そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.26[木] イスタンブール

ヴェリコタラノボからイスタンブールの夜行バスはほぼ寝られず。
国境の税関での荷物検査などが厳しい。
真夜中に寒い中、荷物を開けて乗客一同一列に並ばなきゃならない。

しかもターミナルから重いザックを背負って迷い、
宿にたどり着いたのは朝8時近く。

それから爆睡。
目が覚めたのは午後2時。

さぁ!とにかくトルコ料理だ!
宿の近くの店に入る。
Aresize0990.jpg
まずは定番、ケバブとピラウ。
ここのケバブは羊の肉だったが臭みもなくうまい。
右上に見える赤い調味料が酸味が強くピリ辛で肉と合う。
期待通り!でもちょっと胃には重いけど...

ここイスタンブールでの重要なイベントは、
郵便局留めで送った日本からの荷物を受け取ること!
とにかく郵便局で確認してみようとPTTと呼ばれる郵便局へ。

「国際便は朝しか受け付けてないよ!」

と言われ、この日は観光に専念することに。
Bresize0986.jpg
天気が良く、散歩日和。
初めての町の散歩は発見ばかりで楽しい。
Cresize0987.jpg
うわさ通り!ガラタ橋の釣竿林。
で、釣果は.....
Dresize0988.jpg
すっげー!小さいけどクロダイに似た魚やアジが山ほど。
この人の多さでこんだけ釣れるって....
どれだけの資源量があるんだ!ここは!

そうそう、橋なのになんで海水魚が?
って思われた方もいるかもしれません。
この橋は金角湾という細長い湾にかかっているんです。

橋をわたると魚市場。
Eresize0989.jpg
ここの魚は鮮度がいい!
久しぶり、こんな鮮度がいい魚を見るのは。
アジア、ヨーロッパ各地の魚売り場では
腐りかけたような魚がほとんど。
イスタンブールやります。
Fresize0985.jpg
イェニジャミイ。
キリスト教からイスラム教へかわり、
建築物がガラッと変わる。
でもトンガリはそのまま。
このトンガリ、かなり痛そうです...


翌日、朝から郵便局へ。

その前に腹ごしらえ。
どうせたらい回しにされ、体力と根性で乗り切らなきゃならない状況になるに違いない。
まずはエネルギー源補給。
Fsresize0996.jpg
左手前、ほうれん草の煮物。
右奥、なすとひき肉の煮物。
左奥、ピラウ。
どれも味付けが薄め、日本人好み。
しかし、やはりこれも重い。
トルコの油が自分達には合わないのか?

いざ、郵便局へ!

小包の窓口で「荷物を受け取りたい」
と尋ねると、「あっちへ行け」と局の中を指差される。
順番を待ち、英語で尋ねると、
「英語わかんないからあっちへ行け。」と言われる。
そこへ行くと、「局留めはあっちへ行け。」と言われる。

予想通り、タライまわし。

するとそこでは
「荷物はここじゃなくてトプカプという街の郵便局にあるよ。」
と、自分の名前が書いてある書類を渡される。
今度のタライ回しはちょっと大変。

トラムで10駅ほどのトプカプという駅で降りる。
その辺の地図はガイドブックには書いてないのでPTTの場所を聞き込み。
英語が通じないので「PTT?(ペーテーテー)」
と人に聞くと身振り手振りで教えてくれる。

人間、言葉がわかんなくてもコミュニケーションはとれるもんだ。
数人に聞いてやっとの事で到着。

しかーし!運悪く、ちょうど昼休みが始まる時間。
1時間待たなければならない。
仕方なく近くのカフェでお茶。
Gresize0994.jpg
このチャイ(お茶)がうまい!
香りがよい。一杯30円ってのも魅力。
2人で5杯飲んだ。

パイみたいな菓子は甘さ控えめだけどすごい油っぽい。
トルコの食べ物はおいしいんだけど、
ちょっと日本人の胃にはヘビーです。

ようやくPTTが開き、早速中へ。
さっきもらった書類を提出、しばらく待たされる。
Hresize0995.jpg
皆待ちきれず、自分の荷物はどうなってるんだ?と頻繁に聞きにいく。
自分も忘れられては困るので何度かアピール。

そして30分待ってようやく、自分の番。
そこで荷物を開けられ、リストと照らし合わせチェックされる。
結構厳しい.....
そんなことは情報になかったので、以前より厳しくなったのかも。
でも正直に全部リストに書いておいて良かった。

チェックが終わるとスッゲー適当に箱に入れられ、
そんな入れ方じゃ入んないよと思って見てたらテープで強引に梱包。
箱がパンパンに膨らんでいる。
日本じゃありえません。

それでもまだ荷物は受け取れない。
書類を受け取り(多分、関税に関するもの)、
それを係りのおばさんに書き込んでもらい、
他の窓口でその書類を提出。

さらにその後、関税の支払い。

これが一番心配していたこと。
送ってもらったものの総額は2万円弱と記入した。
さぁ、いったいいくらの関税をとられるのか?

