そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.25[金] イギリス Vol.6

13日目

9月19日、朝9時頃出発。
国立公園内を走る。
Aresize0634.jpg
なかなかの景色だが、
スコットランドがすばらしすぎたので感動は薄い。

高速M54に乗り、一気に南下。
翌日のストーンヘンジ観光のため、
その付近のキャンプ場まで行く予定だ。

18時頃、キャンプ場に到着。
今日の夕食はカレー。
日本から持ってきたカレーのルー(こくまろ)と、
アフリカから持ってきた日本米に近い米を使う。

スーパーで牛肉やマッシュルームを仕入れキャンプ場で作った。

うまい!
やっぱり日本人にはこのカレーがしっくりきますな。


長距離の移動で疲れたので早めに就寝。


14日目

9月20日、朝からストーンヘンジへ向け出発。
高速に乗ると昼過ぎには着いた。
駐車場へ入る前に車からストーンヘンジから見えた。
Bresize0644.jpg
あれ?小さくねぇ?

世界遺産にもなっているし、
2人とも期待しすぎていたのかもしれない。
思ったよりこじんまりしてらっしゃる。

入場料も高いしどうしようか迷ったが、
近くで見たらすごいかもしれないという期待をこめて入場。
Cresize0636.jpg
うーん、やっぱりショボイ(笑)

最大45トンもの石を古代の人が何のために、
どのようにしてこんなものを作ったか?
もっと想像力を働かせて見なければならないのかもしれない。
好きな人が見れば貴重な経験なのだろう。
自分達にはもったいないと思った。

でも所詮は人が作ったもの。
自然の力で何万年かけて作り出された景色と
比べるとやはり迫力に欠けると思う。
それはどんな建造物でも同じこと。
って、別に迫力があればいいってもんじゃないか(笑)

自分達は自然が作り出すダイナミック景観に魅かれる人種なようだ。


そして翌日のロンドン観光のために
ロンドン周辺に宿を探すことにした。

最後の2泊ははキャンプ場でなく、
どこか安い宿を見つけて体を休めようと考えていた。

郊外ならB&Bも安く泊まれるだろうと思っていたがとんでもない。
前回泊まったところ(22£)の2倍、3倍当たり前。

郊外のユースホテルは満室、
市内のユースホテルは空きがあるが駐車場がない。
有料駐車場に泊めると1日5000円ほど取られる。
しかも町の中心地に車で行くには8£払わなければならない。

ロンドンの宿事情はうわさどおり、財布に容赦ない。

さぁ、困った。

結局......

最後の2泊もロンドン郊外の
キャンプ場泊ということになりました(笑)

15日目

6月21日、朝6時起床。
見所の多いロンドンを1日で周るためだ。
キャンプサイトにはリスやウサギがウジャウジャ。
Dresize0648.jpg
シャワーを浴びて出発。
ロンドン市内は車では駐車場代などかかりすぎるので
電車で向かう。

ロンドンへのチケットを買ってびっくり!!
2人で約5000円!!!!
これって帰りもまた5000円?合計10000円???

聞いてないよー!
車で高速乗れば30分の距離だよ?
駐車場代払っても車で行ったほうが安いじゃん!!!

と切れかけた時、もなかが気づいた。
「これDay Travelcardって書いてあるよ。」

調べてみると自分達の乗った駅からロンドン市内までと
ロンドンの地下鉄がその日乗り放題というチケットだった。

チケット売り場の人が往復払うよりこっちが安いので
そうしてくれたらしい。
そういえばなんかごちゃごちゃ言ってた....
ガクの英語の1番の課題はリスニングっす...

まずは大英博物館へ。
Eresize0645.jpg
とにかく中が広い!
広大なスペースに世界中の生き物、絵画、装飾品、
もうなんでもかんでもずらーっと展示されている。
Fresize0639.jpg
自分がどこにいるかわからなくなるのでコンパスが必要と感じたほど。

特に印象的なのはエジプトのコレクション。
Gresize0640.jpg
これはミイラのお棺?の内壁に描いてある絵。
ミイラも展示してある。
G2resize0646.jpg
なんと髪の毛まで残っている。

すごい数のコレクション。
エジプトよりたくさん持ってんじゃないの?
エジプトは怒らないの?と心配になるくらい。

そして
Hresize0637.jpg
国会議事堂、ビッグベン。
Iresize0641.jpg
ウェストミンスター寺院
こてこてのロンドン観光。
resize0651.jpg
やっぱりロンドンはすごい人。

公園を散歩しているとリスがいた。
良く人に慣れていて餌をもらいに近づいてくる。
resize0652.jpg
「いえーい!」もなかの手にハイタッチ。
池にはペリカンまでいた。

次は夕食。
今まで節約したから今日は贅沢!
と思ってレストランを探す。
地元の人でにぎわっているレストランを発見。

これはうまいに違いない!

