そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.21[土] ヴェリコ・タラノヴォ

ヴェリコ・タラノヴォにやってきた。
もう丸1日が過ぎるが、この地名が未だに覚えられない。

実は、はじめヴェルコ・タラノヴォって書いてて、
今気づいて慌てて直したところ。

特に自分はカタカナの固有名詞が苦手である。
映画の登場人物の名前が覚えられず、
ストーリーがよくわからないなんてこともよくある。

漢字は意味があるので覚えやすい。
「タラノボ→鱈の棒」と当て字をして後半はようやく覚えた
「ヴェルコ」は当て字がないので未だに間違える。

(おーっと!またヴェリコをヴェルコに間違えてる!
あとから読み返して気付いた。重症です.....)

バスが着いたあたりは結構賑やかな町で
あれ?自分たちの目指している地とは違う...
と思ったが、翌日に宿の散歩をしてこの町が気に入った。
Aresize0934.jpg
こんな風に石畳が続くのどかな街並み。
ここは旧市街で、新市街がすぐ近くにあるとは思えない。
Bresize0936.jpg
「んーきもちええ。もっとかいてぇー」
ここが猫天国♪
Cresize0947.jpg
いろんな猫が次々と現れ、全然前に進まない。
猫の写真を撮っていると、
Dresize0932.jpg
「そっちにも猫がおるぞ!」(と言ってると思います..)
と教えてくれるおじさん。
片手に小さなお酒のビンを持って幸せそうにしていた。
Eresize0945.jpg
旧市街はこんな感じでに崖にへばりつくようにある。
チェコのチェスキークロムルフも川沿いの綺麗な町だが、
自分たちはこっちの生活観のある町の方が見てて楽しい。
Fresize0939.jpg
家のテラスにブドウが!
Gresize0946.jpg
南向きの斜面なので日当たりがよく。
猫も気持ち良さそうにしている。
Hresize0935.jpg
川面に写る旧市街。
Iresize0940.jpg
川沿いを釣竿を持ったおじいさんが歩く。
猫が屋根の上で日向ぼっこ。
そんな町の様子、いつまで見ていても飽きない。
Jresize0937.jpg
お土産やさんの招き猫。
土産屋のおばちゃんに撫でてもらってご満悦。
Kresize0938.jpg
こんな路地裏の風景もこの町では絵になる。

宿の裏を散歩していると町の人に
「写真を撮ってくれー!」(と言ってると思う....)
と頼まれる。
Lresize0949.jpg
真ん中のおばちゃんいい笑顔。
住所を紙に書いて渡される。
できればここに滞在中にプリントアウトして渡してあげたい。

お菓子をご馳走になった。
編み物をしているおばちゃんが自分の足元指差し顔をしかめている。

どやらサンダルなのが気になるらしい。
そしておばちゃんは家に戻って...

なんと靴下を持ってきてくれたのだ!

靴下も買えないでかわいそう!と思ってくれてのか、
寒かろうと思ってくれたのか、
とにかくそのやさしさがとても嬉しい。
やっぱり田舎はいい!
Mresize0943.jpg
犬×2、やぎ×1、おばさん×1の御一行。
異国の町では不思議な光景によく出会う。

こちらの光景も不思議なというか恐ろしい。
この記事の最後にすると後味が悪くなりそうだが敢えて。
Nresize0933.jpg
ホラー映画のワンシーン?何故顔が真っ黒こげ?
あまり深く考えないようにしよう。

ってな感じで最後の写真はともかく、
この町も宿も(旅情報参照)素晴らしく居心地がいいので
2泊の予定を3泊に変更!


