そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.06[日] ザンジバルへ

ご無沙汰しています!
PCの不調やネット環境が原因でしばらく更新できませんでした。



キリマンジャロの麓の町、モシに長居してしまった。
筋肉痛が治ったあとも、インターネットでヨーロッパ行きの航空券や
レンタカーの情報収集、手配をしていたからだ。
モシはダルエスサラームよりネット環境が良い。
速いし(といっても知れてるが...)日本語入力もできるのだ!

ヨーロッパでは、「イギリスから北欧に渡り、
そこからまた南下してヨーロッパを1周する。」
というかなり大雑把な計画を立てていたが、
それを大幅に変更することにした。

大幅に変更するといっても今まで何一つ具体的な計画、
予約をしているわけではないので、キャンセルなどは一切必要ない。

具体化された計画は、

9/7 ダルエスサラームからロンドンへ。
9/8~9/22 イギリスをレンタカーで1周。その間は車上生活夫婦になる。
9/22 ロンドンからアイスランドへ。
9/22~10/2 アイスランド滞在。現地でできるだけ安く車を借りて車上生活。魚を釣って食べる。
10/2 アイスランドからフェロー諸島へ。
10/3~10/10 フェロー諸島安宿に滞在(あるかどうかは不明)。魚を釣って食べる。
10/10 フェロー諸島からコペンハーゲンへ。
10/10~頑張ってスペインまで行く。
11月頃 南米へ渡る。

こんなに先まで決めた理由は航空券を安く手に入れるためである。
どこでもそうだが、エアチケットは数日違うだけで運賃が2倍になるなんてこともよくある。
とくに物価の高いヨーロッパではその意義は大きい。

そしてなぜアイスランドか?
ヨーロッパのガイドブックを眺めて気づいたが、
多くの国は歴史ある建造物や町並みが見所である。
しかし、アイスランドだけはその自然が観光の目玉なのだ。
そしてガイドブックには今まで見たことのないような
素晴らしい風景の写真が。ここにしよう!と2人の意見が一致した。

アイスランドは物価が恐ろしく高いらしい。
スパゲッティー1皿5000円なんて話もある。
なので、魚を釣って食べることにする。
釣れなかったらパンの耳(あんのかなぁ?)でも食べます。

そしてフェロー諸島ってどこ?と思った方が多くいたはず。
アイスランドからコペンハーゲンへ向かう途中にある群島。
自分達も島の詳しい情報はよく知りません(笑)

マイナーでおもしろそうだから行ってみることにした。
おいしい魚が入れ食いで釣れるはずなので、
醤油だけ手に入れれば食事はOK!ということに決めた。
もちろんもなかは「入れ食い」について大いに意見があるらしいが。
まぁとにかくやってみます。


コペンハーゲン行きのチケットまで手配が完了したところで
ダルエスサラームに戻り、8月28日、憧れのザンジバル島へ向かった。




50年ほど前までザンジバル共和国という独立国であったからか、
タンザニア本土とは町並みが違う。
resize0530.jpg
あるテレビ番組で紹介され、楽しみしていた
フォロダニ公園のシーフード屋台。
まぁおいしかったけど、新鮮な魚介類を食べ慣れている日本人には
それほど特別なものではなかった。
ザンジバルピザが一番うまかった。
resize0533.jpg
フォロダニ公園から眺める夕日とダウ船。


翌日、ザンジバルで絶対やろう!と決めていたイベントを遂行した。

「日本食っぽい料理を作って食べる!」

というイベントである。
キリマンジャロにあったトロロコンブみたいな植物のせいである。
そのために魚市場に近く、キッチンがある宿に泊まったのだ。

まずはフングニ市場に魚を買い付けに行った。
resize0531.jpg
南日本でも良く見られる魚が売っていた。
サワラ類、ヒメフエダイ、ロウニンアジ、カマス類、アオリイカなど。
あまり大きな魚は食べきれないので、
鮮度が良さそうなアジにそっくりなこの魚を6匹、4000tsh(280円)ほどで購入。
resize0526.jpg
市場をうろついていると、
魚が陳列していある台の下で猫が....
resize0529.jpg
拡大すると....
resize0528.jpg
子供を産んでいたのである。
食事付の家を手に入れるとは母猫はかなりのやり手だ。
これだけ多くの子供がいても将来は安泰である。


