そこへ行きたい

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.16[水] ワン猫

朝起きると、カーテンの隙間から差し込む光が眩しい。
天気がいいようだ。
今日はワン猫を見に行く日。
しかしもなかの風邪は症状は軽いがまだ治らない。
出発は遅めにした。
Aresize1127.jpg
快晴だが風が強く冷たい。昨夜は雪が降ったようだ。
バス停に向う途中、魚屋でこれを見つけた。
Bresize1128.jpg
ワン湖にいる魚。あの像になっていた魚。
コイ科だろうか?ウグイに似ている。
食用にされているようだ。

ワン湖を眺めながらバスに揺られる。
向こう岸に雪で真っ白に染まった山々が見える。
20分ほどでユズンジュユル大学へ着く。
広大なキャンパスで校舎がまばらに点在する。
いったいどこまで大学の敷地なんだか良くわからない。

バスを降り、人に聞きながらワン猫の家を目指す。
ワン猫の保護と繁殖を行う施設だそうだ。
これが広大なキャンパスのはずれにあって
なかなかたどり着けない。

迷っていると、
立派なヒゲの怖そうなおじさんが大声で話しかけてきた。
トルコ語で何を言ってるが意味がわからない。
怒られているのか?と不安そうな顔をして聞いていると、

おじさんが両手をグーにして手首を曲げ、
顔の横に持ってきて、「ミャア、ミャア!」

いかついおじさんの思いがけぬかわいい仕草、
鳴き声に2人で大笑い。

どうやらおじさんは「猫を見にいくんだろ?」
と話しかけてくれているのだった。
そして身振り手振りで一生懸命に行き方を教えてくれた。

そしてようやく到着!
Cresize1125.jpg
思ったより立派な施設だ。
敷地へ入ると大きなゲージの中に真っ白なワン猫がたくさんいた!
そして檻に近づくと、わーいとばかりにワン猫達が寄ってくる。
おー、かわゆいではないか。
Dresize1122.jpg
寒そうだが、室内とつながっていて
自由に行き来できるようになっている。
室内へつながる小さな扉から真っ白な猫達がワラワラと
出てくる様子は笑える。

ワン猫の特徴はなんといっても左右違う目の色。
Eresize1134.jpg
でもおとりこみ中のこいつのように同じ色の猫もたくさんいる。
必ず遺伝する性質ではないのだろうか。
Fresize1126.jpg
これぞワン猫。片目がブルーで片目が金色。
Gresize1131.jpg
こんなフサフサなのもいる。

寒くなったので、バス停へと戻る。
途中、黒い小さなフサフサなものがころころと転がるように
近づいてきて3つ4つ足元に絡み付いてきた。
Hresize1132.jpg
ワン湖のニャンコに会った帰りに会ったワン湖のワンコ。

屋久島で良く遊んでいたビーンが小さかったころ、
こんな感じだったじゃなかろうか?
黒豆っぽいし、こいつ。

キャンパス内?なのかはわからないが、ジャーミーがある。
Iresize1129.jpg
晴天を突き刺すように伸びる尖塔がかっこいい。

一旦、もなかと宿に戻る。
もなかは風邪引きなので、自分だけまた出かける。
どうしてもワン湖のほとりに行ってみたいのだ。
Jresize1130.jpg
細長い湾のようになった所なので、対岸が見える。
白い山々が夕日に照らされて美しい。
が、風が強くて相当寒い。

完璧な内陸の塩湖に来るのは初めて。
なんでだろう?
どうしてもこの水がどんな味なのか舐めてみたいのだ。

指に水を浸すととても冷たい。
舐めてみた。

うえっ!
思わず吐き出す。なんか生臭い!
海老の腐ったようなような味がした。

でも思ったよりはしょっぱくない。
海水より塩分濃度が低い気がする。
場所によって違うだろうからここだけなのかもしれないが。

自分は川の河口などで釣りをする時、
塩分濃度を調べるるために水を舐めることがある。
ワン湖の水の味は今までにない、ワン湖の味がした。

Kresize1124.jpg
気づくともう日が傾いている。まだ3時半過ぎなのに。
結構な波がある。本当にここは湖?と疑ってしまう。
鼻水を垂らしながら宿へ帰る。


翌日はは朝からシャンルウルファへ向う。
目的はおいしいご飯!
ここは食べ物がおしいしいと有名な町なのだ。
次回はトルコ料理紹介しまーす!

Comment

2009.12.16 Wed 08:13  ワン猫

本当に可愛い!!!!
人を見ると近寄ってくるのがいいね
大切にされているのがわかる
片目づつ色が違うのは不思議
人間にもあるんだろうか?
白い猫と黒い犬、対比が面白い

白く輝く山並みと湖の風景の広大で美しいこと!
トルコといえばバザール、カッパドキア、パムッカレ・・・
猥雑な印象をもっていましたが、これでそんな認識が吹っ飛びました

モナカ早く良くなりますように!!!
  • #-
  • あーるママ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.12.16 Wed 15:36  

こんにちは

「もなかさん」もう元気になりましたか?

政情も不安定で、何やらきな臭い雰囲気も漂っているようですが

くれぐれも気をつけて下さいまし♪

それにしてもワン湖の“ワン猫”も“ワンコ”もカワイイっすね♪

こういうの見ると思わずニッコリ♪(^_^)

嫌な事などもしばし忘れさせてくれます。

アースマラソン公式サイトで既にご存知かも…ですが

寛平さんは昨日ついにボスポラス大橋を越え
無事アジアに突入しました!

