る。
明日は朝から動物病院にいくぞ。


翌日

猫が気になってあまり眠れなかった。
朝6時半に様子を見に行く。
ダンボールから脱出しており、車の背もたれの上にのぼり、丸くなっていた。
おしっこはしているようだが、まだ便はでていない。
餌は良く食べた。

動物病院が始まるまでにまだしばらく時間がある。
しばらく車の中で猫と遊ぶ。
4re17346.jpg
お腹の上で両手をモミモミ。
おっぱいが欲しいようだ。
6re17349.jpg
乳が出ないとわかると諦めて気持ち良さそうに眠る。
父は乳がでないのだよ...
5re17348.jpg
遊び疲れて手の甲を枕にして寝てしまうの図。


動物病院に連れて行き、健康診断をしてもらう。
痩せているが特に問題はないとのこと。
ノミ取りのフロントラインをつけてもらい、
虫下しの薬も飲ませてもらった。


よし、飼い主探しだ!

心当たりが何人かいる。
そこを訪れてこの子を見てもらえば....

しかし、すべて撃沈....
やはりそう簡単には見つからない。

町を車で走っている時、手入れのされた猫を肩に乗せて歩いている方を見かける。
この方なら大切にしてくれそうだ!
ダメもとで聞いてみるみる。

もう今飼っている子で手一杯だとのこと。
やはり...
一応名刺を渡す。
飼いたい猫好きの人がいたら連絡をしてもらうようにお願いした。


さぁ、これは長期戦を覚悟しなければならない。

しばらく車で飼う事になりそうだ。
向った先は100円ショップ、ダイソー。

トイレ用の砂、ペット用の吸水シート、おもちゃ、なんでも揃ってる!
すげーよダイソー!
金属の網とタイラップでゲージも作れるし。
自分の生活費でさえ節約しているこの状況ではとても頼りになる。
7re17347.jpg
なかなかっしょ?子猫の家。
全部あわせて1500円也。
自分の家もダイソーで作れないかなぁ?

大き目のタッパーにトイレ用の砂を入れてトイレを作る。
するとすぐに自分からトイレに入って用を足し始めるではないか!!
なんておりこうなんだ!

立派なウンコをしてくれた!

そうか、便をしなかったのは砂がなかったからなんだな。
ごめんよー...



さぁ次はビラ作りだ!

人の集まるスーパーなどに片っ端から張る作戦。
まずは一眼レフで撮影会。
顔をダイソーで買ったお尻ふきできれいにする。
いかに可愛く撮るかが重要。
8re17361.jpg
9re17362.jpg
うーん、違うなぁー
10re17360.jpg
11re17358.jpg
これでいこう!

部屋に戻ってワードでビラの原稿を作る。
USBメモリにデータを入れて、まずはコンビニのコピー機へ。
そのコピー機ではデータが読み取れないと表示されたので、
少し値は張るが印刷屋へ。



思えば動物の里親探しは30年ぶりである。
その頃は子犬を抱いて歩き回り、
興味を持ってくれた人にお願いしてみるということしか出来なかった。

その時と比べると、ここ30年の科学技術の進歩、
それと自分の成長(笑)も感じるのだった。
いや、結局同じことしてるんだから成長してないのかもしれない(笑)

12re17364.jpg
ビラが出来上がった!
印刷屋の方が動物好きだったので、値引してくれた上に多めに刷ってくれた。
感謝、感謝。

自分でいうのもなんだがなかなかの行動力である。
自分、すげーな!といい気になりそうだったが...

よく見ると誤字脱字だらけ。
20枚すべてをボールペンで修正するは羽目に...
やること早いけど雑。この性格は子供の頃から直らない。
やっぱり成長してないよ..

さぁそこからビラ張り大作戦!
地図を広げて戦略を立てる。
石垣市の一番西と東にあるコンビニは抑えよう。
それと一番大きなスーパー、マックスバリュー3件とかねひでは絶対だ。
動物病院も攻めるぞ。
地図に丸をつけてルートを決める。

猫が見たいとメールをくれた動物好きの友達Tさんも手伝ってくれた。
何軒かは断られたが、ほとんどの店が快く貼らせてくれた。
さぁ、あとは町の外れのコンビニだけ。


そこに向う途中、電話が...

昨日、電話したが繋がらなかったKさんだ。
郊外の山に囲まれた草原に工場と家があり、夫婦で犬を可愛がっている。
船修理の仕事を手伝わせてもらった上司でもある。
とても信頼できる方なので、もし飼ってもらえるならベストだなと思っていた方だ。

「実は子猫飼わないかなぁと思って....」

と切り出すと猫に興味をもったらしく、年齢や性別を聞いてきた。
ん?今までとは違う展開。
話を聞くとどうやら猫を飼いたいと奥さんと話をしていたところらしい。

まじっすか

とにかく猫を見て欲しいのでKさんの家に向った。
猫を見せるとやっぱり気に入ってくれた。
ここぞとばかりに売り込む。

「まだ痩せてるけどもっと太ったらさらにかわいくなりますよ。
 もうトイレもきちんとできるし、今ならゲージ、トイレ砂、餌、全部ついてますよ!」

しばらく奥さんと相談し......




