そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.24[火] やっぱりヴェリコタラノヴォはいい!

お気に入りのヴェリコタラノボ。
宿の近くにある宮殿の跡を見に行った。
Aresize0964.jpg
宮殿は小高い丘にあり、そこを囲むように川が流れている。
Bresize0965.jpg
これが入り口。奥に見えるのは教会。
Cresize0963.jpg
出迎えてくれた猫。
こいつが人懐っこいヤツで、寄ってきてスリスリ。
Dresize0962.jpg
最後にはもなかの後頭部を背もたれにして寝始めた。
癒されますな。

翌日はバスで山の上にあるアルバナシという村へ。
ここが特に見所がなく、猫もいない。
せっかくマクロレンズつけてるんだし、
虫を撮って暇つぶし。
Fresize0966.jpg
Gresize0967.jpg
バスで帰ろうとするが、バスの時間まで1時間以上ある。
違う行き先のバスの運転手が、
「あそこにヴェリコタラノヴォにタクシーで帰る人がいるから一緒に乗ってけば?」
と教えてくれた。
ヴェリコタラノヴォへ向かうおばさんとおばあさんの2人は快く承諾してくれ、
しかも降りる時にお金を払おうとするも受け取らない。
結局タクシーでタダで帰ってきてしまった...

本当にこの町の人は皆親切だ。
ヴェリコタラノボ最高!

最終日はお気に入りの散歩道へ。
Hresize0969.jpg
この茶トラの猫はいつもここにいる。
よだれを垂らすのでヨダレコちゃんと命名された。(オスだけど..)
向こうからこちらに近づいてきて..
Iresize0970.jpg
すり~
そして膝の上に乗ってきて
Jresize0973.jpg
昼寝。
前足でもなかの膝をモミモミ。
Kresize0968.jpg
この子猫は壁にいた虫に夢中。

昼はソフィアで会ったS&R夫婦とレストランで待ち合わせ。
2人は同じ日にソフィアを出発、チャリでここまで来たのだ!
すごい!
Lresize0971.jpg
ブルガリア料理を堪能。
右がショプスカサラダ、チーズがドレッシングの代わり。
左は豚の手(足?)を煮込んだ料理。
ドイツのアイスバインに似てむちゃうま!

その後、まだ行っていなかった旧市街を散歩。
Mresize0972.jpg
まだ古い橋が残っていてなかなか趣があった。

名残おしいが、これでヴェリコタラノヴォ滞在は終了。
その夜、バスでイスタンブールへ。
久しぶりにヨーロッパを脱出します。

そういえば、タンザニアの記事では
南米に11月頃出発なんて書いていた。
まぁ覚えてる人なんていないと思いますが...

結局、南米行きは1月20日にフランクフルトからということになりました!

東欧が思ったより宿もご飯もリーズナブルなので流れ流れて、
気づいたらヨーロッパからも飛び出すことに。

まぁ自分達の旅はそんな感じで気まぐれに続けていきます。

とにかくトルコといえば、おいしいごはん。
長期滞在予定なので片っ端からトルコ料理やっつけます!

Comment

2009.11.24 Tue 18:37  どの猫も

幸せそう!
住んでる人も同様ですね
なんだか近頃の日本は険しい顔の人が多いみたいで、ちょっと恐い
昔みたいに笑顔で恥ずかしそうな日本人は絶滅危惧種かな
かくいう私も眉間にたてじわが・・・ヤバイ

二人は笑顔で楽しそうでこちらも嬉しくなってきます
トルコは行ってきた皆がみな「良かった!!」と言う、ホンとかなとへそ曲がりの私は思ってしまうのですが・・・
ブログが楽しみです
  • #-
  • あーるママ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.11.24 Tue 23:33  

自転車マニアです。
僕らも要塞言ったときおんなじ猫がいて遊びましたよ!
なんか暖かくて昼ねしてました。

ところでイスタンブールどうですか??
  • #hYwBS8p2
  • マニア 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.11.25 Wed 07:02  

>あーるママさん

そういえば、笑顔の人が多かった気がします。
「ドーバルデン!」
って挨拶すると、必ず笑顔で「ドーバルデン!」って帰ってきました。
日本では知らない人に挨拶すると変な目で見られそうですね。

イスタンブールはすんごい都会で驚きました。
特に小さな町から行ったので、
ギャップがすごいということもあるのでしょうが。
まだついたばかりなので、
もう少し観光してからupしますね。

>マニアさん

あの猫はいつもあそこにいるんだね。

さっきブログ読ませてもらったよ。
思ったより早く出発してたのでびっくり。
自分たちは2人より全然体力使ってないはずなのに、
一箇所でゆっくりしすぎ?

イスタンブールはとにかくデカイ!
あまりの都会っぷりに圧倒されてます。
多分、市内に入ってから宿に着くまでが大変だと思うよ。
しかも車多いので十分気をつけてねー。

5€のCORDIAL HOTEL情報、そのうちUPしまーす!
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/79-d2bb1a1e

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。