ゴールでは“S&R”夫妻も出迎えてくれてたようですね

今日一日休んで、明日から『イラン』に向けてアースマラソン2年目のRUNがスタートを切ります

政情や治安の事など、いろいろと不安要素はありますが
何とか無事に走り抜けていただきたいと願うばかりです。

ガクさん、もなかさんも気をつけて旅を続けて下さい。

では、また♪
  • #-
  • わたしはかもめ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.12.17 Thu 00:39  

>あーるママさん

宿に帰ってからネットで調べてみたんですが、
ワン猫は泳いだり、頭が良かったり興味深い猫みたいですね。
人懐っこくて持って帰りたいと思ったほどでした。

トルコは本当に広くていろんな顔を見せてくれるので面白いです。

もなかの風邪はかなり良くなってます。
今いる町ではゆっくりする予定なので良くなるといいのですが。

>わたしはかもめさん

もなかは日に日に良くなっています。
ご心配いただきありがとうございます!
ともなかが言っております。

ワンの町で騒いでいたのは初日だけあとは大丈夫でした。
デモといってもちょっとお祭り的な雰囲気がありました。
警官もチャイ飲みながらニヤニヤしてましたし。

S&R夫妻はブログで見ました。
いやー寛平さん本当にすごいですよね。
半年のんびりとしているだけでも疲れてくるのに、
まる一年、走り続けてるんでもんね。
この後はどういう経路で走るんでしょうかね。
南下するのであれば、どこかで自分たちも会えるかも!

2009.12.17 Thu 20:42  ユーロ値下がり

少し疲れが出てるかな?
ゆっっくりして送り物が届くのを待っててください。

今日の新聞にユーロが下がり気味と出ていました。
原因は、ギリシャ、とスペインの不況と政情不安と出ていました。
行った人の話を聞くとスペインでは、被害にあったそうです。

何処に行っても、日本のように安全なところは無いでしょうから
気をつけて楽しい旅行をしてくださいね。

動物もいいけど鳥も忘れないでよく見てください。
よろしく。

            
  • #-
  • デュークパパ 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.12.18 Fri 02:16  

>デュークパパさん

書き込みありがとうございます!

日本を出て7ヶ月を過ぎました。
とくにもなかは少し疲れが出ているようです。
シャンルウルファという町で
ゆっくりできる宿を見つけたので休養しています。

最近ユーロが安くなっているのはそういう背景があったのですね。
スペインでスリにあったという話は本当によく聞きます。
自分たちは幸い被害には遭ってませんが、
これからも気を引き締めて注意します。

時々、意識して鳥を探して見つけるのですが、
望遠レンズをつけていないので
鳥がゴマ粒のような写真しか撮れません(笑)

鳥が多い南米では望遠レンズつけて
動物の写真を撮りたいと思っています。
面白い写真が撮れるよう頑張ります!

2009.12.18 Fri 05:31  素朴な疑問

お久しぶりです。いつも楽しく読ませていただいています。
モナカちゃん、早く完全復活するといいですね。

突然ですが、外国の人ってどの程度日本の地名を知っているもんでしょうか?
私の想像では、「日本」の国名くらいは知っている人がそれなりにいて、日本に興味があるごく一部の人には、①東京、②大阪、③長崎、広島、④北海道の順に有名ではないかと予想します。

実は、職場で雑談してたら、海外の人はどのくらい「鹿児島」を知っているかという話題になりまして、日本人でも白地図に「鹿児島県の場所を示せ」と言われたら答えられない人が相当いるだろうから、外国人なんて誰も知らないだろう、じゃあ、首都東京くらいは知っているとして、その次にメジャーな地名は何処だろう?って話題になりまして、上記の通り予想したわけです。

これまで、とても仲良くなっておしゃべりした人が何人も登場してますが、そういう話題ってありました?
  • #-
  • 鹿児島在住のベイ子 
  • [URL]
  • [Edit]

2009.12.18 Fri 06:09  

>ベイ子さん

どーもです!
いつも読んでいただきありがとうございます!

日本の国を知らない人はまずいないです。
あんなアジアの東の果ての小さな国なのに、みんな知ってるというのはすごいですよね。
どの国にいっても必ず日本製品があります。特に車、電化製品、カメラ。
カメラに関してほぼ9割以上日本製です。CANON、NIKON、TOYOTAは世界共通語かも?

ヨーロッパでは映画、漫画など想像以上に日本文化が親しまれています。

地名は自分達の経験の中で順位を決めてみると、こんな感じです。

①東京 (ダントツです。)
②京都 (日本に行ったことがある外国人はだいたい行ってます。)
③大坂、広島、沖縄、神戸 (2~3回聞きました。)
④福岡、北海道、日光(1回だけ聞きました。行ったことがある、友達がいるなど。) 

2位以下は自分達と同じような旅行者から聞いたことで、
現地の人となるとほとんど東京だけですね。

鹿児島は残念ながら一度も聞いたことありません。
もし誰かから聞いたら速攻報告しますね!






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sokoeikitai.blog85.fc2.com/tb.php/92-74aab26d

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:ガク&もなか
屋久島での島暮らしは最高だったが(島暮らし~漁師風~)二人の夢である世界一周旅行を実現するため関東へ出稼ぎへ。ガクは塾講師、もなかは派遣社員として資金を作り、2009年5月13日、日本出発。いろんな国でおいしいご飯や、楽しい旅人、いろんな生き物に出会って旅を満喫、2010年9月に帰国。現在、再び屋久島で生活を始めるためにガクは石垣島で船長修行、もなかは岡山で獣医修行中。

FC2カウンター

検索フォーム

Copyright © ガク&もなか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。