魚をいったん宿の冷蔵庫にいれ、
野菜市場へと出かける。
resize0532.jpg
色、大きさ、形などは日本のものと大きく違うが、
キュウリ、大根、トマト、生姜っぽい野菜を仕入れる。

宿のキッチンは、日本の男子学生1人暮らしのキッチン以下。
ガスではなく軽油を燃料としたコンロ。
真っ黒な煙が体に悪そうだが仕方がない。
不便で時間がかかったがついに完成。
resize0527.jpg
メニューは
1、アジっぽい魚の刺身
2、アジっぽい魚の塩フライパン焼き
3、アジっぽい魚のアラ汁。大根っぽい野菜入り。
4、キュウリっぽい野菜の浅漬け(塩&日本から持ってきただし)
5、大根っぽい菜の炒め物
6、冷やしトマト
7、油を入れないで炊いた米(タンザニアは少し油をいれて炊いたりする。)

魚は氷がないところで売っていたので鮮度が心配だったが杞憂だった。
鮮度抜群、脂ものっててうまい!味は日本のアジそのもの。
アラ汁や浅漬けのやさしい味付も最高!
いくら食べても胃にもたれない。
いやー、日本食ってやっぱりヘルシーですよ。
そりゃ日本人は長生きするわ。


その翌日の月30日、ストーンタウンを離れて島の東へ移動。
次はその報告です。

****************** 旅 情 報 **********************

●交通:ダルエスサラーム→ザンジバル島 ストーンタウン
フェリー Frying Horse
     12:00発 3時30分着 25US$または35000tsh(=2450円)
     
     これとAZIZAが一番安いフェリー。他は高いが速い。
     しかし、帰りの便、ザンジバル→ダルエスサラームは両会社とも
     夜9時発、翌朝6時着の夜行便となってしまう。
     なぜこんなに時間がかかるのかは不明。

●宿泊:Bandari Lodge
    024-223-7969
フングニ魚市場の斜め向かい
    ダブル、トイレ、ホットシャワー、ファン、朝ごはん付き 30US$

    おすすめ度
    ★★☆☆☆

    ストーンタウンに限らずザンジバルは宿代が高い。
    ここは安い方だがが建物は古い。キッチン使用可だが、
    魚料理をするときは使って良い調理器具が限られるので
    確認すること。火を使うときにはガソリンスタンドで軽油を買う。
    1リットル1000tsh(≒70円)。1食なら0.5リットルで十分。

Comment

2009.09.07 Mon 01:33  

イギリスで
ポットヌードルをぜひ食べてくださいな

超ちょう長チョウ蝶まずいです!
  • #-
  • シミズ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.09.07 Mon 09:08  

日本食が恋しくなるからと、もなかに言われて食材を、あえて持参しませんでした
フリーズドライとか、レトルトとか、乾物とか、一杯買っていたので只今こちらで消化中・・・

ヤッパリ日本人でしたか(原始人?現地人とかいわれていたような・・・)
島暮らし風食卓風景で、なつかしかったのは私だけでしょか

このメールはイギリスで読むのかな?
車で移動ともなると、メールは困難になるでしょうね
無理しないでたまにはInnやB&Bに泊まってもいいのでは?
イギリス人の生活も垣間見られて面白いかも・・・
あ、釣りはどこでも勝手にはできませんよ、気をつけてね
アイスランドは許可証を手に入れるのが大変とか、TVで言ってましたけど、どうなんでしょう
余計なお世話かな、ともあれ元気でいってらしゃい!!
  • #-
  • あーるママ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.09.08 Tue 17:44  

>シミズ先生
おー!お久しぶりっす!元気?

じつはもなかにその話をしたところでした。
でもその商品名が思い出せない!
って時にこの書き込み、素晴らしいっす。

ポットヌードル。
忘れないようにするよ。
一度はチャレンジして報告します。

病み付きになったりして....

>あーるママさん
その通りです、イギリスで読ませていただきました。
昨夜空港に着き、空港のベンチで1泊しました(笑)

車だけでは体がきつそうなので、
いい宿があったらたまに泊まる予定です。
車なので郊外の安い宿を見つけやすいかもしれません。

アイスランドって釣りに許可証がいるんですか???!!!
ちょと調べてみます。
世界で爆釣の計画、うまくいきません....
貴重な情報ありがとうございました!
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/39-98e7254b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。