そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.13[火] フェロー諸島 Vol.3

5日目

10月6日、昨日から外は暴風雨。
朝ごはんを済ませ、
昨日のレンタカーの件を片付けなければならない。
いろいろと苦労してようやく電話がつながった。

すると、時間があるときに払いに空港に来いと言われる。
フェローを出る日は空港に行くが土曜日でオフィスはやっていない。

「自分は規定どおりの時間にそっちに行ったんだ!
 いないのはそっちの責任でしょ?
 ここから空港まで行く費用も時間もない!」

と頑張って英語で言ったが、
とにかく怒っているのは伝わったみたいで、
責任者に変わった。

「トンネル代だけを土曜にオフィスの中に
ドアの下から入れておいてください。
距離の超過分は結構です。」

なんて話のわかる人なんだ!
距離超過分、2160円得してしまった。
昨日からラッキーだ。


昼を過ぎてもまだ外は暴風雨。
暇なんで昼飯つくりにちょっと時間をかけてみた。
もなかが、あるもので代用してなんとか作った
タラスズキ(仮名)のグラタン。
Aresize0738.jpg
まだ半身が残っていたのだ。
これがうまい!
味が淡白なのでこういう料理が良く合う。
昼から食べ過ぎた。


まだ風は止まない。

広いラウンジを2人占め。
ソファーに腰掛けゆっくりと過ごす。

もなかはここ数日数独にはまっている。
疲れるとテレビでディスカバリーチャンネルを見たり、
インド人にもらったシャーロックホームズのペーパーバックで
英語の勉強したり。
パソコンで麻雀も。

もなかは旅に出てずいぶん麻雀に詳しくなった。
「今、発、南、ホンイツ、ドラ4で倍満あがったよ。」
なんて普通に言ってる。

ガクはカメラの手入れ、写真の整理など。
トースハンで買ったおもりでメタルジグ(ルアー)を作った。
最近、根がかりでかなりなくしてしまったからだ。
使いたい10g前後のジグが売っていない。

道具がないので、大変。
円筒状のおもりを石でたたいて(原始人か!)平らにして、
キッチンにあるアルミホイルをエポキシでくっつける。
もなかにも手伝ってもらう。
アルミホイルを切る作業、もなかの方がうまい。
悔しい!
Bresize0739.jpg
「私は元、ルアービルダーです。」
とは口が裂けても言えない出来ばえである。
ルアーというよりは凸凹で不恰好なので、
光るかりんとう(笑)
フェローの魚が甘党であることを祈る。

夕方、少し風が弱まった。
早速釣りへ!

しかし宿を出るなり、また強い風と雨。
でも我慢できず、港の奥の風裏でやってみる。

やっぱりフェローの魚の多さはすげー!
20~30cmタラなどが面白いように釣れる。
大きいのだけキープ。

そして、重いアタリがきた!
グオン、グオンと竿が曲がる。

たぁーのしぃーー!!

こりゃスピードがないのでタラスズキではない。
たぶんヒゲのあいつだろう。
Cresize0735.jpg
やっぱり!60cmほどのタラ。
水面で20cmほどの魚を吐き出した。
まず20cmがルアーに食い、それを丸呑みしたようだ。
今夜の食材は君だ!

ということで、
ずっとやってみたかった鍋。
Dresize0736.jpg
材料はタラとねぎ。
以上(笑)

見た目はグロイがこれがうまい!
少し蟹に似たような上品なうまみのあるだしがでる。
頭はゼラチン質でプルプル。
肝は淡白な白身と一緒に食べると旨味がいっそう引き立つ。
アフリカから釣れてきた米を炊いて、久々の日本食。

フェローで魚を釣って節約計画。
冷蔵庫にはタラが半身、
タラスズキもまだ1柵ある。
怖いぐらいにうまくいっている。

今まで色んな国釣りをしてみてわかったのは、
岸からの釣りは治安が良い国でないとできないということ。
アジアやアフリカでは、人気のないところで
1人で釣りをするのは襲ってくださいと言っているようなもの。

イギリス、アイスランド、フェローでは
やりたいところでやりたい時間に釣りができている。

南米も楽しみだが、治安がどの程度なのか。


明日は大物に絞って頑張るぞぉ!


