そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.29[火] アイスランド Vol.2

3日目

レン9月24日、レンタカーを郊外に借りに行き、
地図や情報を仕入れにレイキャビックの町へ。

今度の車はこれ
A1resize0673.jpg
車中泊の予定は無いので小型車。
ガク初の左ハンドル、右側通行の運転。

未だに左手でギアチェンジをしようとしてしまう。
少し油断すると反対車線に入る。

ある時、1人で車を動かそうと車に乗り込んだ。
信じられないことが起こった!!

ハンドルがないのだ!!!!!

ハンドルド泥棒が出たぞー!!!
と叫ぶ寸前に自分が助手席に座っていることに気づく。

まぁ車が少ないので少しずつ慣れていきます。


ツーリストインフォメーションで例の釣り具消毒の件を聞く。
すると空港で今からでも可能、料金は4900ikr(≒3600円)とのこと。
海での釣りはサケを釣ってはならいが、それ以外に規則は無い。

ガク「3600円でアイスランドの海岸で、
    どこでも自由に釣りができるなら安いね!」
もなか「高い。時間がもったいない。」

もし空港まで行くと、逆方向なので、往復で少なくとも2時間はロスする。
確かに貴重な時間がもったいない。

こんなに人口が少ない島。
証明書提示を求められる可能性はかなり低い。
が、やはり堂々と気持ちよく釣りがしたいし、
法外な罰金を請求されて(実際は罰金があるかどうか不明。)
も大変だし。

ここまで来て竿を振らなければ後悔すると思い、
結局空港へ行くことにした。
もなかも渋々承諾。

消毒は一瞬で終わり、ルアーに魚が嫌いそうな臭いがついた。
空港の職員もやる気がない。
Aresize0671.jpg
しかも4900ikrも払ってこんなショボイ証明書。
なんだかやらなくって良かった気がしてきた。

結局一周の旅に出発したのは4時過ぎ。
すぐに暗くなり、Gaulverjaskoliという
レイキャビックから60kmほど離れた小さな町のユースホステルへ。
Bresize0659.jpg
まわりは広大な牧場と荒野。


客は自分達だけ。
ドミトリーだけど広いダブルルームのようで得した気分。

キャンプ場を泊まり歩く予定だったが、


・ユースホステルがイギリスより安い。
・安いレンタカーを見つけ、予定より5000円/1日も安くなった!
・ユースホステルの便利さが癖になった。
・時々暴風、雨も激しい。安テント崩壊必至。
・風が吹くとむちゃくちゃ寒い。
・キャンプ生活に疲れた。


など多くの理由で全てユースホステル泊の旅に変更。

そしてここのユースもまた素晴らしい。
Cresize0658.jpg
大きなキッチンを2人占め。
設備も綺麗で新しい。


今日の夕食は....
Dresize0677.jpg
キャビアのクリームパスタとサラダ。
一瓶190円なのでこれでもかっ!
というぐらいキャビア乗せてみました。
これが最高!リピート決定。

やはりアイスランド素晴らしい!


4日目

1号線を東へ走る。
滝が見えてきた。
Eresize0669.jpg
これがseljalandfoss。
Fresize0666.jpg
滝の裏側の岩がえぐれていて滝の背後へ行ける。
落差は大したことないが水の勢いが凄まじい。
昨夜激しい雨が降ったからだろう。
滝が作り出した強い風で体がよろめいた。

次はSukogafoss。
Gresize0670.jpg
こちらの方が水量が多い。
Hresize0667.jpg
アイスランドにこんなに滝が多いとは知らなかった。
緑も多いし「氷の国」という名前が似合わないと思った。

Vikの町で昼食。
奮発してイギリスではまったフィッシュ&チップス。
1690ikr(≒1250円)。
漁業大国なら魚がうまいはず!と予想して決めた。
Iresize0675.jpg
うまい!予想通り。全く癖が無い新鮮な魚。

海岸へ出ると海は大荒れ。
Jresize0660.jpg
釣りがしたかったが、こんな海では、

「あの世へ行きたい」

になりかねない。我慢、我慢。

高速道路は無いが直線道路が多く快適。
Kresize0674.jpg
何もない広い草原だったり、こんな岸壁があったり。
Lresize0661.jpg
まったく飽きない。


そして姿を現したのが......
Lresize0665.jpg
氷河!
蛇行していて流れている河であることを感じさせる。
Mresize0663.jpg
近くで見ると棘のように鋭く切り立っているのがわかる。
上流からの圧力のせいだろうか?

