そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.17[月] マニャラ湖国立公園

ニャニキャンプサイトを早朝に出発、
アリューシャ方面へ車を走らせる。

途中、マニャラ湖が一望できるポイントに。
1マニャラ湖004m
この日にサファリドライブをするところだ。

5時間後にムトワンプ村のキャンプサイトに到着。
荷物を降ろして昼食を済ませ、マニャラ湖へ。

2カバ065m
湖から上がって昼寝するカバ。
ここは車から降りて観察できるポイント。
このカバを撮影中にそれ以上近づくなと注意される。
カバは怒らせるとかなり危険な動物なのだ。

そして他の場所で見られなかったディクディクに遭遇。
3ディクディク104m
写真ではわかりにくいがかなり小さな動物。
高さは30~40cmほど、片手でひょいと持ち上げられるサイズだ。
目がクリッとしてかわいすぎる。
これなら部屋で十分に飼える。
持って帰りたい!

今までの場所と違って森が茂り、水が豊富にあるので鳥も多く見られた。
4鳥032 - コピーm
これはハイガシラショウビン。
鮮やかな色が目を引く。
魚ではなく虫を捕まえていた。

5鳥134m
これはサイチョウの一種。
名前を忘れてしまいました。
あーるママさん教えてください!

そんな感じで今までとは違った環境でのサファリを
楽しんでキャンプサイトに戻った。

翌日はムトワンプ村を散策、ガイドが村人の生活を紹介してくれた。のんびりと、ゆっくりと村に流れる時間。
子供達が写真撮ってー!と追いかけてくる。
でもいざカメラのレンズを向けると緊張で顔が強張ってしまうのがかわいい。


これで全ての日程を終え、アリューシャに向かった。
ガイドのピーターとコックのマイコーは仕事をやり終えた達成感からか、2人とも良い笑顔だ。
この旅も終わりなんだなと実感する。
マイコーの作るご飯は最高だったし、
ピーターのガイドも気配りが感じられて素晴らしかった。
ホテルに着くとあーるママさんが2人にチップをはずみ、
さらに2人は上機嫌、みんなで抱擁し合って別れた。

いやー、サファリツアー、最高でした!



翌日、ダルエスサラームに戻るバスからアフリカ最高峰、
キリマンジャロが見えた。
平らなピークを雲の上に覗かせる姿は圧巻である。
あのピークから見る景色はどんなに素晴らしいことだろう.....

次の目標はこれだ!

とうことで、またダルエスサラームから10時間バスに乗って、
キリマンジャロの麓にあるモシという町に来ています。
明日から登山へ出発です。

またしばらく更新できなくなりますが、
良い報告ができるように頑張ってきまーす!

****************** 旅 情 報 **********************



●交通:ダルエスサラーム⇔アリューシャ
    Scandinavian Express のバス
    8:30発 19:00着(所要時間11時間)
    往路も復路も同じ出発時間。
    24000sh(=1680円)

  ダルエスからはカリアコーマーケットの南にある  
  Scandinavian Express専用のターミナルから出発する  
  ので便利。チケットもここで買える。
  ウブンゴバスターミナルも経由する。

●ツアー:Yembi Adventure Ltd.
Tel:2921113
E-mail:yembi@africaonline.co.tz
HP:www.yembitz.com


Comment

2009.08.17 Mon 08:15  サイチョウ

SILVERY-CHEEKED HORNBILL
和名はギンガオサイチョウです
タンザニアではキリマンジャロ、メルー山、マニヤラ湖など局地的生息になります
ここで見ることが出来てよかった

アオサギのように、長距離とぶことができなくても世界中に生息している種もいるし、鳥は不思議に満ちています
初めて見る鳥は感動です
いつも見慣れている鳥に出会うと「ここにもいたのね」とほっとする
この年齢になると「初めて」が少なくなって感性がマヒしてくるような気がします
鳥を見ていると少女の頃に戻ったように感動して、少し気恥ずかしいくらいです
で、やめられない!!

二人と一緒に、この瞬間を分かち合えて良かった
ありがとう!
  • #-
  • あーるママ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.08.22 Sat 16:49  

>あーるママさん

ありがとうございます。
ギンガオオサイチョウですね。
そんな限られたところにしか生息していないとは知りませんでした。

初めて見る生き物には僕も感動します。
相変わらず、森や林を歩くたびに、
つまづいていて転びそうなくらい真剣にカメレオンを探していますが、
未だに出会えません。
まんまと擬態にだまされているのでしょうか?

こちらこそ、サファリご一緒できて楽しかったです!
またみんなでどこかへいく企画をしたいですね。
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.08.24 Mon 07:48  

原色の花がきれいだね。
写真にある植物は確かに「トロロコンブ」だ。間違いない。
和食が恋しくなった様子、帰ってきたらいやになるほど連れて行くよ。
それから満点の星の写真を見て、昔、山に登っている頃、頂上で見た
光景~寝っころがって空をみていると流れ星がひっきりなし~を思い出した。頂上の写真は、楽しみに待っている。

  • #-
  • ガクおやじ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.08.24 Mon 18:34  

>ガクおやじ
でしょ?ありゃ間違いなくトロロコンブだ。
至る所にあるので日本食禁断症状患者にはちとつらい。

標高の高い山の空気の透明感はすごいね。
あまりに寒くて流れ星を探すことは出来なかったが。

日本に帰ったら日本食ツアー楽しみにしてるよー!
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.10.03 Sat 13:00  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  •  
  • []
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/36-cc97dc85

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。