そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.03[木] ブラジル大使館へ

昨日の予行練習?のおかげでブラジル大使館までスムーズに行けた。
連休明けだからさぞかし混むだろうと開館と同時に到着。

誰もいない....

確かにトルコとブラジルの接点を見つけるのって難しい。
しかもなんとトルコ人はビザなしでブラジルに行ける。
ここでビザを取るのはトルコ在住の外国人か
自分達のような旅行者だけなのだ。

ほとんど待たずに対応してくれた。
ブラジルから出るチケットを持っていなかったが、
入国までに取るということであっけなくOK。

「明日の4時~5時に取りに来てください。」

早っ!最低3日はかかると思っていたのに!
なんかうまく行き過ぎてる。怖い...

明日、受け取るまでは油断大敵。
どんな落とし穴があるかわからない。
でも書類を受理したってことはビザ取得はもうそこまで。
もしここでビザが取れると今後の行動が自由になるので、
ここで取れる意義は大きい。
自分達の大きな悩みの種だったし。

晴れやかな気持ちで大使館を出た。


後は待つのみ。
まぁでは観光でもしますかということで、
数少ないアンカラの見所、アンカラ城跡に行く。

小高い丘にあるので、そこからアンカラの街が一望できるらしい。
苦労して急坂を上るが....
Aresize1043.jpg
残念ながスモッグのようなものがあって遠くまでは見渡せなかった。
しかし、城壁で囲まれた古くからある街は散歩していて楽しい。
Bresize1042.jpg
人々が普通に暮らしている。
Cresize1035.jpg
商店で見つけたキャベツ。でかっ!
Dresize1041.jpg
石畳の古道を人々が行きかう。
アンカラにもこのように古くからの街が残っていたのだ。
石畳の道が終わりに近づくとお土産屋がポツポツと現れる。
Eresize1039.jpg
土産屋の前で夕日を見つめる招き猫。その右手は何?
城壁をくぐって外へ出ると豆屋がずらり。
Fresize1033.jpg
豆一筋60年。(くらい?)貫禄が違います。

急な下り坂を降りて、宿の周辺、ウルス地区を散策。
どこの店も店主が声を張り上げ、活気のある街だ。
Gresize1032.jpg
市場を発見。
野菜、果物、魚、肉、お菓子のお店がずらりと並ぶ。
野菜はどれも新鮮でみずみずしい。
アンカラは内陸だが海はそう遠くない。
魚も張りがあってきらりと光り、どれも鮮度がよい。

つやのいいおいしそうなみかんを1kg買った。3TL(≒180円)。

これがうまい!日本でもこんなみかん食べたことない。
ジューシーで果肉の一粒一粒に張りがあり、
口に含むとプチプチっっとはじける。
やさしい甘さが後をひき、2人で1kgをぺろりと平らげた。
明日は2kg買います!

イスタンブールではまったいわしのフライの屋台もある。
その屋台にあった写真。
Hresize1034.jpg
この子供は魚が大好きになったか、
もしくは魚を見るのもいやになったかのどちらかだろう。
良く見ると口から生のイワシが出ている。
ちょっとやりすぎっしょ?

トルコ式麻雀に明け暮れるおじさん達。
床屋ではスライムみたいな緑のどろどろしたものを顔中に塗られている客。
初めて目にするものばかりでいくら歩いても飽きない。
Jresize1045.jpg
気づくとあたりは暗く、スモッグで霞んだ月が明るくなってきた。
宿へ帰る。

明日はいよいよビザを取りに。
果たして問題なく受け取れるか?

Comment

2009.12.03 Thu 22:54  ビザ

言葉足らずでした
南米から日本に来る人が不法滞在するのをふせぐためにビザが必要、報復手段で日本人が南米に入国するのにビザが必要ということです
韓国に行くにはビザがいりませんが、韓国人が日本に入国するにはビザが必要ですね
韓国の場合は観光客を誘致する目的で日本人にはビザなしにしているのでしょう

イスラム圏は犬を嫌うといいますが、本当に猫の姿しかありませんね

ともあれビザがとれそうで安心しました
  • #-
  • あーるママ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.12.06 Sun 04:24  

>あーるママさん
なるほど、でももっとビザを取りやすくしたら観光客もふえるだろうに。
タンザニアみたいに空港で簡単に取れるけど高いという戦略は、
観光収入を得るためにはいいですね。

いま、スィノップという町に着たんですが、
なぜかここは犬が多い。
そのせいか猫が路地裏でおどおどしてます。
  • #SFo5/nok
  • ガク 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/84-2ce0d050

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ガク&もなか

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。