「では責任を持って飼わせていただきます!」

そんなにすぐに返事をいただけるとは思わなかったので、
その言葉に耳を疑った。

やったー!!!!!!!!!!
よろしくお願いしますとご夫婦と固い握手。

実はビラを貼ったはいいけど、
連絡してくれた人があまり信用できない人だったら断るつもりでいた。
先に連絡をくれている人がいると嘘をついて。

だからよく知っている信頼できる人が飼ってくれることほど嬉しいことはない!
最高だ。これが縁ってやつかもね。
自分とkさん、そして子猫の出会いが繋がったのである。

そして最後に、協力してくれた皆にもお礼を言いたい。
いろんな人にメールして飼い主を探してくれたコバやTさん、
ビラを快く貼ってくれたお店の方々。
自分は子猫の扱い方など全くわからないので、もなかには頻繁に電話してアドバイスをもらった。
連れて帰ろうと決心できたのはもなかの後押しのおかげだ。

みんなありがとう!


今、台風接近で外は暴風が吹き荒れている。
あれ?そういえば台風中にすべきことがあったような....
そう、海上特殊無線技士の勉強である。

猫騒動とブログ書くのですっかり放置してしまった。
大きな出来事だったので書き残しておきたかったし。

猫を預けてから2晩が明けた。
この記事を書きながらいろいろ思い出して、またあいつに会いたくなった。
名前はついたのだろうか?
犬とはうまくいってるだろうか?

これから勉強頑張って、息抜きに会いに行ってみよう...

Comment

2011.08.06 Sat 15:09  涙が出そうに。。

猫の話始めの方から涙が出そうになりました。。
本当にいい飼い主が見つかってよかった。。

猫は好きだけど、1週間ほど前に野良猫に噛まれ少し猫恐怖症になりました。。

2011.08.06 Sat 20:53  

いい飼い主さん見つかってよかったね!しかし、30年前とかわってないねぇー(笑)昔、小さい頃、学校から帰ったらマンションで犬飼えないのに子犬が5、6匹いて一緒に飼い主探したよなーって思い出した。その後、大きくなった犬に会いにも行ったなぁ。猫ちゃん、幸せになれよー!
  • #-
  • Nozomi 
  • [URL]
  • [Edit]

2011.08.06 Sat 23:56  

>Shintaro君

え!猫に噛まれた???
しかも野良猫?どんな状況だったんだろう?


自分も子猫に出会った現場を思い出すだけで悲しくなります。
でも本当に良かったよ!

秋には子供見に行くねー!

>Nozomi

いやー、本当に変わってないよ。
またいつか同じようなことしてるんだろうね。
そういえばあの時はNozomiにも手伝ってもらったっけね。
でもあの時はあまり深く考えず、かわいそうだからとにかく持ってきたって感じだったかな。

子猫に必要とされて、少しだけ母親の気持ちがわかった気がする?
秋にはタミ君にも会えそうだよ!
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]

2011.08.08 Mon 09:23  よかった!!

一報では、画面が暗くて猫の姿すら定かではなくてどうするかなとハラハラしました

もなかと、神戸空港まで迎えにいくか、いや沖縄まで、いや石垣まで迎えに行くべきだろうと・・・

すっかり我が家の猫気分になっていましたので、あらためてお顔拝見でした
産まれた故郷で養子になれてよかった!!!
小さすぎるし、飛行機に乗せてもらえないかも(これも考えて、帰りはケージで抱えて船旅だと、一人で妙な覚悟もしてました)

逃した猫の子は一際かわいいです
うんと幸せになりますように!!
  • #-
  • あーる 
  • [URL]
  • [Edit]

2011.08.08 Mon 21:47  

>あーるさん

ご無沙汰しています!
そこまで考えていて下さったとは!
ありがとうございます!

自分は目の前の子猫のことでいっぱいいっぱいで、
周囲の方に協力を求めたにも関わらず、
皆が真剣に考えてくれていたことに気づかなかったようです。
申し訳ありません....

昨日、子猫に会ってきました。
本当に大切にされていて安心しました。
こっちにいる間は成長した姿の写真もUPしていきますね。

ありがとうございました!
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]

2011.08.08 Mon 23:22  

お久しぶりです。
いいお話でした。最後に猫くんが幸せな家族に出会えた事で安心しました。

猫くんの名前はなんていうんだろう。またブログをチェックしてますので教えてくださいね。
  • #MAcqijD.
  • sugi 
  • [URL]
  • [Edit]

2011.08.09 Tue 22:18  

心暖まる話でぐっと来ました。一生懸命はどこかに誰かに伝わるものですね。なぜかこの話を読んで自分もがんばらなと思いました。

  • #-
  • 大阪球場 
  • [URL]
  • [Edit]

2011.08.09 Tue 22:44  

>sugi

ちーっす!元気にしてるかい?
とにかくハッピーエンドでよかったよ。

名前は「ムサシ」になったらしい。
そういえば昔可愛がっていた野良猫にも同じ名前をつけたなぁ。
運命を感じるよ!


>大阪球場さん

自分はやろう!と決めると鼻息が荒くなりすぎて、、
周りが全く見えなくなるタイプなので、
人に迷惑をかけてしまったり、他にするべきことを犠牲にしたり...
今回もそんな感じでした...

新たなスタートに向けてやらなきゃならいことが山積みなので、
自分こそ頑張れねば!
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]

2011.08.15 Mon 09:19  

いい人(がく&買い主)に運命的出会い
良かったのだよ。

責任ある人を見つけることができて
良かったね。

我が家の2匹と同級生だね。
  • #-
  • のりだぁ 
  • [URL]
  • [Edit]

2011.08.15 Mon 21:26  

どもー!

のりだぁさんちの猫、かわいいっすね。(ブログでみました。)
自分も屋久島で落ち着いて飼える環境になったときに、
また運命的な出会いがあれば飼いたいと思います。

いつか遊びに行くので猫見せてくださいねー!

  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]

2011.09.02 Fri 20:34  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  •  
  • []
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。