しかし、入ってみてわかったが、にぎわっている理由はその安さ。
もうどうやっても贅沢ができない体になっているようだ。
resize0649.jpg
まぁ結構うまいからよしとしよう。
前菜、メインコース、デザートまでついて1人8.5£(≒1300円)也。


そして最後は
ミュージカル!
「オペラ座の怪人」を見た。
Kresize0635.jpg

ガクはそこまで興味がなかったので、
1番安い席で見よう思っていた。
しかし、カウンターでチケットを買う際、
ガクのいつもの思い込みにより、
間違って結構いい席を取ってしまった(笑)

払い戻しも不可だったので、
「まぁせっかくここまで来たのだから....」
ということで贅沢に楽しむことにした。

2階席のど真ん中あたり。
演者全員の顔が良く見える。

事前にあらすじを予習していたので話の流れはだいたいわかったが、
メロディーにのった英語は難しく、ほとんど聞き取れなかった(笑)

しかしこれが意外に飽きない。

舞台装置がすごいのだ。
オペラのシーンを観客側の視点から一瞬で舞台側に切り替えたり、
観客を驚かせるマジック的な演出もある。
オペラ座の怪人役の歌声も素晴らしく、音響も迫力がある。
細かい話の内容はほとんどわからなかったのにもかかわらず、
最後に怪人が悲しみを嘆くシーンではうるっときた。
演技力かすごい。

ミュージカルが終わったのが夜10時。
劇場から吐き出される人の群れ。
果たしてこの中でキャンプ場へ帰る人は何人いるか?
かなりの高い確率で我々2人だけと思われる(笑)

電車を30分待ち、1時間以上電車に揺られて、
さらに駅から30分歩いてキャンプ場に着いたのは夜中12時30分。
朝から充実した1日だった。

これでイギリスの旅は終了。
全走行距離3700km。
やはりレンタカーだとキビキビと移動できて変化があり楽しい。

癖になりそうです。

翌日はいよいよアイスランドに出発。
次はアイスランドネタを報告しまーす!

(実はもうアイスランドに来ていて、
レイキャビックのユースホステルでこれ書いてます。
意外に寒くない!思ったほどに物価が高くない!)

****************** 旅 情 報 **********************

●宿泊:①Bath周辺のキャンプ場

    BROKERSWOOD COUNTRY PARK

Brokerswood,Westbury, Whiltshir.BA13 4EH
TEL:01373 822238
E-mail:woodland.park@virgin.net
www.brockerswood.co.uk

テント泊1泊2人 17£(≒2600円))   
    おすすめ度★★☆☆☆

    BathからA36を南東に進み、Warminsterという町の5マイル      

    手前に看板あり。
    看板の通りに左折、さら1マイル進んでbrokeswoodの看板で右折。
    さらに1マイル進むと左手にある。
     
    高い!まぁその分、暗証番号が必要なゲートがあるなど
    セキュリティーがしっかりしていたり、
    設備が綺麗だったりはするが。
    東洋人は怪しいからか?
    他に空いているのにトイレから一番遠い場所にされた。
    後にわかったが、このPARK内には釣りができる池があったり、
    アスレチックがあったりと子供の遊び場が併設している。
    値段が高いので宿泊として利用するには適していないようだ。

●宿泊:②ロンドン郊外Chertseyのキャンプ場
  
     Chertsey Camping and Caravanning Club Site
     Bridge Road Chertsey Surrey KT16 8JX
     TEL: 01932 562405
     URL:http://www.siteseeker.co.uk/aspx/details.

    aspx?id=6090¤tPage=0

     テント1泊2人  22£ぐらい(≒3400円)
     おすすめ度★★☆☆☆

シャワー、トイレ、皿洗い場、
     コインランドリー(洗濯機1£、乾燥機50p)
     休憩所(卓球あり)、Wifi(1h4£、24h7£)

     ロンドンにもレンタカーを返す空港にも近い。
     設備も綺麗で使いやすい。
     やはり値段が高いのが残念。
     まぁ周辺の宿泊施設よりは安い。
     キャンプサイトにはウサギやリスがいる。

●交通:Chartsey→London
     
Day Travelcard
Chartsey→Londonまでの区間
LONDON 1-6ZONE地下鉄1日乗り放題で15.7£(≒2400円)

●観光:ミュージカル
    Her Majesty's Theatre:PHANTOMU OF THE OPERA

tktsという格安チケット店で40.75£を30.56£で購入。
安い席だと20£以下からある。

Comment

2009.09.26 Sat 11:35  リス

チンチラのモナカと同じようなハイタッチですね
こちらは元気にしていますよ
ことしはヒマワリを栽培し種を収穫しました
無農薬、有機栽培のモナカ用です
差し出すとちっちゃな手ですばやくオクチに持っていってカリカリ美味しそうに食べています
グリも元気、アールと一緒に水を飲んだり、最近はトイレを外でするようになってしまいました
すっかり庭を自分の領分にしています
  • #-
  • あーるママ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.09.26 Sat 18:17  

ストーンヘンジ・ビッグベン・大英博物館と定番の観光コース。普通の
観光客じゃんと思っていたら最後にやってくれましたね。オペラに行った
ってビックリ。TシャツとGパンでよく入れたねと思ったらなんと俺の早とちり。「オペラ座の怪人」というミュージカルなんだ、納得。それでも終わってからキャンプに帰る人はいないよね。チョー受ける(大爆笑)。
リスの写真、可愛いね。人になれている姿がいいね。
アイスランドはその名の通り、寒いんだろうね。
体に気をつけていい旅を!!
  • #-
  • ガクおやじ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.09.28 Mon 08:10  

>あーるママさん
有機栽培のひまわりの種とは!
もなかは幸せ者ですね。
あのおいしそうに食べる姿を見るとついついたくさんあげたくなってしまんですよね。

グリの成長もすごいですね!
日本に帰ったらまた岡山に遊びに行きます。

>ガクおやじ
リスはあまりに人に寄ってくるので、
かわいいを通りこして、すこし厚かましい(笑)
野生動物は少し人間を警戒して、
適当な距離があるほうがかえってかわいく感じたりするかも。

アイスランドは思ったより寒くない、と言ったがそれは撤回。
すっげー寒い!
今日は雪が降った!
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/46-a6c744f3

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。