6日目

10月7日、くもり。風は弱く海は凪いでいる。
朝飯後、もなかは今までパソコンに保存していた情報を元に
今後のルートを考える。

ガクは当然、釣りへ。
今日のテーマはタラスズキの良型。
まずは宿の目の前の磯に降りてみた。
Eresize0769.jpg
宿から徒歩1分にある磯。

これが釣りづらい。

磯はぬるぬるした苔が生えていてかなり滑りやすい。
特に自分はゴム底のトレッキングシューズ。
スケートリンク並みに滑る。

地形が荒く水面下1m以内に
ルアーをキープしていても根がかりしてしまう。
二投目で大事なシンキングペンシルを失くす。
ルアーが無くなるだけでなく、
この大自然にゴミを残してしまうことが何より心が痛む。

自分の装備では厳しいので、
堤防へ移動。
Fresize0767.jpg
以前、タラスズキを釣った堤防とほぼ同じ地形。
細長い湾を分断するように伸びる堤防。
潮が動けば堤防先端付近は流れが強くなるはずだ。

堤防の根元から順に探っていく。
まずはかりんとうルアーを試す。
Gresize0747.jpg
釣れたのはうれしいが、この魚の小型しか食わない。
タラやタラスズキは甘党ではないようだ。
 
タラスズキは2匹だけの乏しいデータから推測すると(笑)
岸沿いにびっしりと繁茂する海草の切れ目に身を潜めている。

メタルジグで前回と同じように、
切れ目をなめるようにしゃくるが青物っぽい小型の魚のみ。

海草は水面近くまで生えているので、
ミノーやバイブレーションのように
レンジをキープするようなルアーでは岸からだと攻めにくい。


ということでシンキングペンシルに換える。
沖からやや沈めて弱いトゥイッチンング。
海草の切れ目でフリーフォールさせると.....

ラインがスーッと持ってかれた!
すかさずフッキング。

下へ下へと突っ込む。
ドラグが唸る。
ロッドが絞り込まれる。
スピードがある。
タラじゃない。

止まらない!

お願いだー根に入らないでくれー!
テンションをかけながら祈る。

フッと軽くなる。
フックアウト。

悔しい!!!
タラスズキの良型?
もしくはまだ釣っていない知らない魚。
とは言ってもPE1.5号のライトタックルなので知れてるけど...

自分はいつもそうだ!
千載一隅のチャンスを物にできない。
チャンスは人より多く与えられている気がするのに。
デカイのを良く釣る人は、
与えられたチャンスを無駄にしない人なんだろう。

気を取り直し同じパターンで切れ目でフリーフォールさせると、
食った!ややのされるがなんなくあがってきた。
Hresize0749.jpg
これは青物っぽいやつ。
(こうやって見るとこいつもスズキっぽいなぁ。)
40cmほど。
ジグでは口を使ってくれなかったサイズ。
さっきのはこいつのデカイやつってことも考えられる。

その次の1投。
また海草の切れ目でヒット。
Iresize0763.jpg
40cm弱。
本命タラスズキ。体に黄色い網目模様。
若魚の模様だと思われる。
前回釣った60cmのやつにも薄っすらとあった。

このパターンいける!
同じ場所でジグでは小型しか釣れなかった。

ルアーはUZUのモンモンさん。
本当はヒラスズキ用でサーフェイスで使うルアー。
正しい使い方じゃない。ニーナ(製作者)、ゴメン!
でも水平カタカタフォールはフェローの魚も悩殺しましたぜ。

反応が無くなり、
ちょうど昼になったので宿へ飯を食べに戻る。

もなかは朝からずーっとPCとにらめっこして、
東欧の情報を得ていた。
2人ともそろそろ物価の安い国へいかないとやばい。
イギリス、アイスランド、フェローでかなり使ってしまった。

昼飯は昨日の残りの鍋にトマト缶をぶっこんで、タラパスタ。
Jresize0760.jpg
昨日より出汁が良く出ている。
意外にトマトと良く合う。
うまい!