これは氷河が川となるところ。
resize0662.jpg
なんともいえない緑がかったブルーが印象的だ。
resize0668.jpg

あっ!人が泳いでいる
と思ったが次の瞬間海に潜り、
それっきり出てこない。
恐らくアザラシだろう。

resize0676.jpg
Have a break! Have a 氷河!

やっぱりここはアイスランドでした。
いやーアイスランドうわさどおり。
自然がすばらしい。

しかし、まだ有名な大場所には全く行っていない。
アイスランドの実力はまだまだこれから。
楽しみだ。


日が暮れてきたのでVagnssta*ir(*アイスランドの文字で書けず)
という集落のユースに泊まる。


****************** 旅 情 報 **********************

●交通:レンタカー

    SIXTレンタカー 6日レンタル 176.88?(≒23000円)
    運転者1人、LDW込み。
    
    前回も世話になったSIXT。ここがダントツに安かった。
    大手ではここの2倍以上する。

●宿泊:①ユースホステル Gaulverjaskoli

   801 Selfos
   Tel:(354)551 0654/865 2121

ドミトリー4ベッド 2100ikr/1人(≒1554円 会員価格)
   トイレ、バス共同、共同キッチン、食堂など

おすすめ度★★★★☆

   新しく綺麗、手入れも行き届いて清潔。
   オーナーも気さくで良い。
   キッチンは綺麗だが別棟なので雨が降ると大変。
   周りには何も無く、スーパーが10kmほど離れているのでやや不便。

●宿泊:②ユースホステル Vagnssta*ir

    Su*ursveit 781 Hornafjour 781 Hofn
Tel:354-478-1048/892-7048
Mail:glacierjeep@simnet.is

ドミトリー6ベッド 2100ikr/1人(≒1554円 会員価格)
   トイレ、バス共同、共同キッチン、食堂など

おすすめ度★★★☆☆

    ここはバスでアクセス可能だからか客が入っていた。
    しかし、ドミトリー1室がちょうど埋まっていたので、
    6ベッドの部屋に2人だけだった。
    設備は良く手入れされており清潔。
    シャワーがプッシュ式で何度も押さなければ
    ならないなどちょっと使いにくい。
    食堂はガラス張りで眺めが良い。

Comment

2009.09.30 Wed 08:42  雄大な自然

まさにこういう所を指しているのでしょうね
圧倒されます
いいな~

釣りに挑戦できそうですね
パフィン(ニシツノメドリ)が多いということは、餌になるカラフトシシャモがウヨウヨしていることでしょう
産卵期が近いので子持ち状態かな?
もっと大物狙いかもしれませんが・・・・
調べるとファームステイをすると、ライセンスをもっている農家なら釣りができるとか・・・

アイスランドは奥が深そうです
  • #-
  • あーるママ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.09.30 Wed 18:16  

>あーるママさん
確かに雄大な自然という言葉がぴったりです。
しかもドライブしていると刻々と変化するので飽きません。

パフィンのキビナゴのような小魚をたくさん口にくわえた写真を
よく見かけますが、あれはカラフトシシャモだったんですね。
パフィンが夏のに渡ってくるということはカラフトシシャモが接岸するのも
夏かも知れません。
その頃にはシシャモを追ってきたフィッシュイーターが釣れそうですね。

ファームステイの情報、調べてみます!
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/48-b73aabcd

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。