****************** 旅 情 報 **********************

●交通

ソフィア→ヴェリコ・タラノボ

13:30発17時頃着(所要時間約4時間)
17LEVA/1人(≒1200円)

下記サイトでセントラルバスターミナルの時刻表、値段が見

れる。

http://www.centralnaavtogara.bg/cbs/home.nsf/vPagesLook

up/home~en


ヴェルコ・タラノボに行くバスは様々な会社からほぼ30分ごと
に出ている。しかし、終点とは限らないということ、バス会
社によって到着するターミナルが異なるので要注意。


●宿泊

ヴェリコ・タラノヴォ

Hostel Mostel

住所 : VelikoTarnovo 359
TEL : +359 897 859
Email: reservation@hostelmostel.com
HP : www.hostelmostel.com

8ベッドドミトリー、トイレバス共同、キッチン、Wifiフリー
バス停、駅までの迎え、朝食、夕食付き
8.65€/1人(≒1170円)

バス停、駅までの迎え、朝食、夕食なしだと6.65€

ホステルワールドにて予約
http://www.hostelworld.com/index.php

おすすめ度★★★★★
Oresize0942.jpg
とにかく宿の作り、内装、外装ともに凝っている。
安宿とは思えない、綺麗な山小屋といった感じ。
ドミトリーも広く開放感がある。
山に囲まれ静かな町のはずれにある。
到着時には駅やバスターミナルに迎えに来てくれるのもうれしい。
宿の人も感じがよい。
ホステルワールドというサイトで2008年にブルガリアNo.1
になったのも頷ける。
Presize0941.jpg
暖炉つきのテラス。
火を見ながら外でビールやワインを飲める。
Qresize0944.jpg
共同スペース。おしゃれな内装。
ここはおすすめ!!

Comment

2009.11.21 Sat 11:20  五つ星

納得!!
ここはいつの日か訪れたい
街も人も和みますね
猫好きにはたまらない
ブラブラのんびりが許されそうです

スーパーはないんでしょうね
市場かな?
食事情報もよろしくね
  • #-
  • あーるママ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.11.22 Sun 13:13  癒されました♪

猫のいる風景に癒されますねぇ~

ウチにも今年17才の爺さん猫が一匹おりますので
《あーるママ》さんが言われるように
本当に“猫好きにはたまらない”光景で
嫁さんも“カワイイ~”を連発しておりました。


【お詫び】
前回コメント差し上げた際、私すっかり勘違いしていまして
旅をされているのはてっきり《あーるママ》さんかと思っておりましたら

《ガクさん》と《もなかさん》の旅行記だったのですね。
大変失礼いたしました。

でも、このブログいっぺんに気に入っちゃいました⌒☆

私自身は海外旅行の経験はありませんが

こんな素晴らしい旅行記読んだら
絶対行ってみたいと思っちゃいます。

是非、ガイド本として出版していただきたいです♪

今後とも、諸々気をつけて旅を満喫して下さい。
楽しみに拝読させていただきます。

寛平さんとも会えたらいいですね⌒☆

またお邪魔します(^_^)v
  • #-
  • わたしはかもめ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.11.23 Mon 01:09  

>あーるママさん

是非、是非行ってください!
猫好きにはたまらないと思います。
すっごい人懐っこい猫もいて膝の上に乗ってきます。
短い距離でも散歩するのにすっごい時間かかります。

市場はあるんですが、結局行けずじまいでした。

自分たちもまたチャンスがあれば行きたいですね。
本当に良い町です!


>わたしはかもめさん

猫好きでいらっしゃるんですね。
本当にここは猫だらけで、
町全体が猫カフェって感じでしょうか。
今日も沢山の猫に癒されました。

機会があったら是非行ってみて下さい!

ブログ気に入っていただきありがとうございます。
そんな風に言っていただけると嬉しいです!
またいつでも遊びにいらして下さい。

寛平さんはもうブルガリアに入ったのでしょうか?
今晩トルコに移動するのでまた入れ違いになりそうです。
でもトルコには長居する予定なので、
チャンスがあるかもしれません。
どこかで出会ったかならずUPしますね。
ではまたー!

2009.11.24 Tue 18:29  わたしはかもめさんへ

テレシコワさんでしたっけ
「わたしはかもめ」とメッセージしたのは
若い人は知らないでしょう
で、もしかしたら同年代かなと推測してました

世界一周なんて考えられない世代です
けど、このブログ読んでると「なんだかいけそうな気がする」(誰かのギャグみたい)
夢は持っていたいと思うこのごろです
また遊びに来てくださいね

「あーる」は我が家の10歳のコーギー犬の名前です
「グリ」という猫「もなか」というチンチラも飼っています(こちらはガク、もなかのを預っている)
  • #-
  • あーるママ 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/78-b2813bdb

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。