ガクは再び釣りへ。
さっきのポイントは少し休める。
釣り人は誰もいない。
焦る必要はない。


気になっていたさっきより湾の内側、対岸から延びる堤防へ。
湾の奥まで歩いていって回りこんだ。
早足でちょうど30分かかった。

ここがタラスズキの宝庫。
さっきのシンキングペンシルのパターンで入れ食い。
Kresize0761.jpg
ヒット!
Lresize0765.jpg
このサイズの群れがいるようだ。
このぐらいでも海草の林の中へ突っ込んでいくので、
自分の7フィートのライトシーバスロッドでは結構ヒヤヒヤする。

シンキングペンシルの後ろに影がいくつも見える。
フォールさせたとき、その影のいくつかが、
鋭くシンキングペンシルに襲いかかる。
ルアー回収寸前、海草の中から突如として現れ、
ルアーをひったくることもある。

こんな北の地に、こんなファイターがいたとは。
ここは北緯62°、北海道から日本列島1つ分さらに北へ行った緯度だ。

なんだか気づくと、ただの釣りブログと化している。
そういえば、島暮らし~漁師風~もそうだった。
ほとんどが魚がルアーくわえてる写真じゃんか!

しかも釣りしない方には意味不明の用語が多すぎますね。
どうかお許しを!
フェローを出ればしばらく内陸、
釣りネタはしばらくなくなりますんで。
もう少しの辛抱を。

釣りができるのはあと2日。
タラスズキ良型、絶対獲ってやる!

Comment

2009.10.14 Wed 11:02  

お久しぶりです。 釣りモード全開ですね。 
タラスズキ、湾奥の日焼けしたスズキに見えてきました・・

こちらは沈黙の海です(涙)。。
怪我の無いよう、気をつけて釣りブログ続けてください!!
  • #RV3TGl7I
  • hokkyoku2 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.10.14 Wed 13:25  

日本で流行している安易な 魚種+イング 
という流れでいくと、さしずめ「ポラッキング」ってとこかな?

楽しそう!!釣りたいポラック!!!


自分は最近ドブスズキ・ドブチヌばかり釣ってるので

か・な・り・

釣ってみたいです羨ましぃぃ!!
「キーーー」
  • #-
  • ニーナ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.10.14 Wed 17:00  ガクへ

ガク、報告!報告!!  漢字のテスト、100て~ん!!やった!!久々かも。この頃、平均点より ちょい上くらいの点数ばっかりだったから。ちょっと満足。。次なる敵は、来週の理科のテスト。頑張るぞぉ!!
        以上、報告でした!

2009.10.15 Thu 09:00  

>hokkyoku2君
おー元気かい?
そっちは沈黙の海かぁ。
でも、もうすぐ銀色ボディーのあいつを拝める時期だね。

タラスズキがタラの仲間だとは信じられない。
日焼けしたスズキと言っても信じる人がいるかもね。

でももう海のない国へきちまった。
しばらくはビールいっぱい飲んでごまかすよ。

>ニーナ
ドブスズキ、ドブチヌ!
わしの大好きな釣りではないか?
ペンシルの後ろの水のモコモコを想像するだけでニヤニヤできる。
あの釣りのせいで旅に持ってきたルアーにはサミーが多い(笑)

ポラッキング、かなり楽しいで。
しかも10kgオーバーもいるというからには、
いつかやっつけなければ。
宝くじ当たったら一緒に行こう!

>ライオン
おー!!!!!おめでとう!!!!!すごいじゃん!!!

本当に100点とはさすがだね。頑張ったなぁ。
この調子で来週の理科も頑張ってね。
旅行をしている間にいくつ100点の報告が聞けるか楽しみだな。
きちんとカウントしとくからね。
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/56-6b282b6a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。