なんと、120円!

そんなに安いの?
おそらく自分の持ち物だと主張したのが良かったのだろう。

そしてようやく、日本からの救援物資を手に入れたー!
IIresize0991.jpg


ガクハミカンノハコヲテニイレタ
ガクハレベルガ2アガッタ
ガクハタイリョクガ3サガッタ
ガクハスッゲーウレシカッタ

ありがとうガクおやじ!
ありがとうニーナ!
ありがとうしまりんさん!


ひと足早い、クリスマスプレゼント。
長い道のりだった。
もう、その場で開封したいのをぐっとこらえて宿で開ける。

箱を開けると、なんとも懐かしい日本の匂いが!
なんというか醤油の香ばしい香り。思わず涙が....

なんてことは全くないですが、
入っている荷物を一つ一つ見ながら皆の心遣いに感謝。
きっとこれもあったら助かるだろうといういろいろ考えてくれたんだと思う。

本当にみんなありがとう!!!!

気づくと外は薄暗い。
今日はイスタンブール名物「サバサンド」を食べに行くと決めていたので、
急いでガラタ橋へ。
Jresize0993.jpg
ついた頃にはすっかり日が暮れていた。
Kresize0992.jpg
イェニジャミイもライトアップされている。
そして屋台でお目当てのサバサンド。
Lresize0997.jpg
これがうまい!!!!!!!
今のところ自分たちはイスタンブールで食べたもの中で一番。
このサバが脂がスッゲーのってる。だからパンと合うのか?
そして玉ねぎが爽やかでサバの臭みを消してくれる。
塩とレモンをお好みで。
1つ4リラ(≒240円)と値段も手ごろ。
毎日食べてもいいねこれは。

荷物が受け取れ一段落。
これからボチボチ観光していきます。

****************** 旅 情 報 **********************

●交通


ヴェリコタラノボ→イスタンブール

バス SOFIA BUS

20:30発6:00着(所要時間9時間30分)

40LEVA/1人(≒2800円)

6~7時間と聞いていたが、
それよりもかなり時間がかかった。
国境では荷物の中まで検査があったりと時間がかかったからかも。
途中(22時過ぎだったか?)、20分くらいの休憩あり。
休憩場所で軽食もとれる。


●宿泊

Cordial House Hostel


住所 : Divanyolu Caddesi Peykane Sokak No:29 Istanbul
TEL : +90 212 518 0576
Email: enquiries@cordialhouse.com
HP : http://www.cordialhouse.com/

8ベッドドミトリー、トイレバス共同、キッチン、Wifiフリー
12.52TRY/1人(≒750円)

ホステルワールドにて予約
http://www.hostelworld.com/index.php

おすすめ度★★★☆☆

長所

安い割にはそこそこ清潔。
交通の便が良い。

短所

ドミトリーの部屋の鍵が1つなのは不便。
ロッカーは有料でフロントのそばに小さなものがある。
本当に貴重品しか収納できない。
ネットはフリーだが環境が悪く、遅かったりつながりにくい。
フロントに繋がらないと伝えても、人が多いので繋がりにくいから
しょうがないというだけ。2~3人で多いってどいういうことじゃ!
トルコはどこもこんな感じなのか?

まぁとにかく安いので長期滞在には良いと思う。

※注意!:直前にネットから予約すると値段が高い。同じ部屋が7€。

Comment

2009.11.27 Fri 05:30  あら?

こんにちわ

ヴェリコ・タラノヴォの笑顔のおばさんと、
イスタンブールでお魚お買い上げ!のおばさん。

なんとなく似てますね!
  • #-
  • 運び屋@Boston 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.11.27 Fri 05:52  

>運び屋@Boston

どうもです。

鋭い!!!!!

すごい観察眼ですね。
ヴェリコタラノヴォのおばさんはたぶんトルコ系の人で、
姉妹がイスタンブールにいるというようなことを言っていました。
(ブルガリア語のため確信はもてず。)

ひょっとしてこのお買い上げおばさんは、その姉妹!?

また来て下さーい!

  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/80-2f354b4c

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。